呪術廻戦0巻の夏油の最後を考察!五条に言われた言葉や偽夏油についても

呪術廻戦0巻夏油の最後を考察!五条に言われた言葉は?

呪術廻戦の0巻では、夏油傑の最期が描かれています。

もともと夏油傑は、最悪の呪詛師として処刑対象となっていました。

百鬼夜行当日、乙骨憂太との戦闘に敗れて重傷を負った後、五条悟によってとどめを刺されます。

この時、五条悟が放った言葉が一部伏せられていますが、実際には何と言っていたのでしょうか?

また、死んだはずの夏油傑が、なぜ再び本編で現れたのでしょうか?

その存在なしには呪術廻戦を語れないくらい、0巻でも本編でも、最重要人物である夏油傑。

その分、気になる点も多い人物です。

そこで今回は、呪術廻戦0巻に描かれた夏油傑の最期について、五条悟に言われた言葉や偽夏油についても併せて考察します!

呪術廻戦0巻で描かれた夏油傑の最後

呪術廻戦0巻から夏油傑の最後についてみていきましょう。

夏油傑にとどめを刺したのは五条悟

先述した通り、夏油傑は百鬼夜行当日、五条悟によってとどめを刺されています。

メモ

百鬼夜行とは

2017年12月24日に起きた、呪詛師と大量の呪霊による東京(新宿)と京都の同時襲撃


首謀者である夏油傑は事前に宣戦布告をしていましたが、当日は新宿にも京都にも現れませんでした。

と言うのも、真の目的は『呪術高専で待機していた乙骨憂太を孤立させること』だったのです。

この混乱に乗じて、特級過呪怨霊である祈本里香を手に入れようと企んでいました。

五条悟はいち早く真実に気が付きますが、新宿で呪詛師を迎え撃っていたためその場を離れられません。

五条悟は、近くにいた狗巻棘パンダを呪術高専へ送ります。

もともと呪術高専にいた禪院真希、そして狗巻棘とパンダは早々に夏油傑にやられてしまいます。

しかし、それを起爆剤として乙骨憂太の能力が覚醒。

夏油傑を退けることに成功するのです。

満身創痍の夏油傑が足を引きずり歩いているところに、五条悟が現れます。

冗談や笑顔も交えて会話をする二人の様子からは、かつては仲が良かったのだということが窺えます。

そして最期の言葉を交わした後、「バシュ」っという効果音と共に、五条悟は夏油傑にとどめを刺したのでした。

本誌からわかる夏油傑の最期

実は呪術廻戦0巻には、「バシュ」っという効果音以外は、夏油傑がとどめを刺されたという情報がありません。

そのため、本誌で夏油傑(のような人物)が登場したことで

  • 本当は夏油傑はとどめを刺されていなかったのではないか
  • 五条悟が夏油傑を逃したのではないか
  • 夏油傑の仲間が反転術式で助けたのではないか

など、推測することもできました。


しかし、上記の推測は90話『渋谷事変⑧』で否定されます。


渋谷事変の最中、呪霊と戦闘中の五条悟の目の前に、夏油傑が現れた時のことです。


『そこにいたのは自らの手で去年殺した親友』

『偽物?変身の術式?全ての可能性を六眼が否定する』

『肉体も呪力も、この六眼に写る情報はオマエを夏油傑だと言っている』

『だが俺の魂がそれを否定してんだよ』

呪術廻戦90話『渋谷事変⑧』より引用


オマエは誰だと問う五条悟に対し、夏油傑は額の縫い目を解き中の脳を露出して見せこう答えます。


『そういう術式』

『脳を入れ替えれば肉体を転々とできる』

『肉体に刻まれた術式も使える』

呪術廻戦90話『渋谷事変⑧』より引用


そして、「夏油傑の遺体の処理を家入硝子にさせなかったため、楽にこの肉体が手に入った」と語るのです。

上記により、次のことが明らかとなりました。

  • 五条悟は間違いなく百鬼夜行の日に夏油傑にとどめを刺した
  • 夏油傑の肉体と術式は何者かに乗っ取られた

またその言動から、乗っ取った肉体の記憶も残しているようであると推察されます。

スポンサーリンク

夏油傑の最後に五条悟が放った言葉

夏油傑の最後に五条悟が聞き取れない言葉をかけていました。

あの時、一体どんな言葉を掛けていたのでしょうか。

五条悟と夏油傑の関係性

呪術廻戦0巻の最後で、五条悟が夏油傑のことを「僕のたった一人の親友だ」と言っています。


夏油傑がとどめを刺されたときの様子からも、かつては良い信頼関係を築いていたということがうかがえます。

その詳細は、単行本8、9巻の過去編を読むと明らかとなります。

五条悟と夏油傑は呪術高専の同級生で、最強コンビと謳われていました。

喧嘩をするほど仲が良いという言葉の通り

  • お互いに言いたい放題
  • でも窮地には相手を頼り
  • お互いを信頼し合っていた


ところが、過酷な任務に追われる中で、夏油傑の中で『非術師がいなくなれば呪いもなくなる』という考えが膨らみます。

そして、任務に赴いた先で村人を全員手にかけてしまうのです。

夏油傑はこの事件をきっかけに呪詛師として処刑対象となりました。

これを知った五条悟はにわかには信じられませんでした。

また、五条は夏油と再会した時には攻撃を仕掛けましたが、結局その手を止めました。

親友をその手にかけることができなかったのです。

夏油傑が最期に言われた言葉とは

0巻で夏油傑が五条悟にとどめを刺される直前に、次のようなやり取りがされています。


五条『……何か言い残すことはあるか』

夏油『……誰がなんと言おうと非術師は嫌いだ』

  『でも別に高専の連中まで憎かったわけじゃない』

  『ただこの世界では、私は心の底から笑えなかった』

五条『傑、ーーー ーーー』

夏油:(一瞬呆れた表情を見せる)

  『(笑顔で)はっ、最後くらい呪いの言葉を吐けよ』

呪術廻戦0話最終話より引用


この時、五条悟のセリフの一部が『ーー』で表されており、実際に何と言ったのか気になります。

著書の芥見下々先生によると、このセリフは0巻の中で既に出てきているそうです(キャラブック「交流会編」Q&A参照)。


そこで、上記の状況も加味して考えると

『傑、(オマエは) 僕の親友だよ たった一人のね』

が正解のようです。

これは0巻の最後で、五条悟が乙骨憂太に言うセリフです。

0巻の途中から夏油傑が乙骨憂太の学生証を持っていましたが、最期の時に五条悟に「返しといてくれ」と渡します。

それを本人に返す時、乙骨憂太が「先生が拾ってくれてたんだ」と言うのですが、五条悟が

いや、僕じゃない

僕の親友だよ、たった一人のね

呪術廻戦0話最終話より引用

と答えるのです。

夏油傑はその最期の瞬間、死の間際に言い残す言葉として、「今の世界では心の底から笑えなかった」と語りました。

心なしか落ち込んでいるようにも見えます。

五条悟はそんな彼を慰めるべく、「オマエは僕のたった一人の親友だ」と声をかけたに違いありません。

そして夏油傑は『はっ』と優しい笑顔を見せるのです。

親友を手にかけることはさぞ辛かったことでしょう。

このセリフが『ーー』と表されていることで、

  • 夏油傑本人にしか聞こえない程度で囁きかけたのだろうか
  • 声が震えていたのだろうか

などと想像を膨らませることができ、より一層その情景に心を動かされます。

スポンサーリンク

夏油傑が再び現れた理由

夏油傑は五条悟によってトドメをさされています。

再び五条の前に現れた理由はなんなのでしょうか?

額の縫い目は偽夏油の印

先述した通り、百鬼夜行の日に夏油傑の肉体と術式が何者かに乗っ取られています。


その何者かは脳を入れ替えることで肉体を転々としているため、乗っ取られた肉体の額には縫い目の跡が残ります

つまり、額の縫い目は「偽夏油」の目印となります。

  • 0巻と、過去編8・9巻の夏油傑の額には何もない=夏油傑本人
  • 本誌で呪霊と同行する、額に縫い目がある夏油らしき人物=偽夏油

そして、額の縫い目が乗っ取られている目印となるのは、夏油傑だけではありません。

第134話では、「偽夏油を乗っ取っているのは加茂憲倫であり、その加茂憲倫も数ある名の一つにすぎない。」ということが明らかとなっています。

他にも多くの呪術師が、時代を超えて加茂憲倫に乗っ取られてきているようです。

夏油傑が乗っ取られた理由とその目的とは

夏油傑が乗っ取られた理由とはいったい何なのでしょうか。その目的が何なのかも気になります。

これについては、偽夏油の言動からその答えに近づけそうです。

偽夏油は、第90話『渋谷事変⑧』で五条悟を封印した時、次のように語っています。


『夏油の呪霊操術とこの状況が欲しくて』

『君強すぎるんだよ』

『私の目的に邪魔なの』

『新しい世界でまた会おう』

呪術廻戦90話『渋谷事変⑧』より引用


新しい世界とは、第136話『渋谷事変53』で語られている「呪術全盛 平安の世」。


この世界を作り上げるにあたり邪魔になるのが、最強の呪術師五条悟でした。

  • 五条悟のたった一人の親友である夏油傑を乗っ取ることで、五条悟を封印する隙を作る
  • 呪術全盛の新しい時代を作るために、夏油傑の呪霊操術を利用する

上記目的のために、夏油傑が乗っ取られたということが考えられます。

スポンサーリンク

呪術廻戦0巻の夏油の最後を考察!まとめ

呪術廻戦の0巻と本誌の第90話を基に、夏油傑の最期について考察してみました。

まとめると、下記の通りです。

  •  五条悟は夏油傑の最期に『僕の親友だよ たった一人のね』と声をかけ、とどめを刺した
  •  夏油傑はとどめを刺された後で肉体を乗っ取られ、偽夏油として呪霊と共に行動している
  • 偽夏油は呪術全盛の時代を作るために夏油傑とその術式を利用している


さて、本誌では五条悟は封印されてしまいました。

この肉体を乗っ取る術式の持ち主はいったい何者なのでしょうか。

今後の展開から、ますます目が離せません!


呪術廻戦の考察記事一覧はこちら

テキストのコピーはできません。