マーブルチョコとM&Mはどっちが先?歴史を調査

マーブルチョコとM&Mはどっちが先?歴史を調査

カラフルな見た目のチョコレートといえば、おなじみマーブルチョコ。

でも、お店に行くと似たようなチョコレートでⅯ&Ⅿがあることに気付きます。

どちらも昔からあるカラフルチョコレートですが、マーブルチョコとⅯ&Ⅿはどっちが先に誕生したのか気になりますよね。

そこで今回は、マーブルチョコとⅯ&Ⅿはどっちが先か、それぞれの歴史についてまとめました。

スポンサーリンク

マーブルチョコとM&Mはどっちが先?

マーブルチョコ

マーブルチョコとⅯ&Ⅿは、Ⅿ&Ⅿが先に誕生しました。

Ⅿ&Ⅿはアメリカで1941年に生まれ、マーブルチョコは日本で1961年に生まれたお菓子。

マーブルチョコはⅯ&Ⅿを参考にして生まれたという話もあるんです。


マーブルチョコとⅯ&Ⅿはどちらもカラフルな色をしていますが、もう1つの共通点は糖衣がけされているということ。

マーブルチョコのHPには

欧米で売られていた糖衣でくるんだチョコを参考に、夏も売れる商品を目指し商品化をすすめました。

https://www.meiji.co.jp/sweets/okashi-land/products/marble_coffeebeat/


と記載があります。

はっきりと明記はされていませんが、参考にしたのはⅯ&Ⅿではないかと考えられます。

糖衣がけされていると、されていないチョコレートと比べて溶けにくくなります。

「寒い時期に食べるもので夏場は売れない」というイメージがあったチョコレートを、1年中楽しめるようにしたのがマーブルチョコとⅯ&Ⅿではないでしょうか?

マーブルチョコとⅯ&Ⅿは、それぞれ日本とアメリカを代表するチョコレートになっています^^

スポンサーリンク

マーブルチョコの歴史

マーブルチョコ

1961年:マーブルが誕生

1962年:CMが放送されてマーブルの知名度がぐんとアップする

1963年:おまけシールに人気アニメ『鉄腕アトム』が採用されて、一躍子どもたちの人気お菓子になる

1989年:小分けパックが発売される(現在は販売していない)

『マーブルちゃん』CMで知名度アップ

1961年、初めて東京オリンピックが開催された年に明治のマーブルチョコが誕生しました。

その翌年、CMに当時の子役『上原ゆかりさん』を起用し、マーブルチョコの知名度がぐんとアップしました。

上原ゆかりさんが『マーブルちゃん』と変身したCMは、とてもかわいく当時話題になったんだとか。

人気アニメとコラボしたおまけシール

マーブルチョコといえば、おまけのシール。

現在は、公式キャラクターであるマーブルワンちゃんが世界各国を訪れる『世界の旅シリーズ』ですが、一番最初は人気アニメ『鉄腕アトム』がシールになっていたんですね。

『鉄腕アトム』といえば、今でも根強いファンのいる大人気アニメ。

『鉄腕アトム』のアニメがスタートした1963年に、マーブルチョコのおまけシールになったというのは、両方にとってベストなタイミングだったのではないでしょうか?

『鉄腕アトム』のシールがおまけになったことにより、マーブルチョコは一躍子どもたちの人気お菓子になったのです。

おまけシールの歴史

マーブルチョコのシール

マーブルチョコのおまけシールの歴史をまとめました。

鉄腕アトムシール

動物シール

「今日は何の日」シール

マーブルワンちゃんシール

都道府県シール

世界の旅シール

SNSを見てみると、結構コレクターも多いマーブルチョコのおまけシール。

初期の『鉄腕アトム』シールなんて、今じゃすごいレアですよね!

復刻版としてまたおまけシールになったらいいなあと思います^^

関連記事:マーブルチョコの四つ葉のクローバーの確率は?シールにもレア絵柄があるか調査

スポンサーリンク

M&Mの歴史

1941年:Ⅿ&Ⅿチョコレートが販売開始

1954年:Ⅿ&Ⅿシリーズでピーナッツ味が誕生、CM放送開始

1972年:Ⅿ&Ⅿのオリジナルキャラクターがパッケージに登場

1981年:日本での販売を開始

1982年:宇宙食に選ばれ、宇宙へと進出する

2001~2002年:200か国で行われた国民投票によりチョコレートの新色が決定する

Ⅿ&Ⅿの名前の由来は設立者の頭文字

Ⅿ&Ⅿが販売開始されたのは、1941年。

当時戦争中だったスペインを訪れたフォレスト・マース氏が、兵士が砂糖でしっかりとコーティングされた粒上のチョコレートを食べているのに遭遇しました。

チョコレートが溶けるのを防ぐアイディアに感化されたのが、Ⅿ&Ⅿの誕生のきっかけです。

フォレスト・マース氏は友人のブルース・ムリー氏とチョコレート生産販売工場を設立。

Ⅿ&Ⅿの名前の由来は、マース氏(Mars)とムリ―氏(Murrie)の両者の頭文字からきています。

アメリカから日本、そして宇宙へ

アメリカで生まれたⅯ&Ⅿは、発売から40年後の1981年に日本でテスト販売が開始されました。

最初に販売されたのは、中京地区。

東京かと思ったのですが、どうして中京地区だったのでしょうか…。

理由は分かりませんが、カラフルな見た目とアメリカンなパッケージで日本でも人気チョコレートになりました。

Ⅿ&Ⅿの進出は日本だけではありません。

1982年には、Ⅿ&Ⅿは宇宙へ。

初のスペースシャトルによる宇宙飛行のお供として、宇宙食のひとつに選ばれたんです。

アメリカから日本、そして宇宙と、Ⅿ&Ⅿのはあらゆる場所で食べられているんですね!

世界規模の国民投票

Ⅿ&Ⅿの歴史の中で最も大きなプロジェクトと言われているのが、2001年~2002年にかけて行われた国民投票です。

【Ⅿ&Ⅿのチョコレートの新色を決めよう】という投票だったのですが、驚くべきはその投票規模。

なんと、200か国を超える国々から、電話・インターネット・郵便といった方法で投票が行われたんです。

紫・ピンク・アクアブルーの3色の中から国民投票で選ばれたのは、紫!

期間限定でⅯ&Ⅿのチョコレートに紫が加わることになりました。

スポンサーリンク

まとめ:マーブルチョコとM&MはM&Mが発売が先

  • マーブルチョコとⅯ&Ⅿは、Ⅿ&Ⅿのほうが先に誕生した
  • マーブルチョコが販売されたのは1961年、Ⅿ&Ⅿが販売されたのは1941年

マーブルチョコとⅯ&Ⅿはどちらも似たようなチョコレートですが、生まれた時期や場所、これまでの歴史を見てみると違いが多くあることが分かります。

マーブルチョコやⅯ&Ⅿを食べるとき、それぞれの歴史を思い浮かべながら食べるとより楽しくなりそうです^^

関連記事:マーブルチョコの色は天然由来?全部で何色か調査

テキストのコピーはできません。