ハムは生で食べても大丈夫?焼かずに食べられる理由

ハムは生で食べても大丈夫?

そのまま食べても、料理に使ってもおいしいハムは私もよくお世話になっています^^

生肉と違って加熱しないでそのまま食べられるっていうところが、朝の忙しい時などに大助かりなんですよね♪

そもそも、なぜハムは生で食べても大丈夫なのでしょうか?

当たり前のように身近にあるハムだからこそ、ハムが焼かずに食べられる理由は意外に知らないもので気になりますよね。

そこで今回は、

  • ハムは生で食べて大丈夫
  • ハムを生で焼かずに食べられる理由
  • ハムを生で食べないほうがいい場面

3つについてまとめました。

ハムは生で食べて大丈夫

ハム

ハムは生で食べても大丈夫です。

中には、「ハムは加熱せずにそのまま生で食べるのが一番おいしい」なんて声も。

ハムは生で食べられるからこそ、使い勝手がいいですよね◎

特に忙しい朝の時間帯。

しっかり食べてほしいけど、朝から火を使って調理するのは大変です。

生肉なら調理したあと調理器具も手もきちんと洗わなきゃいけないし、火が通っているか確認しなきゃで朝からはハードルが高いですよね^^;

動物性たんぱく質が欲しい時、ハムが便利!

生でも大丈夫だから、パッケージからお皿にのせるだけでOKです。

菌がつくとかしっかり火をいれなきゃとか、気にしなくてもいいのは本当に助かります^^

ハムが生で食べられなかったら、買う頻度は少なかったかも。

それくらい、そのまま食べられるというのはハムの大きな魅力です◎

ハムが生で食べられる理由について、次の項目で詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

ハムを生で焼かずに食べられる理由

ハムを生で食べてもいい理由

ハムが生のまま焼かずに食べられるのは、ハムが「加熱食肉製品」だからです。

「加熱食肉製品」とは、原料肉を加熱してつくったと言う意味。

製造方法や加熱方法については食品衛生法に定められているので、安心して食べることができます◎


ここで一般的なハムの製造工程を紹介します。

  1. 原材料となる豚肉の余分な脂身などを取り除いて、きれいに成形する
  2. 調味液を肉に注入して味付けする
  3. 豚肉を熟成させる
  4. 豚肉を燻えん・加熱する
  5. 冷蔵庫で素早く冷却して、微生物の繁殖を防ぐ
  6. スライスして包装する

参考:伊藤ハム

会社によってハムの製造工程は微妙に変わってきますが、豚肉は④の燻えんの工程(スモークさせる)でしっかりと中まで加熱されます。

製造工程でしっかりと加熱されているので、ハムは生で食べても問題がないんですね^^

スポンサーリンク

ハムを生で食べないほうがいい場面

生でそのままサラダにしてもおいしいハムですが、場合によっては生で食べないほうがいいこともあるんです。

それは、

  • お弁当に入れるとき
  • 開封後日にちが経っているとき

のような場面です。

お弁当に入れるとき

お弁当の彩りにも一役かってくれるハム。

そのまま入れられると便利ですが、お弁当にハムを入れるときはできるだけ加熱したほうがいいでしょう。

お弁当は作ってから食べるまでに時間がかかるもの。

ハムは要冷蔵商品なので、作ってから食べるまでの間冷蔵庫に入れておけるようならそのままでも問題はありません。

しかし、常温で持ち歩かなきゃいけないときや、気温が高い夏場などは、ハムをそのまま入れてしまうと菌が発生しやすくなってしまうんです><

ハムは生でも食べられます。

しかし、お弁当が傷みやすい時期はハムはそのまま入れずに、加熱してから入れるようにする方が安全です。

ハムの加熱は3つの方法があります。

・油をひかずにフライパンでさっと焼く

・熱湯でさっと茹でる

・電子レンジでチンする

個人的には、電子レンジで加熱するのが一番手軽なのでおすすめ。

耐熱皿にハムをのせて、電子レンジ500Wで20秒ほど加熱すればOKです!

朝ごはんに目玉焼きを作ったりするなら、一緒にハムもさっと焼いちゃえば楽ですね^^

開封後日にちが経っているとき

ハムの賞味期限は、『表示されている温度で未開封で保存している場合』の賞味期限です。

開封後は日持ちしないため早めに食べるようにパッケージにも記載がされているはず。

ただ、どうしても1回で使い切れずにハムが残ってしまうことありますよね。

賞味期限は『おいしく食べるための期限』なので、賞味期限が切れたからといってすぐに食べられなくなるわけではありません

しかし、冷蔵庫で保存していたとしても冷蔵庫の中は無菌状態ではないんです。

空気中にも菌はいるので、食べ物は徐々に菌が繁殖しているもの。

開封してから2日経っているときは、生のまま食べずに、加熱して菌を殺菌してから食べるほうが安全です◎

スポンサーリンク

ハムは生で食べても大丈夫?まとめ

  • ハムは製造工程で加熱されているため、生で食べても大丈夫
  • ハムはそのまま食べられるが、気温が高い時期のお弁当に入れるとき・開封してから2日経ったハムは加熱して食べるほうがより安全

ハムは生で食べても大丈夫!

「加熱食肉製品」で、すでにしっかり火を通してあるので、そのままで安心して食べてください。

ただ、お弁当に入れるときや開封済みのものは加熱したほうがいいでしょう。

ハムはどんな食材とも相性抜群。

野菜と一緒に炒めたりスープに入れて煮込んだりして、加熱してもおいしく食べられますよ^^

テキストのコピーはできません。