ファンデの上から日焼け止めは塗っていい?塗り直し方法を紹介

ファンデの上から日焼け止めは塗っていい?

ジリジリとした日差しの強い暑い夏。


紫外線の強い季節は、特に毎日の日焼け止めが欠かせません。


しかし、お出かけ前にしっかり日焼け止めを塗っても、汗ですぐに日焼け止めが落ちてしまいますよね。

日焼け止めはこまめに塗り直すことが重要です。


腕や足などはちゃんと塗り直す人も多いかと思いますが、メイクをしている時はどうしたらいいの?
ファンデの上から日焼け止めを塗っても大丈夫か悩んだことはありませんか?

今回は、ファンデの上から日焼け止めを塗り直す方法や、日焼け止めの選び方などをまとめました

スプレータイプの日焼け止めは忙しい時におすすめですよ!

ファンデの上から日焼け止めを塗っていい?塗り直し方法

ファンデの上から日焼け止めを塗り直しできる?

朝のメイク時に日焼け止めを塗って、一日中効果を持続させるのはなかなか難しいもの。

メイクを落とさなくてもファンデの上から日焼け止めを塗り直す事はできます!


塗り直しには、スプレータイプの日焼け止めがおすすめです。

ファンデの上から日焼け止めを塗り直す方法

  1. 顔の余分な脂をティッシュで軽くオフ
  2. スプレータイプの日焼け止めを一度手のひらに出してから、顔になじませる
  3. 最後にパウダーで整えて完成

この方法だと、メイクを落とす事なくファンデの上から日焼け止めを塗り直せるのでとても簡単です♪

スプレーは体や髪には直接吹きかけていいですが、「顔に直接噴射する事は避けてください」と記載のある商品も多いです。


その場合は手のひらに出して使うようにしましょう。

中には顔へ直接吹きかけてもOKな商品もありますので、パッケージに書かれている使用方法をよく確認の上使ってください

スポンサーリンク

ファンデの上から日焼け止めを塗り直すならスプレータイプがおすすめ

日焼け止めを塗り直す頻度は、商品によっても違いますが大体2~3時間おきが理想的とされています。

クリームタイプの日焼け止めを塗り直しに使う場合、ファンデの上から日焼け止めを塗るとメイクがよれてしまいます。


そのため、一度軽くメイクを落としてから日焼け止めを塗り直すことになります。

時間がある時なら化粧直しも兼ねて塗り直しできますが『ささっと塗り直したい!』場合には手間がかかりますよね。

スプレータイプであれば、ファンデの上から日焼け止めをなじませるだけで完了!

メイクを落としてから塗り直すより時短にもなり、とても簡単です◎


スプレーだと手が汚れにくいので手軽に塗り直しができるのも便利。


クリームタイプのベタベタした感じが苦手な方にも、サラッとしたスプレータイプはおすすめですよ。

ただ、スプレータイプは汗や水で落ちやすかったり、正しく使えていないとムラになりやすい面も

塗りムラを防ぐためには、日焼け止めを手のひらでしっかりと顔になじませる事がポイントです。
小鼻や耳のうしろなども忘れないようにまんべんなく塗っていきましょう。

日焼け止めを選ぶ時には、SPFやPAの表示を確認し使うシーンなどに合わせて選ぶといいですね。

日焼け止めの選び方の目安

  • 家事やちょっとした散歩などの場面では、SPF20、PA++
  • 通勤、通学など日常生活の場面では、SPF30、PA+++
  • 炎天下でレジャーやマリンスポーツなどをする場合は、SPF50以上、PA++++
スポンサーリンク

ファンデの上から日焼け止めを塗っていい?まとめ

せっかく毎朝日焼け止めを塗っていても、塗り直しを手抜きした結果シミができていた……となると悲しいですよね。

私自身も、顔の日焼け止めの塗り直しをあまりしていなかったため、気付いたら日焼けしてしまい後悔した経験があります。

でも、ファンデの上からでも日焼け止めは塗り直せます^^

外出時はスプレータイプの日焼け止めを持ち歩いて、こまめな塗り直しをして紫外線に負けない肌を維持していきましょう!

関連記事:クッションファンデがマスクにつかない方法は?対処法を紹介!

テキストのコピーはできません。