児童手当の所得制限見直し&特例給付廃止で少子化が進む?ネットの反応は

児童手当所得制限見直し2020で少子化が進む?ネットの反応は

児童手当の特例給付が2021年度中に廃止される方向であることがわかりました。


そして、所得制限の基準についても

世帯の収入が多い人の金額を基準から「世帯の収入の合計」が基準に変わる方向とのこと。


本当にこの内容で改正されるのでしょうか。

今回は「児童手当所得制限見直し&特例給付廃止で少子化が進む?ネットの反応は」ということでまとめています。

児童手当の所得制限見直し&特例給付が廃止する方向

児童手当の特別給付が2021年度中に廃止される方向であることがわかりました。


そして、今までは世帯で稼いでいる収入が多い人が基準となっていましたが、制度が変わると「世帯全体の収入」の合算した金額が基準となる方向とのこと。


政府が検討している児童手当の改正案が決定した場合、これまで児童手当がもらえていた世帯で、今後は児童手当がもらえなくなる可能性が出てきました。

ここまで聞くと「!?」となるのですが


所得制限の見直し&特例給付の廃止の改正が難しい場合

  • 収入額の基準を引き上げること
  • 多子世帯への児童手当増額

これらの支援策も検討されるとのことでした。


今回の改正案は待機児童対策のための財源を確保するためということですが・・・色々な意見が飛び交っています。

スポンサーリンク

児童手当の所得制限見直し&特例給付に対するネットの反応

少子化が進んでしまうのでは・・?

なぜそこを削ろうとしているのか疑問・・

スポンサーリンク

児童手当の所得制限見直し&特例給付廃止に対するネットの声まとめ

児童手当の特例給付が廃止になり、児童手当の所得制限の基準が「世帯合計」となる方向ですが

もしそうなるにしても「年収の基準を引き上げ」をして児童手当をもらえなくなる世帯が減るようにしてほしいです。

どうなっていくのか不安ですね・・。

テキストのコピーはできません。