キメハラの意味や内容は?原因は同調圧力や押し付け?

キメハラの意味や内容は?

日本中で社会現象とも呼べる状況になっている「鬼滅の刃」

鬼滅の刃を見ていない人や興味がない人に対して非難する「キメハラ(鬼滅の刃ハラスメント)」なるものが広まっていると話題になっています。

キメハラは「鬼滅の刃」を見ていない人や興味がない人が多く感じているそう。

キメハラは鬼滅の刃が好きな人の思いの強さや、同調圧力が関係しているとも言われています。

今回はキメハラの意味や内容についてまとめています。

キメハラの意味や内容は?同調圧力で生まれた?

キメハラというのは「鬼滅の刃を強要される」ことに対する言葉として使われ出した言葉。

例えば・・・

  • 鬼滅の刃を見てないのはヤバいと非難される(だから見たほうがいい)
  • 鬼滅の刃はつまらないと言うと批判される
  • 髪型や洋服など鬼滅の刃を意識してないのに「鬼滅の刃」に結びつけてくる
  • 鬼滅の刃に対して興味がないといえない雰囲気

このような意味で使われていることが多いそう。

鬼滅の刃は社会現象になるくらいの爆発的ヒットしている作品

鬼滅の刃を見ていない人や面白いと思えない人は少数派として捉えられてしまい、同調圧力からネガティブなイメージにされてしまうようです。

集団において、少数意見を持つ人に対して、周囲の多くの人と同じように考え行動するよう、暗黙のうちに強制すること。

goo国語辞書


鬼滅の刃が好きな人はまだ見ていない人に

「いい作品だからぜひ見てほしい」

「一緒に鬼滅の刃について語り合いたい」

そんな思いがあって、まだ見ていない人にも強く勧めてしまうのかもしれません。

キメハラ以外にもある現象

過去にはキメハラと似たような現象がおきていました。

  • アナと雪の女王
  • 君の名は
  • 半沢直樹
  • ポケモンGO

など、社会的に知名度があがって話題になった作品でも「作品を見ること(ゲームをすること)」を強要されたという声がありました。

https://www.muuu-room.com/wp-content/uploads/2019/06/futuu-ru-min.jpg

私は君の名はを今もまだ見てません(笑)

そして当時は「え?見てないの?見たほうが良いよ!見ないとだめ!」とかなり多くの方から言われました

人には好みや感性の違いがあります。

自分がいいと思ったものをオススメするのはいいと思いますが「これをやっていないなんておかしい」と批判したり強要するのは違うような気がしますね・・。

スポンサーリンク

キメハラに対しネットの声は?

「鬼滅の刃をおすすめされて見てみたら面白くてハマった」方もいる一方で、実際にキメハラを受けたと感じている人もいらっしゃいました。

スポンサーリンク

キメハラの意味や内容は?まとめ

キメハラは

  • 鬼滅の刃を見ていない人に強要すること
  • 鬼滅の刃が好きじゃないと好みを否定される

鬼滅の刃が好きな人はまだ見ていない人に「作品の素晴らしさを伝えたい」という思いがある場合や、「みんながいいと言っているのに!」という同調圧力のようなものもあるのかもしれません。

人には好みがありますし、好きなものや嫌いなものは人それぞれ違うということを頭に入れておきたいですね。

テキストのコピーはできません。