子どもとお風呂がラクになる【ベビタブ】>>


【美食探偵】マリアの仲間や共犯者をネタバレ!なぜ犯罪を犯すことになった?

美食探偵マリアの協力者ネタバレ!

美食探偵明智五郎にで起きる事件は食にまつわることばかり。

マグダラのマリアがすべての事件に関係していますが、マリアには協力者がいるんです!

今回は美食探偵の原作マンガから、マリアの共犯者(仲間)についてネタバレします。

 

原作のネタバレが含まれています。

【美食探偵】マリアの仲間や共犯者ネタバレ

マリアには共犯者が数人います。

 

  • 青森に住んでる茜(通称:林檎)
  • フレンチレストランのシェフ
  • 普通の主婦(通称:れいぞう子)
  • アイドルのココ

 

マリアの仲間として協力する人達には、ある共通点があります。

それは「マリアに手伝ってもらって憎い人をこの世から消した」こと。

 

最初は、マリアに相談を聞いてもらう関係だった人たちが、マリアに背中を押されて犯罪を犯します。

そして、犯罪を起こしたあとから「マリアの仲間」として、行動を共にするようになっていくんです!

青森の林檎

青森に住んでいるリンゴ農家の茜は、上京した彼氏と遠距離恋愛をしていました。

あまり連絡が取れなくなった彼を心配して、SNSで様子を見てみたら・・・

彼と一緒に知らない女が写っている写真を見つけてしまいます。

 

しかも、茜が彼の為に手作りで作って送っていたジャムを、写真に写る見知らぬ女がおいしそうに食べていたのです・・!

 

女に対して憎しみが込み上げてきた茜は

ハンドルネーム(林檎)を名乗って、インターネットの掲示板に書き込みをします。

 

その書き込みを見つけたマリア。

林檎に声をかけて詳しく話を聞き出します。

 

そして、茜が作ったりんごジャムに毒を入れ、マリアが立てた計画通りに見知らぬ女の命を奪ったのです。

本当は茜は女の方だけいなくなればいいと思っていたけど、彼も毒入りのりんごジャムを食べてしまって亡くなってしまいました。

 

予想外のことが起こって動揺する茜でしたが、「あんな男いなくなってよかった」と思うように。

 

茜は事件の重要参考人として警察に事情を聞かれますが、ジャムを食べさせたのはマリア。

証拠が出てこないため、誰も捕まることはありませんでした。

 

この事件をきっかけに、茜はマリアから「林檎」と呼ばれるようになり

マリアの協力者となっていきます。

フレンチレストランのシェフ

 

本場パリで修行をしてきたフレンチ料理店のシェフ。

彼は、日本でお店を開き近所にできた立ち飲みフレンチのお店に苦戦しながらも、自慢の料理をふるまっていました。

そんなある日、シェフのお店に一人の男性が訪れます。

食事もせずに写真を撮りまくっている男。

男の正体は食レポサイトで辛口レビューを繰り返している「グルメ侍」だったのです。

 

グルメ侍にズタボロな評価を付けられてしまったシェフのお店は、お客さんが全く来なくなってしまいました。

 

シェフがそのことを相談したのはマリア。

 

マリアとシェフは、パリで修行している時代に店員とお客として会ったことがあるのです。

マリアはシェフの料理をとても気に入っていて、シェフが日本でお店を始めてからも連絡を取り合っていました。

 

マリアはシェフに、グルメ侍の命を奪う方法を教えます。
(パンを使って窒息させる方法)

 

マリアの指示通りに犯行を行ったシェフは、自分のお店の評価を落とした憎いグルメ侍をこの世から消すことに成功。

証拠もないので警察には捕まりません。

 

シェフはこの時から、マリアの片腕となり協力者へと変わっていきました。

れいぞう子

 

桐谷みどりは主婦。

料理が大好きで、買った冷蔵庫は大容量!

これから自分が作った料理でいっぱいにするはずでした。

でも、みどりの夫はマザコン。

いつまで経っても母の味から抜け出せません。

義母もまた、週に1回「実家の味」のおかずを送りつけてくるような人でした。

料理好きなみどりからすると、明らかなキッチンハラスメント。

精神的に病んでしまったみどりは、ネットの掲示板で「れいぞう子」のハンドルネームで相談します。

それに反応したのはマリア。

マリアはみどりに夫なんか消してしまえばいいとけしかけて、みどりはマリアの言う通りに実行。

みどりの家にシェフを派遣して、遺体をバラバラにします。

 

キレイにパック詰めされた夫の体は、みどりが夢見て購入してもらった冷蔵庫の中に保管され、警察には見つかることはありませんでした。

 

みどりはこの事件のあと「れいぞう子」として、マリアの協力者になるのでした。

地下アイドルココ

ココは地下アイドル「爆音エンジェルス」として活動中。

行き過ぎたファンから、ストーカー行為をされていました。

 

実はココは苺の同級生。

ココが苺に相談したことで、苺は明智を紹介します。

 

明智の家でココと他のメンバーをかくまうことに。

 

その時、ココはたまたま明智の部屋に貼られていた「マグダラのマリア」からの絵葉書を目にします。

SNSでマグダラのマリアを検索したココは、マリアの「相談部屋(ネット上の)」にたどり着きます。

そして、ストーカー男をこの世から消す作戦が実行されるのです。

 

【美食探偵】マリアの仲間と共犯者が関わった事件

 

普通の主婦だったマリアが、マグダラのマリアに姿を変えて色々な事件を起こしてきました。

協力者を得て、犯行は大掛かりなものへ変わっていきます。

 

ココの事件では、今までのマリアの事件に関与した人たちが協力者として手助けをしています。

ココの事件は、毒キノコを食べさせてストーカー男の命を奪う計画。

 

林檎⇒青森でしか採れない毒キノコを東京に運ぶ役目

シェフ⇒毒キノコをオイル漬けに加工する役目

 

ココはオイル漬けにされたキノコでパスタを作って、ストーカー男にプレゼント。

毒は解毒しない限り体から抜けることはなく、7日経つと死に至るもの。

 

そして、ストーカー男に毒キノコを食べさせたあと、犯行を完璧なものにするために、男を山奥の別荘へ連れて行くのです。

山奥の別荘にはれいぞう子の姿も。

シェフ・林檎・れいぞう子は「ココの兄弟」と男に嘘をついて、安心させます。

 

毒キノコを食べてから7日目に、ココの姿を見ることなく男は命を落としました。

るーの
この事件をきっかけに、マリアと協力者たちの絆がより深まったようにみえました

 

ココは事件後にマリアと連絡を取っているかは描かれていませんが、たぶん他の仲間と同じようにマリアと連絡が取れるような状態になっているのではないでしょうか!?

 

みんな、だんだん罪の意識が薄くなってきてるのが恐ろしいです(汗)

 

単行本に収録されている番外編で、マリアは苺や明智の弟を狙っているような描写がありました。

ゆくゆくは、協力者たちと一緒に、明智の近くにいる人すべて狙っていくのかもしれません。

【美食探偵】マリアの仲間と共犯者まとめ

  • マリアには協力者がいる
  • 今までの事件に関わる人達がマリアを慕って仲間のようになっている

これ以上マリアの仲間が増えることはないとは思いますが・・・どうなるでしょうか。

ココに関しては今後、マリアとどのような関係になっていくのか不明です。

でも、きっとマリアから協力の要請がきたら、協力するのでしょうね(汗)

 

美食探偵明智五郎ドラマ最終回の結末ネタバレ!マリアの正体と目的は? 【美食探偵明智吾郎】マリアの正体や目的は?ドラマ最終回の結末予想!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。