キャベツが苦い原因と食べても大丈夫?対処法を紹介

キャベツが苦い原因と対処法

キャベツは加熱してもいいけど、そのまま食べてもおいしいもの。

キャベツをごま油と塩で和えたやみつきキャベツは、箸休めにちょうどいいのでよく作ります^^


ただ、この前いつものようにやみつきキャベツを作って食べたら苦くてびっくりしました。

キャベツを生で食べて辛いと感じたことはこれまでもありましたが、苦いのは初めて。



実は、キャベツが苦いと感じるのは珍しいことではないんです。

キャベツがどうして苦いのか、原因が気になりますよね。

そこで今回は、

  • キャベツが苦い原因
  • キャベツが苦い時は食べても大丈夫?
  • キャベツが苦いときの対処法

3つについてまとめました。

スポンサーリンク

キャベツが苦い原因

キャベツ

キャベツが苦い原因として2つのことが考えられます。

  • キャベツの成分が原因
  • 肥料が原因

キャベツの成分「アリルイソチオシアネート」が原因

キャベツに含まれる「アリルイソチオシアネート」が原因で苦くなることがあります。

アリルイソチオシアネートはキャベツの辛みや苦み成分のもとになるもので、大根やワサビなどにも含まれている成分です。


キャベツはもともと苦み成分をもっていますが、だからってキャベツを食べて毎回苦いと感じるわけではないですよね。

実は、このアリルイソチオシアネートは空気に触れて酸化することで、苦みがだんだんと強くなる性質をもっているんです><

キャベツは細かく切るほど、空気に触れる面が増えて酸化しやすくなります。

千切りキャベツや、私が良く作るやみつきキャベツは苦みを感じやすいメニューというわけです。

肥料が原因

まれに、肥料の与えすぎによってキャベツが苦くなることも。

肥料はおいしくてきれいなキャベツを作るためには欠かせませんが、窒素を多く含む肥料を与えすぎるとキャベツに苦み成分が出てしまうんですね。

ただ、窒素によってキャベツの味が変わってしまう(苦くなる)ということは、生産者の人たちも周知の上。

なので、最近では肥料が原因でキャベツが苦くなるという事はあまり考えられません

スポンサーリンク

キャベツが苦い時は食べても大丈夫?

千切りキャベツ

キャベツが苦い場合でも食べて大丈夫です!

キャベツが苦いと、とっさに「腐ってる?!」と焦ってしまいますよね。

でも、キャベツの苦みの原因はアリルイソチオシアネートが原因。

もともとキャベツに含まれる成分なので、体に悪い影響はありません


おもしろいのは、アリルイソチオシアネートはキャベツが害虫から自分の身を守るための防衛機能であること。

殺菌効果があるので、人間が苦み成分の出たキャベツや野菜を食べるとがん予防の効果も期待できるそうです。

(参考:イソチオシアネートによるがんの化学予防の可能性



キャベツの苦みのほかに

キャベツが黒く変色する

ぬめりが出る

酸っぱいニオイがする

上記のような症状が出た場合、キャベツが腐っている可能性があります。

腐ったキャベツを食べて「苦い」と感じる人も少なくありません。

キャベツを食べて苦いと感じた場合、まず上記のような腐ったような症状がないか確認するようにしてくださいね!

スポンサーリンク

キャベツが苦いときの対処法

キャベツ

腐っていなければ、苦いキャベツを食べても問題はありません。

とは言っても、苦いキャベツを食べるのはしんどいですよね><

キャベツが苦いときに簡単にできる対処法を紹介します!

  • 水にさらすこと
  • 加熱すること
  • よく切れる包丁で切ること

水にさらす

キャベツが苦い原因のアリルイソチオシアネートは、水に流れ出る性質を持っています。

カットしたキャベツを水にさらすだけで、苦み成分を抑えることができますよ◎

水にさらす時間は、長くても5分を目安にしましょう。

5分以上水にさらすと、キャベツの水溶性ビタミンまで流れ出てしまいます。

加熱する

キャベツは加熱することで甘みを引き出すことができます。

くたくたに煮たキャベツは甘くておいしいですよね^^

加熱する際に、にんにく・生姜・ナツメグ・ハーブ類など香りの強いものを一緒に加えることで、より苦みを感じにくくすることができます◎

濃いめの味付けにするのもいいですね^^

キャベツを切るときはよく切れる包丁を使う

苦いキャベツでまだ切ってないものがあるときは、よく切れる包丁を使うことで苦みを抑えることができますよ!

キャベツが苦い原因であるアリルイソチオシアネートは、潰すことでたくさん出てくるんです。

切れ味の悪い包丁を使ってキャベツを切ろうとすると、どうしてもキャベツを押しつぶしてしまいますよね。

結果、アリルイソチオシアネートが多く出て切てキャベツが苦くなってしまうということです。

キャベツを切るときは、よく研いだ包丁を使い、包丁を前後に動かすように切ると◎

千切りキャベツをよく作る人はスライサーを使うのもいいですね^^

スポンサーリンク

キャベツが苦い原因まとめ

  • キャベツが苦いのは、キャベツに含まれる成分や肥料が原因と考えられる
  • キャベツが腐ってないのに苦いのは、もともとキャベツに含まれるアリルイソチオシアネートによるもの。体に害はないので、食べても問題はない
  • キャベツが苦いときは、水にさらす・加熱する・よく切れる包丁で切ることで苦みを抑えることができる

キャベツが苦い原因は、ほとんどがアリルイソチオシアネートによるもの。

食べても害はありませんが、気になるときは水にさらしたり加熱して苦み成分をとれば大丈夫!

キャベツが腐っていないかだけ確認するようにしましょう。

関連記事:キャベツがドブ臭い原因はなぜ?においのとり方を紹介

テキストのコピーはできません。