生クリームの代用に牛乳やバターは使える?味の違いや出来上がりの差を解説!

生クリームの代用に牛乳やバターは使える?

料理やお菓子作りをしていると、たびたびバターが必要となる場面が出てきます。

でも、バターって高いし家に常備してないこともあって、できるなら他のもので代用したいですよね。

そんなとき、生クリームの代用で牛乳やバターを使うことができるんです^^

ただ、使う用途によっては生クリームでないとできないものもあるので注意が必要です。

そこで今回は、

  • 生クリームの代用に牛乳やバターが使える?
  • 生クリームの代用で使えるもの
  • 生クリームの代用に牛乳やバターを使った場合の味の差は?
  • 生クリームを代用をするときの注意点

4つについてまとめました。

スポンサーリンク

生クリームの代用に牛乳やバターが使える?

生クリームの代用に牛乳は使える?

生クリームがないとき、できるだけ家にあるもので作りたいとき、牛乳やバターで代用できます◎

生クリームはそもそも牛乳から出来ているもの。

「牛乳で代用できるんじゃ?」と思う人は多いでしょう。

でも、牛乳の脂肪分が3.8%なのに対して生クリームは約32~45%。

含まれる脂肪分が全く違うので、牛乳だけじゃ脂肪分が足りないのでコクやとろみはつかないんですね。

そんなとき、牛乳とバターを組み合わせることでより生クリームに近づけることができるんです^^

生クリームの代用の牛乳+バターの基本レシピ

牛乳大さじ1にバター小さじ1をあわせて火にかけてバターを溶かすだけ

この割合を守れば、いくらでもバターの代用として使うことができます。

代用品として使うときは、粗熱をとってから使ってください。

ちょっとだけ生クリームが欲しいときとか便利!

「このレシピ生クリームいるのかぁ…」と諦めてしまうものも、これで挑戦できます^^

ただし、こちらの『牛乳+バター』はホイップさせる(泡立てる)ことはできません。

デコレーションケーキのホイップには使うことはできないので注意してくださいね。

スポンサーリンク

生クリームの代用で使えるもの

生クリームの代用に使えるもの

生クリームの代用で使えるものは、牛乳やバター以外にもあります。

コーヒーフレッシュ(ホイップの代用×)

コーヒーを飲むときに使うコーヒーフレッシュも、生クリームの代用に。

とろみのある見た目はまるで生クリームですが、コーヒーフレッシュは植物性の油脂が原料なので、生クリームや牛乳のようなコクはなく、多少水っぽい仕上がりになります。

なので、お菓子作りや料理に大量に使うよりは、料理の仕上げにかけるくらいの使い方に向いています。

バニラアイス(ホイップの代用×)

材料に生クリームが入っているので、市販のバニラアイスも溶かせば生クリームの代用として使うことができます。

より生クリームに近づけたいときは、乳脂肪分の高い種類別表示『アイスクリーム』を使うのがおすすめ^^

バニラアイスはしっかり甘いので、料理よりはお菓子作りに使うのがいいでしょう。

その際は、砂糖の量を10gほど減らして甘さの調整をしてください、

水切りヨーグルト(ホイップの代用〇)

ヨーグルトの水気を切った水切りヨーグルトは、しっかりとした固さもあるためにクリーム状になるので、ケーキのデコレーションに使うこともできます◎

子どもの1歳の誕生日ケーキに、私も生クリームの代わりに水切りヨーグルトでデコレーションしたことがあります^^

ヨーグルトは生クリームに比べて乳脂肪分が低くあっさりしているのと、味はヨーグルトなので酸味があります。

好みに応じて砂糖を足して使ってください。

水切り豆腐(ホイップの代用〇)

ヨーグルトと同じく、水気をしっかり切った豆腐はデコレーションにも使うことができます。

作り方は簡単で、水切りした豆腐をミキサーやフードプロセッサーにかけてなめらかにするだけ。

お菓子作りに使うときは砂糖を加えてくださいね。

砂糖の目安は、豆腐200gに対して砂糖10gほど。

豆腐の味がしっかりしますが、乳製品にアレルギーがある人には嬉しいですよね。

スポンサーリンク

生クリームの代用に牛乳やバターを使った場合の味の差は?

生クリームの代用に牛乳とバターを使えるのは嬉しいですが、気になるのはその味。

いくら代用できても、味がいまいちだと使いたくはならないですよね。

結論から申し上げますと、どうしてもバターの風味が先にでてきます。

これはバターを使っているので当たり前なんですが、バター風味の生クリームという感じ。

純粋な生クリームと比べると、バターの香りが気になるかもしれません。

ただ、味はおいしいので安心してください!

もしバターの風味が気になるなら、カルボナーラに使うのがおすすめ。

バターが生クリームのようなコクを出しつつ、ベーコン・粉チーズ・黒コショウのおかげで風味も気にならなくなりますよ^^

スポンサーリンク

生クリームを代用をするときの注意点

生クリームを他の材料で代用するときの注意点は、それぞれ代用品は使う直前に作ること。

牛乳+バターは時間が経つとバターの油分が出てきて分離してしまいますし、水切りしたヨーグルトや豆腐は水分が出てきてしまいます。

こうなると、生クリームの代用として使うのは難しくなってしまいます><

また、日持ちもしないので、使う分だけを使う直前に作るようにしましょう。

スポンサーリンク

生クリームの代用に牛乳やバターは使える?まとめ

生クリームの代用におすすめなのは、牛乳+バターをあわせたもの。

牛乳だけじゃ足りないコクをバターが補ってくれます^^

純粋な生クリームに比べるとバターの風味が強いですが、もともとバターを使う料理やお菓子作りに使うならあまり気になりません◎

牛乳+バターで作るカルボナーラもおいしいので、ぜひ作ってみてくださいね!

関連記事:生クリームの植物性と動物性の見分け方は?料理の使い分けも紹介

テキストのコピーはできません。