茹でたとうもろこしの日持ちは冷蔵庫でどのくらい?保存期間を伸ばすなら冷凍保存

茹でとうもろこしの日持ちは?冷蔵庫の保存期間と冷凍について

茹でたとうもろこしは、とうもろこしの食感と甘みを一番味わえる調理の仕方。

茹でるだけで立派な一品になる茹でとうもろこしはぜひストックしておきたいものです。

そんなとき気になるのは、茹でたとうもろこしの冷蔵庫での日持ち。

一度に多く茹でてストックしておけたらいいですが、長持ちするのかどうか知りたいですよね。

そこで今回は、茹でたとうもろこしの冷蔵庫での日持ちや、茹でたとうもろこしの冷凍保存の方法についてまとめました。

スポンサーリンク

茹でたとうもろこしの冷蔵庫での日持ち

茹でとうもろこしの日持ち

茹でたとうもろこしの冷蔵庫での日持ちは、3~4日です。

1本ずつ茹でたとうもろこしをラップで包んで、冷蔵庫で保存してください。

茹でたての熱い状態でラップをすれば、粒がシワシワになるのを防ぐことができます。

粗熱が取れてから冷蔵庫に入れるようにしましょう。

茹でていない生のとうもろこしの日持ちが2~3日なので、とうもろこしは茹でたほうが若干日持ちすることが分かります。


一般的に、食べ物は火を通したほうが日持ち期間が短くなるもの。

なのに、どうして茹でたとうもろこしのほうが日持ちするのか不思議ですよね。

その理由は、とうもろこしの鮮度によります。

とうもろこしは、収穫したてが一番おいしいと言われており、鮮度が落ちるのが早い野菜。

どんどん甘みが減ってしまうので、甘みが残っているうちに火を通して食べてしまったほうがいいとされています。


つまり、とうもろこしの日持ちは、傷んでしまうことよりも甘みが残っておいしい状態で食べられる期間のことを指すんですね。

スポンサーリンク

茹でたとうもろこしが腐ったときの見分け方

茹でとうもろこしが腐った時の見分け方

とはいえ、茹でたとうもろこしも他の加熱した食べ物のように時間が経てば腐ってしまいます。

茹でたとうもろこしが腐ったときの見分け方はこちら↓

  • とうもろこしの表面が変色する
  • 触ると弾力がなく、ぐにゃりとやわらかくなる
  • ぬめりが出てくる
  • ツンと鼻にさすような嫌なニオイがする

茹でたてのとうもろこしはきれいな黄色ですが、腐り始めてくると茶色っぽく変色してきます。

また、粒にパンとしたハリがなくなり触ったときにぐにゃりとやワラかくなるのも、腐ってきた証拠。

さらに時間が経つとカビが生えてきます。

カビが生えてきたらもう食べられないのは一目瞭然ですが、変色が出始めた時点で茹でたとうもろこしは傷んでしまっています。

お腹を壊したり体調を崩してしまう恐れもあるので、少しでも異変が現れた茹でたとうもろこしは食べないようにしてください。

そもそも、異変が出てしまうとおいしくはないですからね^^;

スポンサーリンク

茹でたとうもろこしの保存期間を伸ばすなら冷凍保存

茹でトウモコロシを冷凍する方法

茹でたとうもろこしの保存期間をもっと伸ばしたいのであれば、冷凍保存する方法も。

茹でたとうもろこしは冷凍すれば1ヶ月ほど保存できます。


茹でたとうもろこしの冷凍の仕方はこちら↓

  1. 茹でたとうもろこしの水分を拭き取る
  2. 1本ずつラップでぴっちりと包む
  3. ジッパー付きの袋に入れて冷凍庫で保存

冷凍する場合は、とうもろこしの水分をしっかり拭き取っておくことが大事。

上記は1本で冷凍保存する方法ですが、あらかじめとうもろこしの粒をバラバラにしたままで冷凍することも可能です◎

バラバラにした実を小分けにしてラップで包んで、ジッパー付きの袋に入れて冷凍庫で保存してください。

サラダやスープなど、ちょっとだけ使いたいなんてときに便利ですよね♪


冷凍した茹でたとうもろこしを解凍するときは、電子レンジで1本あたり3分ほど加熱すればOK。

まだ冷たいようであれば、上下を返して追加で1分ほど加熱しましょう。

調理に使うときは、電子レンジで解凍せずにそのまま鍋やフライパンに入れてください。

スポンサーリンク

茹でたとうもろこしを使ったレシピ

茹でとうもろこしのレシピ

茹でたとうもろこしはそのまま食べてもおいしいですが、一工夫することでもっととうもろこしを楽しむことができます。

茹でたとうもろこしを使ったレシピを紹介します。

焼きとうもろこし

Cpicon ☆簡単焼きとうもろこし☆ by ☆栄養士のれしぴ☆

お祭りの屋台でおなじみの焼きとうもろこしも、自宅で簡単に再現することができます。

バターと醤油の焦げる匂いがたまりません。

とうもろこしの天ぷら

Cpicon とうもろこし天ぷら! 超甘い! 簡単! by いっちゃんレシピ♪

あらかじめ茹でてあるので、さっと揚げるだけで完成。

軽く塩を振って食べるととうもろこしの甘さが際立ちます^^

コーンスープ

Cpicon とうもろこしスープ by ゆづキッチン

フレッシュなとうもろこしならではの味の濃さや甘みを味わえるコーンスープ。

暑い季節は冷製にして飲んでもおいしいですよ◎

スポンサーリンク

茹でたとうもろこしの日持ちまとめ

  • 茹でたとうもろこしの冷蔵庫での日持ちは3~4日ほど
  • 茹でたとうもろこしは1本ずつラップで包んで冷蔵庫で保存する
  • 茹でたとうもろこしが変色したりやわらかくなった場合は腐っているので食べないようにする
  • 茹でたとうもろこしは冷凍庫で保存すれば1ヶ月ほど日持ちする

とうもろこしは茹でることで甘さをキープすることができますが、冷蔵庫にずっと置いておくと腐ってしまうこともあります。

茹でたとうもろこしは冷凍保存しておくと、1ヶ月ほど日持ちさせることができます。

せっかくの旬のとうもろこしなので、食べきれないときは甘みが残っているうちに冷凍保存することをおすすめします。

関連記事:とうもろこしの生の日持ちはどのくらい?保存と長持ちさせる方法

テキストのコピーはできません。