コストコ会員の家族カードはあとから作れる?別居してても作れるか調査

コストコの会員家族カードはあとから作れる?

コストコ会員証1枚につき1枚作れる家族カード。

無料でコストコ会員証と同等のサービスが受けられるお得なカードはぜひ作っておきたいですよね。


そんなコストコ会員の家族カードですが、あとから作ることも可能です!

忙しい人にとって自分のタイミングで作れるのは助かりますね^^


今回は、コストコ会員の家族カードはあとからでも作れること、家族カードを作るときの注意点についてまとめました。

スポンサーリンク

コストコ会員の家族カードはあとからでも作れる

コストコ会員の家族カードはあとからでも作れます!

コストコ会員になるタイミングで作る人が多いですが、それは手続きが1回の来店で済むため。

あとからだと再び最寄りのコストコに行く必要がありますが、買い物に来たついでに作るのであればそこまで手間ではないですよね^^

コストコ会員の家族カードをあとから作る方法は簡単!

各コストコにある『メンバーシップカウンター』に行き、「家族カードを作りたい」ことを伝えて手続きするだけです。

  1. 家族カード用の書類を記入する
  2. 本人確認書類と同居を証明できる書類を提示する
  3. 顔写真を撮影する

上記3ステップで手続きは完了。

顔写真はメンバーシップカウンターのすぐ横で撮影・印刷も即時なので、約10分もあれば家族カードができますよ!

ただ、オープンして間もないコストコや土日祝日などはメンバーシップカウンターも混みあいます。

時間に余裕をもって家族カードを作りに行きましょう。

スポンサーリンク

コストコ会員の家族カードの対象となる人と条件

コストコ会員の家族カードですが、その名前とは裏腹に家族であれば誰でもカードを作れるわけではありません。

家族カードの対象となる人の条件はこの2つ。

  • コストコ会員(主会員)と同住所に住んでいる
  • 18歳以上

まず、家族カードは18歳以上でないと作れません。

これはコストコ会員になるときも同じ。

18歳以下であればコストコ会員・家族カードともに何人でもコストコに入店できるので、わざわざ会員になる必要がないからだと思われます。


そして、大事なのは『コストコ会員(主会員)と同住所に住んでいる』という条件。

言い換えれば、例え血のつながった家族であっても別の住所に住んでいたら家族カードは作れないということです。

そして、家族カードという名前ですが家族でなくても、同住所に住んでいれば家族カードは作れるということ。

同じ住所に住んでいれば友人同士・恋人同士でもOKなんです。



家族カードを作るときには、メンバーシップカウンターで『同居を証明できる確認書類』を提示しなければなりません。

コストコ会員登録時に住所を登録するのですが、登録住所と家族カードを作る人の住所に違いがないか確認するためです。

『同居を証明できる確認書類』と聞いてもあまりピンとこないかもしれませんが、調べたところ

免許証

・保険証

・パスポート

でいいそうです。

上記の3点なら本人確認書類にもなりますね!

メンバーシップカウンターのスタッフによっては「自分あてに届いた郵便物でも大丈夫だった」なんて声もありましたが、郵便物だと同居を証明できる確認はできても身分証明にはなりません。

どちらにせよ、現住所の記載がある免許証や保険証を提示しなければいけないので忘れないようにしましょう!

スポンサーリンク

コストコ会員の家族カードを作る時の注意点

コストコ会員の家族カードを作る時の注意点は2つ。

  • 家族会員カードを作る人が手続きに行く必要があること
  • 家族カードの有効期限はコストコ会員と同じであること

家族会員カードを作る人が手続きに行く必要がある

家族カードを作るための手続きには写真撮影があります。

そのため、必ず家族カードを作る人がコストコのメンバーシップカウンターに行かなくてはいけません。

「面倒だから家族カード作っておいてー」とはできないんですね。


ちなみに、家族カードをあとから作るだけなら本会員であるコストコ会員の人は不在でもOK。

コストコ会員証は必須なので、会員証だけ借りて家族カードを作りに行きましょう。

家族カードの有効期限はコストコ会員と同じであること

あとから家族カードを作った場合でも有効期限はコストコ会員と同じになります。

コストコ会員の有効期限は入会から1年。

コストコ会員になるのと同じタイミングで家族カードを作れば特に問題ないのですが、例えば会員になってから半年後に家族カードを作った場合。

家族カードの有効期限は残り半年ということになります。

家族カードを作った日ではなく、コストコ本会員になった日が有効期限なので覚えておきましょう。


家族カードは年会費がかかりませんが、有効期限を勘違いして覚えていると「思ったよりも早く有効期限が切れた」なんてことになりますね。

有効期限は家族カードの裏に記載されているので、家族カードを受け取ったら一度確認しておくと安心です◎


コストコの会員になるなら検討したいのが「セカンド冷凍庫」

コストコの食材は量が多いので、冷凍保存しておくと便利に使い切れます◎

今はコストコ用の冷凍庫を持っている人も多いです^^

スポンサーリンク

まとめ:コストコ会員の家族カードはあとからでもOK

  • コストコ会員の家族カードはあとからでも作ることができる
  • 家族カードを作る本人がコストコのメンバーシップカウンターに行く必要がある
  • 家族カードを作るには同居を証明できる確認書類が必要

コストコをよく利用するならばぜひ作っておきたい家族カード。

あとからでもいつでも作ることができるので、自分の好きなタイミングで作りに行きましょう!

作った家族カードは当日から使えますよ^^

関連記事:コストコの会員証を忘れたら入れない?仮会員証を発行してもらう方法

テキストのコピーはできません。