レモンで色が変わる飲み物は?なぜ色が変わるかやアレンジレシピも調査

レモンで色が変わる

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

スポンサーリンク

SNSで時たま目にする青色のドリンク。

色が変わるとのことで、その見た目の華やかさから人気がありますよね。

飲食店でも同様に、色が変わる仕組みを利用したメニューを多く見かけるようになりました。

メニューやレシピをよく見ると、レモン汁を加えることで色が変わっていることが分かります。

レモンで色が変わる飲み物はたくさんあるのか、どんな種類なのか気になりますよね。


そこで今回は、レモンで色が変わる飲み物について調査!

なぜ色が変わるのか理由やアレンジレシピもまとめたので、ぜひチェックしてくださいね。

レモンで色が変わる飲み物

レモン汁

レモンで色が変わる飲み物は全部で4つ。

  • バタフライピー
  • マロウブルー
  • しそジュース
  • ブルーベリーやアロニアジュース

レモンで色が変わる飲み物①バタフライピー

青色から紫色に変化

レモンで色が変わる飲み物のひとつめはバタフライピーです。

バタフライピーはチョウマメといった植物の葉や花を使用した茶葉で、ハーブティーの一種。

きれいな色が安定して出せるので、カフェやレストランなど多くの飲食店で使用されています。


煮出したばかりは透明感のある青色をしていますが、レモン汁を加えることで紫色に変化。

香りや味にクセはなく誰でも飲みやすいので、ドリンクだけでなくデザートにも使われることが多いです。

レモンで色が変わる飲み物②マロウブルー

青色は時間が経つと紫色になり、レモン汁を加えるとピンク色に変化

バタフライピーと同じハーブティーの一種なのがマロウブルー。

こちらはコモンマロウの葉や花を使用しており、ほんのり甘い香りがするお茶です。


マロウブルーの特徴は青色・紫色・ピンク色と3色の色の変化を楽しめること。

煎れたてはバタフライピーのような青色ですが、時間が経つと紫色に変化、さらにレモン汁を加えるとピンク色になります。

その色のグラデーションのきれいさから、フランスでは「夜明けのハーブティー」と言われているほど。

レモン汁の量によってピンク色の濃さを調整できるので、自由研究の題材としても実はぴったりなんです。


そんなマロウブルーの唯一の難点は、色が安定しないということ。

まず熱湯で煮出してしまうとくすんだような黄色になりますし、温度変化によって色が変わってしまいます。

「同じものを同じように出すのが難しい」という点から、お店で出されることはあまりないかもしれません。

レモンで色が変わる飲み物③しそジュース

濃い紫色から赤色に変化

ジメジメと暑い夏に飲みたくなるさっぱりしたしそジュース。

しそジュースもレモンを加えると、濃い紫色から鮮やかな赤色に変化します。


ただし、最初からしそジュースの中にレモン汁が入っているとあまり色の変化が出ません。

市販のしそジュースは、色を鮮やかにするために工程の途中ですでにレモン汁を入れていることがあるためです。


なので、実験するならレモン汁が入っていないしそジュースやシロップを探すか、自分でしそシロップを自作しても◎

赤しそシロップ
夏の定番の赤しそシロップを、きび砂糖を使用して身体に優しく仕上げました。 お砂糖控えめで、すっきりとゴクゴク飲めます。

レモン汁を入れる工程がありますが、そこが色が変化するポイント。

一瞬で色が変わるので見逃さないようにしましょう!

レモンで色が変わる飲み物④ブルーベリーやアロニアジュース

濃い紫色から赤色に変化

ブルーベリーやアロニアといったフルーツジュースも、レモンで色が変わる飲み物の仲間です。

アロニアとは北米生まれのブルーベリーによく似た見た目を持つ果物。

ただ、ブルーベリーよりも強い渋みを持っているため、ジュースやジャムに加工して食べられることがほとんどです。


ブルーベリージュースもアロニアジュースもあまりスーパーでは見かけませんが、ネット通販なら手に入れやすいですよ^^

野田ハニー
¥2,842 (2024/06/18 23:18時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
\ポイント最大11倍!/
楽天市場で見る
スポンサーリンク

なぜ色が変わるのか?

レモン

レモンで色が変わる飲み物を紹介しましたが、そうなると気になるのはなぜ色が変わるのかということですよね。

紹介した4つの飲み物には実は共通点があります。

それは「アントシアニンが含まれている」ということ。


アントシアニンとは主に食べ物に含まれている紫色の色素のことで、紫キャベツにも多く含まれているのが有名です。

そんなアントシアニンの特徴は、色素が変化しやすいこと。

もともとは中性ですが、レモンを加えるとレモンに含まれるクエン酸の酸によって成分が酸性に変化。

すると色が赤~赤紫、ピンク色に変化するというわけです。

なので必ずしもレモンでないといけないわけではなく、お酢でも同様に色が変わる変化を楽しむことができますよ。


ちなみに、レモンで色が変わる飲み物に重曹(アルカリ性)を加えると、色は濃い青色に変化。

レモンと重曹を用意すればより色の変化を調べられます(※実験後に飲むなら重曹は必ず食用のものを使ってくださいね)。

レモンで色が変わる飲み物のアレンジレシピ

ここからは、レモン汁で色が変わる飲み物のアレンジレシピを2つ紹介します!

バタフライピーのクラッシュゼリー

キラキラ輝く☆バタフライピーの青いカクテルゼリー☆
バタフライピーのハーブティーの自然な色を活かしてキラキラ輝くゼリーにしました。 クセのないハーブティーなので食べやすい味。 寒天で固めるのでとってもヘルシーです。 ツルンとした食感で透明感のあるブルーがきれいなゼリーに仕上がりました。

2色のコントラストがきれいなクラッシュゼリーです。

レシピでは寒天を使用していますが、ゼラチンやアガーを使うとより透明度が増しますよ。

バタフライピーの琥珀糖

天然色の琥珀糖☆バタフライピーでキラキラ輝くブルーの宝石☆
小学生の息子が「琥珀糖を作ってみたい!」というので一緒に作ったレシピです。 せっかくなら天然の色で作りたいと思い きれいな青色のバタフライピーを使いました。 レモン汁を加えると紫色に変化するので、 少し色にグラデーションをつけてみると、 本当に天然石のようで、きれいな仕上がりになり子供たちと感動☆ ぜひ一緒に作って仕上がったときの感動を 味わってみてください。

着色料を使わずに琥珀糖を作りたい人におすすめのレシピです。

色の変化だけでなく、乾燥して徐々に表面が結晶化していく様子も楽しめますよ^^

スポンサーリンク

レモンで色が変わる飲み物まとめ

レモンで色が変わる飲み物をまとめました。

レモンで色が変わるのは、【バタフライピー・マロウブルー・しそジュース・ブルーベリーやアロニアジュース】の4つ。

共通するのはアントシアニンを含んでいることで、レモンに含まれるクエン酸に反応して色が変化します。

飲み物によって少しずつ色の変化は違ってくるので、ぜひ比べてみてくださいね。

関連記事:マロウブルーはどこで買える?効能やバタフライピーとの違いも調査

テキストのコピーはできません。