Clubhouseで疲れる原因や理由3つ!対処法は?

Clubhouseで疲れる原因や理由は?

Clubhouseが日本で話題になり利用者も増加中ですが、そんな中で早くもClubhouseに疲れてしまう「Clubhouse疲れ」になってしまう方も出てきているようです。

原因は一体どこにあるのでしょうか?

今回はClubhouseで疲れる理由や原因、対処法についてまとめています。

Clubhouseで疲れる原因や理由と対処法:通知が多すぎる

Clubhouseではフォローしている人がルームを作ったり、スケジュールに予定を入れたりするとClubhouseアプリ内で通知が来るようになっています。

またフォローしている人がルームに参加したときにもプッシュ通知でお知らせがくる仕様になっているようです。

フォローしている数が多いと信じられないくらい通知が飛んできてびっくりするなんて声もありました。

確かに、通知が来るたびClubhouseをチェックしていたら疲れてしまいますね><

通知頻度を変える設定や通知を完全に止める設定をすれば、通知で疲れることは減ると思います。


現時点ではフォローしている人の動きの通知を受け取らないようにするには、iPhone側で完全に通知をオフにするしかないですが

今後、フォローしている人に自分の動きを知らせずにルームに入れる機能などが実装されるかもしれません。

スポンサーリンク

Clubhouseで疲れる原因や理由と対処法:参加しないと損してしまう気持ちになる

Clubhouseでは録音は禁止されています。

厳密にはルームに参加している全員が録音に承諾したら録音もできるようなのですが、画面録画は使えません(現時点ではエラーがでる)。

「リアルタイムで参加しないと聞けない話」が繰り広げられている状態なので、参加しないと乗り遅れてしまうと感じてClubhouseから離れられなくなってしまう方もいらっしゃるようです。

現時点ではClubhouseが日本に来たばかりで話題になっていることもあり、芸能人や有名な人が頻繁にルームを作って会話しています。

もう少しみなさんのClubhouse熱が冷めてくれば、気になる方のルームが作られる頻度も落ちてくる可能性もあります。

  • Clubhouseを利用するのは◯分(◯時間)だけなど時間を決めて利用する
  • Clubhouseに登録されているスケジュールを確認して気になるルームにだけ入るようにする


など「自分で使う時間を制限」して利用することが大事かなと感じます。

本当に「こんな話が聞けるんだ」「気になるあの人と会話できるかもしれない」と感じられる部分が多く、なかなかやめられないのもわかります^^;

スポンサーリンク

Clubhouseで疲れる理由や原因:会話に入る(抜ける)タイミングが難しい

Clubhouseでは音声のみでやり取りをするため、相手の顔が見えません。

会って話をするときには相手の顔を見て、表情だったり顔の動きから

  • 次に話そうとしている
  • 今は聞き役に徹している

など、相手の状態がわかるのですが、Clubhouseでは声のみでやり取りしなければいけないので「会話のタイミング」を取るのがとてもむずかしい状態です


自分が話しだしたら、相手も話し出してしまって「どうぞどうぞ!」みたいなこともよくあります。


また、会話を抜けるときClubhouseの趣旨としては「好きなときに好きなタイミングで抜けていいよ」というのがあるようなのですが、日本人は礼儀正しい方が多いです。

一言挨拶してからじゃないとなかなか抜けられないということもあるようです。


この辺は暗黙の了解ルールで「何も気にせず会話を抜けられる」ようになれば少しは気疲れせずにClubhouseを使えるようになりそうですね。


聞き専に徹して、ごくごく少人数ルーム以外では発言しないなど決めてしまうのもありかと思います。

スポンサーリンク

Clubhouseで疲れる原因や理由まとめ

  • 通知が多い⇒通知をオフ
  • 参加しないと損してしまう気持ちになる⇒利用時間を決める
  • 顔が見えない会話のやり取りが難しい⇒聞き専になったり時間を短く利用

Clubhouseで疲れてしまう原因や理由にはこのような理由があると感じました。

自分で使う時間を制限したり、会話の時間も◯時までと決めてみることも大切。

上手に付き合って行きたいですね!


Clubhouseの情報をまとめています

Clubhouseの始め方まとめ Clubhouseの始め方!英語がわからない方にアプリの設定方法も

Clubhouseの始め方をまとめ!アプリの設定方法も

テキストのコピーはできません。