バームクーヘンとバウムクーヘンの違いってなに?人気のお店も紹介!

バウムクーヘンとバームクーヘンの違い

バウムクーヘンとバームクーヘン。

深く意識して考えたことなかった(私はバウムクーヘンだと思ってた)

でも、バウムクーヘンとバームクーヘンで表記が違うことがあるんですよね!

なんで違うの!?

とうことで、今回はバームクーヘンとバウムクーヘンの違いについて紹介します♪

バウムクーヘンとバームクーヘンの違いはなに?


早速結論から!

「バウムクーヘン」と「バームクーヘン」

日本で売られているものに関しては、特別な違いはありません!

バウムクーヘン(バームクーヘン)はドイツのケーキのことで、ドイツ語だと「Baumkuchen」と書きます。

ドイツ語に近い発音は「バウムクーヘン」ですが、「バームクーヘン」でも意味は同じということなんですね。

るーの
話すときはバームクーヘンって言ってるけど、書くときはバウムクーヘンって書いてる(笑)

昔は「バームクーヘン」と書かれることが多かったけど、最近は「バウムクーヘン」のほうが多くなってきているんですって!

ですが、厳密に言うと「バウムクーヘン」と名乗るためにはある条件があるのです!

スポンサーリンク

バウムクーヘンを名乗るには条件がある!

バウムクーヘンの本場であるドイツでは【バウムクーヘンの基準】が決められているんです!

  • 膨張剤(ベーキングパウダー)を使用しないこと
  • バター以外の油脂を使わないこと
  • バター・小麦粉・砂糖と卵の割合(1対2)を守ること
  • 添加物を使わないこと
  • 職人が1本ずつ手作りする

ドイツではこの基準を満たして初めてバウムクーヘンを名乗ることができるんです。

ドイツではバウムクーヘンは伝統的なケーキなので、このように厳密な決まりがあるんですね!

日本のバウムクーヘンは日本人に向けた日本独自のお菓子になっていることもあって、日本で販売されているバウムクーヘンにはこのような厳密な決まりはありません。

だからこそ、バリエーション豊かなバウムクーヘンがどんどん登場していくのでしょうね♪

スポンサーリンク

バウムクーヘン人気のお店を紹介!

バウムクーヘンは日本でも大人気のスイーツとして定着していますよね!

中でも人気の高いお店をまとめてみました!

治一郎

しっとりとしていて飲み物が無くてもおいしく食べられるバウムクーヘン!

治一郎という名前は、バウムクーヘンの開発に携わっていた当時の職人さんの名前を取ってつけられたんですって!

味はもちろんのこと、見た目の美しさにもこだわり抜いているのが治一郎の特徴です。

バウムクーヘンのほかにはラクスやロールケーキなどの取り扱いもあります。

治一郎の店舗が近くに無い方は公式オンラインショップでも購入が可能です!

治一郎公式オンラインショップ

せんねんの木

せんねんの木は千葉県木更津市・君津市に展開しているバウムクーヘン専門店。

とろなまバウムクーヘンが一番人気!

せんねんの木のとろなまバウムクーヘンは凍らせて食べてもおいしいんです^^

バスクチーズバウムという商品は、バウムクーヘンをバスクチーズケーキにしてしまうという面白い発想のバウムクーヘン。

見たことがないオリジナル商品がたくさん売っているのが特徴の専門店です。

「せんねんの木」オンラインストアでお取り寄せすることができます!

ねんりん屋

ねんりん屋のバウムクーヘンも、味や食感にこだわり長い間試行錯誤を繰り返して完成しました。

外がカリッとしている「しっかり芽」

ふわふわしっとりの「やわらか芽」

季節限定のバウムクーヘンなど種類も豊富です!

大丸松坂屋オンラインショップでお取り寄せが可能です!

カタヌキヤ

かわいい変わり種のバウムクーヘンもありますよ!

カタヌキヤは型抜きバウムの専門店!

おいしいだけじゃなく「楽しい」がプラスされたバウムクーヘンです♪

サンリオキャラクターや

プレゼントにもおすすめです(^^)

カタヌキヤ オンラインショップ

松坂屋上野店にある上野案内所ではパンダの型抜きバウムが買えます☆

型抜きバウムはいろんなブランドが、様々なキャラクターとコラボしていたりするので、探してみるのも楽しいです♪

バウムクーヘンとバームクーヘンの違いは?さいごに

  • 日本で売っているものに関しては「バウムクーヘン」も「バームクーヘン」も同じ意味
  • ドイツでは「バウムクーヘン」を名乗るために厳格な条件がある
  • 日本にはバウムクーヘンを名乗る条件がないため、バラエティー豊かな商品が販売されている

ドイツでは伝統的なケーキとして厳しく基準が定められているバウムクーヘンですが、日本では多種多様にアレンジされて親しまれています。

一度ドイツの伝統的なバウムクーヘンも食べてみたいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。