胸が鳴るのは君のせい番外編ネタバレ!そのイチャイチャが見たかった!番外編も最高

胸が鳴るのは君のせい番外編あらすじ感想

胸が鳴るのは君のせいは、つかさと有馬のもどかしい恋愛関係が描かれた紺野リサさんの漫画です。

本編は2014年に最終巻が発売されていますが、その約9か月後にこの番外編が発売されました。

無事にハッピーエンドを迎えたつかさと有馬、そして長谷部のその後が描かれています。

今回は、胸が鳴るのは君のせい番外編のネタバレや感想をまとめていきたいと思います!

胸が鳴るのは君のせい番外編ネタバレ3篇を紹介

胸が鳴るのは君のせい番外編では3篇の物語で構成されています。

長谷部が中心の物語が1つ、残りの2つはつかさと有馬の物語になります。

3篇とも最終話よりも少し先のお話。

それでは、1篇ずつ詳しく紹介したいと思います!

長谷部くんの場合

胸が鳴るのは君のせい5巻から約1年後のクリスマスシーズン。

  • 長谷部がつかさに振られて1年以上経過しており、若干未練はあるものの友人関係を続けている
  • あることがきっかけで長谷部は藤条という女生徒と知り合う
  • 藤条の過去のトラウマから卑屈になっているのを感じた長谷部は、藤条の前髪を切り前を向けるように応援する
  • それを機に藤条は長谷部のことを気になる始めるが、長谷部はつかさのことが好きだと気づく
  • 藤条はつかさと長谷部が上手くいくように協力しようとする

藤条の作戦を知った長谷部は藤条と話をし、真っ直ぐな藤条にちょっと心を動かされたのでした。

スイート ウインター ラバーズ

最終話から1か月後ぐらいのつかさと有馬の話。

  • つかさはもうすれ違いたくないから有馬と本音で話したいと提案
  • どこが好きか聞かれた有馬は態度で示す⇒つかさは、言葉で表現してほしいと感じる
  • ある放課後、少し遠い場所にある図書館につかさと有馬が行くことに
  • 図書館の職員が有馬に気づく⇒実は中一まで有馬が住んでいた場所で、よく元カノと来ていた
  • それを知ったつかさは複雑な心境になる
  • 突然有馬がつかさに告白⇒有馬はつかさがよく読んでいた漫画のようにベタな行動をしようとしていた

さらに、つかさは有馬から「いつになったら名前で呼んでくれんの?」と言われたのでした。

変わること変わらないこと

有馬を名前で呼び始めたものの、まだぎこちないつかさ。

高校3年生の春を迎えて有馬と初めてクラスが離れてしまいます。

  • 週末、有馬の家に勉強をしに行くことに⇒お姉さんから有馬の取り巻きと勘違いされる
  • 勉強の休憩中、お姉さんから有馬の好きなところを聞かれ答える
  • お姉さんはつかさに伝言をし出かける⇒お姉さんが外出したことを有馬に伝え緊張する2人
  • すぐにお母さんが帰ってくることを有馬から聞き、明らかにほっとするつかさ

そんなつかさに有馬はふいうちの…。

スポンサーリンク

胸が鳴るのは君のせい番外編の感想!そのイチャイチャが見たかった!番外編も最高

一言で言って、番外編は最高でした!

最終巻でハッピーエンドを迎えたものの、まだまだイチャイチャシーンが足りないと思っていたので、番外編で読めて本当に良かったと思います。

胸が鳴るのは君のせい番外編の感想や見どころを詳しくまとめました。

イチャイチャシーンが満載

イチャイチャシーンが満載なのが、やっぱり番外編の見どころだと思います。

私が特に好きなシーンをいくつか紹介したいと思います。

キス多め

本編は5巻あったのにつかさと有馬のキスシーンは2回。

なのに、番外編だけで3回もキスシーンが描かれています。

まず1回目は屋上デート中。

つかさが有馬にどこが好きかと聞いた時の返事がキスでした。

しかも2回も!

どこが好きか答えるのが恥ずかしい有馬がとった行動ですが、私的にはキスの方が照れます^^;

そして、3回目のキスシーンはお家デート中。

お姉さんが外出したことにより突然2人きりになって、つかさも有馬も緊張しているのは微笑ましいシーンでした。

そんな時有馬が安心させようと「母親がすぐに帰ってくる」と伝えたとき、明らかにほっとしたつかさへ思わずキス!

安心させたいけど、そんなに明らかにほっとされたらムカつく…というような心境でしょうか^^

キスの後のいたずらっぽい有馬の表情もいい感じ。

また、唇へのキスではないのですが、図書館でつかさのおでこにキスするシーンもよかったです。

誰が見ているかわからないところで、そっと隠しておでこにキス…憧れるシーンでした。

照れながらももう一度告白

図書館の帰り、元カノのことを思い出し落ち込むつかさに有馬が告白するシーンはドキッとしました。

言葉に出すのが苦手な有馬が精一杯つかさの気持ちに答えようとしているのが伝わってきました。

そしてその後の有馬の表情にはキュンとします。

つかさといる有馬は本当に表情が豊かだな~と感じますね^^

また、有馬がつかさが好きな漫画を読んで参考にしようとしたエピソードにもクスっとしてしまいます。

どんな表情でその漫画を読んだんでしょうね。

想像が膨らみます!

番外編のまたまたその後

長谷部の場合の話のすぐ後にある話も実はイチャイチャシーンがあります。

というか超短編なのでイチャイチャしかしていません。笑

屋上デート中に有馬がイラっとすることがあったのですが、それをつかさが癒そうとします。

有馬はつかさを自分の前に座らせてバックハグを…と思ったら、その姿勢では協力できてないと思ったつかさはなんと対面に!

思わずつかさの胸にうずめられた有馬の表情や態度がとっても可愛いです^^

長谷部の新たな出発の兆しが見れる

この話を読んでみて、長谷部がつかさにフラれて約1年経ってもつかさのことがまだ好きだということにびっくりしました!

まさかの一途さに、本当に次は報われて!

気持ちに真っ直ぐな女の子ってのは魅力的なんでしょうね♪

しかもこの出会いで、長谷部の天職も見つけるとか。

この辺は詳しく描かれていないので、また何かの機会に描いてもらえたらなと感じました。

スポンサーリンク

胸が鳴るのは君のせい番外編ネタバレまとめ

胸が鳴るのは君のせい番外編は、本編では若干不足していると感じていたつかさと有馬のイチャイチャシーンが満載でした!

つかさと有馬を見守ってきた読者にとっては、大満足の内容になっていると思います。

また、長谷部くんの場合では長谷部中心の物語になってるので、また違った視点で楽しめます。

つかさと有馬のラブラブっぷりが見たい人や長谷部ファンにはたまらない1冊になっていると思うので、胸が鳴るのは君のせい番外編も必見です♪

テキストのコピーはできません。