チョコバナナは作り置きできる?保管方法の注意点とポイント

チョコバナナは作り置きできる?

チョコレートとバナナの組み合わせは間違いなし!

この2つを組み合わせたチョコバナナはおいしくないわけがないですよね^^

お祭りの屋台などで買うことが多いチョコバナナ、最近は自宅で作る人も増えているんだとか。

気になるのは、チョコバナナは作り置きできるのかということ。

一気にまとめて作って、あとから食べたいときに食べられるのが一番ですが、チョコバナナは保管しておくことができるのでしょうか?

そこで今回は

  • チョコバナナは作り置きできる?
  • チョコバナナの作り置きの保管方法
  • チョコバナの作り置きの注意点
スポンサーリンク

チョコバナナは作り置きできる?

 チョコバナナ

チョコバナナは基本的に日持ちしない食べ物です。

なので、作り置きしておくとしても冷蔵庫内2~3時間が限界で、特に気温の高い時期などは作り置きには向きません。

チョコバナナの材料であるバナナは、皮を剥いた瞬間から変色が進み傷んでいきます。

チョコレートでコーティングするのでバナナの変色は隠せるかもしれませんが、黒く変色したバナナは中がやわらかくなっています。

また、バナナを溶かしたチョコレートにつけて作るチョコバナナは、多少なりともチョコレートの熱がバナナに伝わります(チョコレートは熱を加えて溶かすため)。

そうすると、バナナから水分が出てしまいます。

水分は食べ物を傷ませる原因のひとつ。

傷んだチョコバナナを食べると、食中毒など体を壊す恐れもあり危険です。

以上のことからも、チョコバナナは作り置きに向きません。

作ってすぐ食べるのが一番ですが、置いておくとしても適切な場所で2~3時間だけにするようにしましょう。

スポンサーリンク

チョコバナナの作り置きの保管方法

チョコバナナ

チョコバナナの作り置きの保管は冷蔵庫内が基本です。

買ってきたもの・作ったもの、どちらにしてもすぐに食べない場合もありますよね。

その場合、少しでもチョコバナナが傷むのを防ぐためにも常温ではなく冷蔵庫で保管するようにしてください。

冷蔵庫内での保管方法はこちら↓

  1. チョコバナナをお皿にのせる
  2. ラップをしっかりかけて冷蔵庫で保存する

チョコバナナが乾燥しないようにラップをかけるのを忘れずに!

チョコバナナがラッピングされているならそのまま冷蔵庫に入れるだけでOKです。

トッピングをたくさんつけてお皿にのせるのが難しい場合、深さのあるコップなどにチョコバナナを立てるようにいれると崩れにくいですよ^^


冷蔵庫内は他の食べ物も入っていて、ニオイがうつりやすいです。

せっかくの甘いチョコバナナから煮物のニオイがするのは嫌ですよね^^;

なので、チョコバナナを冷蔵庫内に保管したとしても、なるべく早く食べきるようにしましょう!

スポンサーリンク

チョコバナの作り置きの注意点

チョコバナナを作り置きしておくときの注意点は2つ。

  • 気温の高い時期は常温で置いておかないこと
  • チョコバナナに異変があれば食べないこと

気温の高い時期は常温で置いておかない

気温が低い時期はチョコバナナは多少なら常温で置いておけますが、気温が20度を超える時期は注意が必要です。

チョコバナナをコーティングしているチョコレートは、20度を超えると溶け始めます。

ドロドロに溶けたチョコバナナは見た目も良くないし、溶けたチョコを再び冷蔵庫で冷やし固めると「ファットブルーム」という現象が起きてしまいます。

ファットブルームは、チョコレートの原料であるカカオバターの結晶が変化して表面に白い膜を張ること。

食感がボソボソしたりチョコレートの風味が落ちたり、ファットブルームが起きるといいことはありません><

せっかくのチョコバナナをおいしく食べるためにも、気温が高い時期はチョコバナナの作り置きは冷蔵庫にいれてくださいね!

チョコバナナに異変があれば食べない

作り置きのチョコバナナに下記の変化があれば、腐っている可能性が非常に高いです。

・チョコバナナから酸っぱいようなニオイがする

・バナナから水分が出ている

・バナナが黒くなっている

・食べると苦みがある

バナナが腐ったニオイは強烈なのですぐに分かるはず…!

チョコバナナを冷蔵庫内で保管していたとしても、全く腐らないわけではありません。

少しでも様子がおかしいな?と感じたら、もったいないですがそのチョコバナナは食べないようにしましょう。

スポンサーリンク

チョコバナナの作り置きの保管方法まとめ

  • チョコバナナはとても傷みやすいので、作り置きには向かない
  • チョコバナナを保管は、冷蔵庫内で2~3時間程度ならOK
  • チョコバナナの乾燥とニオイ移りを防ぐために、冷蔵庫内で保管するときはラップをするのを忘れずに
  • 保管していたチョコバナナから異変がみられたら腐っている可能性が高いので注意する

チョコバナナは生ものでとても傷みやすい食べ物。

基本的に作り置きはできないので、買ってきたもの・作ったものどちらでも早めに食べきるようにします。

もしどうしてもすぐに食べきれないなら、必ず冷蔵庫内で保管するようにしましょう。

チョコバナナは長期間保存したいなら、冷凍する保存することもできます◎

チョコバナナの冷凍保存について、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

テキストのコピーはできません。