ジャワティのカフェイン量はどのくらい?ホワイトやミルクティの含有量も

ジャワティのカフェイン量はどれくらい?

ジャワティは密かにファンが多い紅茶として知られていますよね!

あまり売っているところを見かけないですが、お弁当屋さんとかに行くとひっそりと売っていたりします♪

ジャワティはノンカフェインのようにも見えますが、紅茶なのでカフェインが入っているんですよね。

とてもおいしいジャワティーですが、カフェインの量が気になるところ。

ということで、今回はジャワティのカフェイン含有量についてまとめています!

ジャワティのカフェイン量

ジャワティーのカフェイン量

ジャワティは2021年現在、2つの味とミルクティが発売中です。

ジャワティのカフェイン量は以下の通り。

商品名100mlあたりのカフェイン量
ジャワティストレートレッド11.7mg
ジャワティストレートホワイト17.9mg
ロイヤルミルクティフロムジャワ30mg
参考:大塚食品


厚生労働省によると妊娠している方のカフェイン摂取量の目安は下記のように説明されていました。

  • 世界保健機関(WHO):コーヒーは1日3から4杯
  • 英国食品基準庁(FSA)1日200mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)
  • カナダ保健省(HC):1日300mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)


ジャワティのカフェインは100mlで11.7gなので500ml飲むと58.5gとなり、意外とカフェインの量が多いことがわかります。

カフェインを控えている方や子どもが飲むときは飲みすぎないように気をつけたほうがいいかもしれませんね。

また、レッドとホワイト、ミルクティではそれぞれカフェイン量が異なっていました。

ジャワティストレートのカフェイン量

ジャワティと言ったらこれ!の赤いパッケージ。

インドネシア産の茶葉を使用して完全発酵させた紅茶です。

カフェイン量は100mlあたり11.7mg

500mlで計算すると58.5mgとなります。

ジャワティホワイトのカフェイン量

ジャワティにはホワイトもあります(゚∀゚)

ホワイトにはジャワ島産茶葉が芯芽と一葉が使われていて、微発酵させた紅茶。

ジャワティよりすっきりとまろかな味が特徴。

カフェイン量は100mlで17.9mg。

500mlにすると89.5mg

レッドよりもカフェイン量が多い!

ロイヤルミルクティフロムジャワのカフェイン量


ジャワティにはミルクティもありました!

カフェイン量は100mlで30mg。

280g入なので1本飲むと84mlほどのカフェイン量。

ジャワティーのロイヤルミルクティのカフェイン量が多いのは、茶葉を濃く出しているからなのでしょうね。

自動販売機でたまーに見かけることがある商品です。

スポンサーリンク

ジャワティはカフェインが入ってる?ホワイトとミルクティの含有量まとめ

ジャワティは色のイメージからルイボスティっぽさを感じるのでノンカフェインぽいなと思っていたのですが、紅茶なのでしっかりカフェインが入っていました。

レッドとホワイトではカフェインの量も違うので、妊娠されている方やカフェインを控えている方は飲み過ぎには注意したほうが良さそうです。

関連記事:アサヒ十六茶のティーバッグは市販されてる?シャンソン化粧品に確認してみた!

テキストのコピーはできません。