キムチが酸っぱいのは大丈夫?賞味期限と腐っているかの見分け方も紹介

キムチが酸っぱいのは食べられる?開封後の賞味期限も

スポンサーリンク

発酵食品としても人気の高いキムチ。

キムチは保存食品として売られているので、賞味期限も種類によっては割と長めになっています。

ですが、キムチを開封して冷蔵庫保存しているのに日に日に味が酸っぱくなってきますよね。

まだ賞味期限も過ぎていないのに何だか酸っぱい><

これって食べられるのかちょっと不安に感じることも。

でも大丈夫◎

キムチは酸っぱくなっても食べられます♪

ただ、酸っぱい場合でも食べられないこともあるので注意が必要。

今回は

  • キムチが酸っぱいときに食べても大丈夫かどうかの見分け方
  • 開封後の賞味期限について

2つのことについてまとめています!

スポンサーリンク

キムチが酸っぱいのは大丈夫?

キムチ

本場・韓国では賞味期限のない漬物として定番のキムチ。

韓国の人は、より酸っぱいキムチを好むそうです。

日本でもキムチ人気は高く、日本人向けに甘めに味付けされたキムチもたくさん^^

キムチを購入しても一度では食べきれないことが多いので、残った分を冷蔵庫保存することが多いと思います。


でも、冷蔵庫保存していても日に日に酸っぱくなってきますよね><

もしかして腐り始めている?と心配に。。

でも、発酵食品であるキムチは乳酸菌が豊富に含まれているため、生きた乳酸菌が発酵によって酸味を生み出しています。

少し酸っぱくなったからと言って食べられなくなるわけでは無いんです!

キムチの種類によっては、ヨーグルトよりも乳酸菌が多いと言われるほど。

酸っぱいキムチのほうが、体の中へ届く菌が多いということですね^^


酸っぱいキムチが少し苦手だなという方は、キムチの発酵をゆっくりにする方法があります。

  • 冷蔵庫のチルドで保存する
  • きれいな箸で食べる分だけ取り出す
  • 空気になるべく触れさせない

キムチの発酵には、温度管理もとても重要で10℃以下を保つことが大切。

夏場はとくに気を付けて、スーパーで購入するときも冷凍食品と同じ感覚で扱うと良いそうです。

意外とデリケートなんですね、キムチって^^

キムチが酸っぱいけどいつまで食べれる?

キムチがすっぱいのはいつまで食べられる?

キムチが酸っぱくなっていても発酵によって生まれる酸味なので食べることができます。

キムチの開封後の賞味期限は、約1週間ほどと言われています。(保存状態によっては2週間)

それ以降は発酵もどんどんすすんで、酸味が出始めます。

酸っぱいキムチはちょっと食べづらいな…

だけどまだたくさん残っている…

といった場合は、酸っぱくなったキムチを火に通すことで食べやすくなります。

もちろん酸っぱいまま食べてもOKですが、キムチに調味料などを加えることで味がまろやかに◎

  • マヨネーズ
  • ごま油
  • ツナ缶

などと一緒に、火を通して味を加えると酸味も気になりません。

私もキムチが大好きですが、開封後とくに少し酸味を感じ始めたらなるべく早く食べきるようにしています◎

発酵がすすみ乳酸菌たっぷりの酸っぱいキムチを好む方もいると思いますが、変な味・臭いを感じたら絶対に食べるのはやめましょう!

スポンサーリンク

キムチが酸っぱい場合の腐っているかどうかの見分け方

キムチ

酸っぱくなったキムチって、腐っているかどうかの見分け方が割と難しいです。

その理由としては、

  • 腐り始めの食べ物は酸っぱい
  • 腐りだすとぬめりが出てくる
  • 白カビは発酵による白い斑点に似ている



キムチはもともと、ぬめりのある発酵食品。

発酵がすすむのと、腐り始めている状態って実はけっこう似ているんです><


腐り始めは、酸っぱくも感じるので酸っぱいキムチが腐っているかどうかは

  • カビが生えている
  • ねばねばの糸を引く
  • 白っぽいぬめりがある
  • ツンとする強い臭い

これらのポイントを判断基準にしてみてください!

酸っぱいキムチが食べられるかどうかの見分け方はとても難しいですが

もったいないからと腐っているのにその一部だけを取り除いたり、火を通して食べるのは絶対にやめましょう!

どちらか迷った場合は食べないのが安全です。

キムチは酸っぱいのは大丈夫?賞味期限や見分け方まとめ

酸っぱくなったキムチは腐り始めている…と誤解しがちですが乳酸菌の発酵による酸味なので食べても大丈夫!

キムチの発酵を少しでも遅らせる方法として

  • ・なるべく空気に触れさせない
  • ・きれいな箸で食べる分だけ容器に出す

などに気をつけて一度開封したキムチは長時間常温に置かず、冷蔵庫でチルド保存しましょう。

酸っぱくなりはじめたキムチは賞味期限にかかわらずなるべく早めに食べきることをおすすめします。

  • ぬめりがある
  • 白いカビが生えている

など、あきらかに臭いが違った場合は食べるのをやめましょう。

酸っぱくなったキムチは、酸っぱくなる前のキムチより乳酸菌が多いと言われているので、

免疫力アップのためにも、好みの味でキムチをおいしく食べてください♪

テキストのコピーはできません。