珈琲いかがでしょう結末ネタバレを紹介!事件の真相とたこじいさんの過去

珈琲いかがでしょう結末ネタバレ!事件の真相とたこじいさんの過去

珈琲いかがでしょうの結末に泣きました…!

青山は極悪非道な極道で、恩人に手をかけて裏切った…みたいな感じの過去がチラついています。

でもそれは全部違ったんです。

青山は仲間に本当のことを言わず、組を去ったのには理由がありました。

さらに、青山を黒い世界から光のある世界へ導いた「たこじいさん」のエピソードは読んでいて涙が出てしまいました。

今回は珈琲いかがでしょうの結末ネタバレをご紹介していきます。

珈琲いかがでしょう結末ネタバレ!事件の真相

青山は元極道のメンバーで、二代目の組長にとても可愛がられていました。

それなのに、お世話になっていた「二代目」と「抗争相手の組長」の命を奪い、そのまま姿を消したと思われていました。

でも、それは全部違ったんです。

青山は大切な人を守るため

自分がやったと嘘をついていた

青山がお世話になっていた組を裏切り二代目の命を奪ったように見せていた理由は

  • 二代目の意思を成し遂げたい
  • 三代目を守りたい

このような理由がありました。


事件の真相

二代目は元々平和主義者。

争いを避けるために対立している権田組に交渉しにいきます。

権田組の組長はしぶしぶ交渉をうけ入れたのですが、別れ際に二代目の子供である「三代目」を脅したことを告白。

実はとっても子煩悩だった二代目。

まだ小さな三代目に手を出されたことが許せなく、権田組の組長と取っ組み合いになってしまいます。

権田組の組長は持っていたナイフを二代目に突き刺し、もみ合っているうちに相打ちとなり…2人とも命を落としてしまいました。

二代目は息を引き取る前に三代目の心配をしていました。

たまたま、その現場に居合わせた青山。

息絶えた二代目を前に、青山は「自分がやったことにする」と言い出すのです。


青山が事件を起こしたのではなかったんです><

二代目の思い(争いをなくしたい気持ち)を無駄にしたくない、三代目を守りたい

真相を隠さないと組同士の対立や争いは激化することがわかっていたし、そうなると結果的に三代目の命も危ないと考えたのです。

大切な人を守るために青山がすべての罪をかぶっていました。

元々、青山は二代目に組を辞めたいことを伝えていました。

権田組との交渉がうまく行ったら組を離れてもいいと約束になっていたため、二代目は息を引き取る間際、青山に対し「もう解放するからイケてる珈琲屋になれ」と言葉をかけています。


青山はそのまま組を離れて普通に暮らすこともできたのです。


でも、お世話になった組長の思いを無駄にしたくないと感じた青山は全ての罪を被り、けじめで指を落とし、最果ての警察で自首することに決めていました。

(青山が右手の指を2本落としているのは、三代目との会話の中で「組をやめる時は右手の指2本落としてもらうよ!」という内容があったので、ちゃんと覚えていたんでしょうね)


当時の三代目は幼く、本当のことを知らされないまま大きくなっていきました。

大好きだった青山が、自分の父親を手に掛けたと信じていました。

そして複雑な思い出ずっと青山を憎んで来た三代目。


憎しみと捨てられた思いが異常なまでの執着に変わり、青山を探し続けていたのでした。


真実を知った三代目は、大好きだったお父さん(二代目)と青山の思いを理解し、前向きに進みだそうとしていました。

スポンサーリンク

珈琲いかがでしょう結末ネタバレ!恩人たこじいの思いを届けた

青山が移動珈琲販売をしていた理由は、たこじいさんの夢(想い)を叶えるため。

たこじいさんの珈琲をたくさんの人に飲んでもらいたい思い、そしてたこじいさんの遺骨を妻のところへ届けることでした。


たこじいさんの妻はもう亡くなっていると思っていた青山でしたが、実はまだご存命!

ついに青山はたこじいさんの妻「幸子」に会うことができました。

幸子とたこじいさんの過去

  • たこじいさんに珈琲を教えてくれたのは妻
  • たこじいさんは妻と子供を生かすために身を引いた
  • 幸子の夢は珈琲の移動販売をすることだった



たこじいさんには最愛の妻「幸子」がいたのですが、理由があり一緒に暮らせなくなってしまったんです。

妻と子供と離れ離れになったたこじいさんは、ホームレス状態になりながらも妻と子供を思い、珈琲のおいしさを伝えようとしていました。

たこじいさんが抱いていた「珈琲をたくさんの人に届けたい」思いは、もともと幸子の夢でもあったのです。


青山が車にタコの絵を描いているのも、飲んだ人が笑顔になれる珈琲を届けたいという思いも、全部たこじいさんが日々仲間に伝えていたこと。

青山がずっと持っていた「たこじいさんの遺骨」も、最後には幸子に渡すことができました。

そして、たこじいさんの遺骨は幸子と一緒のお墓に入れることになりました。


青山はたこじいさんの思いを無事に届けることができたのです^^

正直、ラストは読んでいて泣いてしまいました…!


青山が手に巻いている手袋?も、たこじいさんが頭に巻いていたものと同じ柄なんですよね。

もしかしたらたこじいさんのバンダナを使って指を隠すための手袋を作ったのかもしれません。

それほど、たこじいさんの珈琲や想いが青山を救ってきたということなのでしょうね。

スポンサーリンク

珈琲いかがでしょう結末ネタバレ!恋のゆくえは?

青山と垣根さんの恋の行方ですが…この2人は全く進展が無いまま終了しました^^;


というか、垣根さんには全くその気がないんですよね(笑)

最初は垣根さんが青山に片思いしているのかと思っていたのですが、そうではなくて、むしろ青山が垣根さんに片思いしている状態。

垣根さんは「青山がいれる珈琲が好き」なのであって、まだ「青山が好き」とは認識していないのです。

垣根さん、超天然です!

でも、最終話で垣根さんは青山の名前を聞いて顔を赤くしていたので、好きな気持ちに気がついたのかも!?

スポンサーリンク

珈琲いかがでしょう結末ネタバレを紹介!まとめ

珈琲いかがでしょう結末ネタバレは「ハッピーエンド」で終了しました^^

青山の黒い過去を知った時は衝撃でしたが、最後は人と人とのつながり、人の想いの温かさに涙が出てしまいました。

ドラマ化もされるので、ドラマではどんな結末を迎えるのかも楽しみです♪

テキストのコピーはできません。