会社のバレンタインをやめたい!対策や渡さない注意点とポイント

会社のバレンタインを辞めたい!

スポンサーリンク

2月14日のバレンタインデー。

日本では、感謝の気持ちを込めてチョコレートを渡す日として定着しています。

「この人にあげたい!」と自主的にあげるなら何の問題もありませんが、面倒なのは本当はあげたくないのにチョコレートをあげなきゃいけないとき。

会社のバレンタインをやめたいという人は、義務でチョコレートを配らされることに嫌悪感を抱いている人が多いようです。


今回は、会社のバレンタインをやめたい人のために、やめるときの対策や注意点についてまとめました。

スポンサーリンク

会社のバレンタインをやめたい

バレンタイン

バレンタインは本来、自分があげたいと思った人にあげればいい日。

それなのに、会社で「バレンタインはチョコレートをあげましょう」なんて決まりができてしまうと、自分の気持ちとは無関係にあげなくちゃいけなくなります。

感謝の気持ちを強制させられるのってしんどいですよね^^;

そもそも気持ちのこもっていないチョコレートはもらった相手だって嬉しくないはず><

新入社員で入った会社の話なのですが、初めて迎えたバレンタインに「みんなでチョコを買おう」と先輩が言い出して。

「会社ってそういうものなのか」と、そのときは特に疑問も持たずお金を出し合ってチョコを買いました。


初めての会社だったし、実際に先輩や上司にはお世話になっていたので特に嫌ではなかったのですが、これが嫌いな先輩や上司だったら正直あげたくないな…と今では思います(笑)


結局は気持ちの問題で。

あげたい人はあげればいいし、あげたくないならあげなくてOK。

でも、会社のバレンタインは自分の気持ちとは関係なくあげなきゃいけないから、しんどくなって結果やめたいってなるんですよね。

会社のバレンタインをやめたいときの対策

バレンタイン

会社は仕事をしに行く場所。

適切なコミュニケーションは良好な人間関係を築くためには必要ですが、ストレスがたまるぐらいなら会社のバレンタインをやめていいと思います。

ただ、会社のバレンタインが伝統的に続いているなら、個人的になかなかやめにくいもの。

ここからは会社のバレンタインをやめたいときの対策を3つ紹介します。

  • 仲の良い先輩や上司に相談して「会社のバレンタインをやめたい」仲間を作る
  • 会社のバレンタインで渡すチョコレートのランクを下げる
  • 「今年でバレンタインはやめたいと思います」と伝える

仲の良い先輩や上司に相談して「会社のバレンタインをやめたい」仲間を作る

会社のバレンタインをやめたいと思ったら、まず同じような考えの仲間を作るのをおすすめします。

会社全体でバレンタインを行っている場合、自分1人でバレンタインをやめさせることは難しいからです。

中の良い先輩や信頼できる上司に、「会社のバレンタインってどう思いますか?」と聞いてみましょう。

「ちょっとしんどくて…」と思っている気持ちを伝えられたらいいですね。

もしかしたら同じような考えで、会社のバレンタインをやめるタイミングをうかがっている人もいるかもしれません◎

会社のバレンタインであげるチョコレートのランクを下げる

会社のバレンタインであげるげていくのもひとつの方法です。

デメルやピエールマルコリーニのようなショコラティエのチョコをあげているなら、もう少し手の届きやすいモンロワールやメリーのようなチョコレートに。

百貨店でチョコレートを買っていたなら、スーパーでも買えるチョコレートに変えるのもありです。

個別にチョコレートをあげていたのを、「ご自由にどうぞ」的に大袋のチョコを用意しておくのもいいでしょう。

「会社のバレンタインをやめたい」仲間たちと協力して、チョコレートのランクを徐々に下げていきます。


チョコレートのランクを下げることで、もらった相手もお返しに困るはず。

徐々に会社のバレンタインの習慣を失くしていく方法です。

時間はかかりますが、「波風立てずに会社のバレンタインをやめたい」という人におすすめ。

「今年でバレンタインはやめたいと思います」と伝える

「とにかく今年いっぱいで会社のバレンタインをやめたい」と考えているなら、直接伝えるのが一番。

言葉で伝えるのが難しいのであれば、チョコレートと一緒にメッセージを添えておくといいでしょう。


ポイントは、チョコレートをもらう人へも配慮したメッセージを書くこと。

チョコレートをもらう人にも少なからず負担がかかっていると思いますので、お互いのために今年いっぱいでバレンタインはやめたいと思います。

しかし、バレンタインがなくなったからといって感謝の気持ちは変わりません。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。」

上記は一例ですが、「お互いのためにバレンタインはやめましょう」と伝えることで今までチョコレートをもらっていた人も納得しやすいのではないでしょうか。

「お返しが大変だから会社のバレンタインはいらない」と考えている人、結構多いんですよ!

スポンサーリンク

会社のバレンタインをやめるときの注意点

会社のバレンタインをやめるとき、個人的に勝手にやめるのはあまりおすすめしません。

いや、そもそも業務以外のことを強制させられるのは違うので、やりたくないと思ったら勝手にやめられないとおかしいんですけどね><

ただ、職場が自分1人だけならまだしも、他にも人がいるなら円滑なコミュニケーションも仕事のうち。

みんながバレンタインを渡している中、自分だけ勝手にやめてしまうと波風を立ててしまいます。

会社のバレンタインをやめたいと感じたときは、まず先輩や上司、同僚に相談するのをおすすめします。


そして、忘れないでいてほしいのは、「会社のバレンタインを続けたい(やめたくない)」と感じている人もいるかもしれないということ。

会社のバレンタインをやるかやらないかは、個人の自由です。

やりたい人は続けられて、やめたい人はやめられるよう、みんなで話し合えるといいですね◎

会社のバレンタインをやめたい!まとめ

会社のバレンタインをやめたいと感じている人に向けて、対処法をまとめました。

会社のバレンタインがずっと続いているものなら、急にやめることは難しいかもしれません。

ただ、本来であれば善意で行うはずのことが、強制になってストレスがたまるのはおかしいもの。

なんとか円満に会社のバレンタインをやめられるよう、まずは信頼できる先輩や上司に相談してみましょう。

関連記事:バレンタインは日本でいつから始まった?歴史やなぜ女性からチョコを贈るのか調査

テキストのコピーはできません。