梨の冷蔵庫での日持ちはどのくらい?保存のコツと傷んだ時の見分け方

梨の冷蔵庫での日持ちは?日持ちと保存のコツ

スポンサーリンク

シャキッとしたみずみずしい食感がたまらない梨。

梨がスーパーに並び始めると「秋がきたな~」と実感しますよね。

夫の実家が梨で有名な鳥取県ということもあり、毎年この時期はたくさんの梨が送られてくるのですが、気になるのは梨の冷蔵庫での日持ち。

いつもなんとなく冷蔵庫に入れっぱなしにしているのですが、そもそもこの方法もあっているのか不安で^^;

1年に1回のお楽しみの梨だから、おいしく保存する方法があれば知りたいですよね。


そこで今回は、梨の冷蔵庫での日持ちについてや、梨の保存方法についてまとめました。

スポンサーリンク

梨の冷蔵庫での日持ち

梨

梨の冷蔵庫での日持ちは約10日間。

果物の中では保存期間が短いほうかもしれません。


なぜかというと、梨はりんごやバナナのように追熟しないため。

多くの果物は収穫してからも熟成が進むので、買ってきてからある程度の期間置いておくことができます。



しかし、梨は収穫した瞬間が最もみずみずしく甘さもある状態。

本来なら収穫してその日のうちに食べるのが梨の一番いい食べ方なんですが、なかなか難しいので、せめて買ってきたらすぐに食べきってしまうのがおすすめなんです。



ただ、大量に梨をもらったときやその日のうちに食べきれないときもありますよね。

そんなときは、できるだけ収穫したての状態をキープすることが梨のおいしさを保ったまま保存するコツです。



梨は常温保存ではすぐにやわらかくなってしまいます。

やわらかめの梨が好きという人もいるかと思いますが、私は梨はやっぱりあのシャキッとした歯ごたえがあってこそだと思うんですね。

梨は冷蔵保存であれば約10日間日持ちしますが、それは梨を正しく保存した場合のみ。

せっかくの梨を無駄にしないためにも、次の項目で梨を保存するときのコツを詳しく紹介していきます!

梨を保存するときのコツ

梨

梨を保存するときのコツは全部で2つ。

  • 梨を乾燥から守ること
  • 梨のヘタを下にして冷蔵庫に入れること

梨を乾燥から守る

みずみずしい果肉が特徴の梨ですが、実は時間の経過とともに乾燥して水分が失われてしまいます。

梨を保存するときは梨を乾燥から守ることが大事。

梨はキッチンペーパーでまるごとくるんで、さらにラップを周りに巻きます。

その後ジッパーバッグやビニール袋にまとめて梨を入れてください。

少し手間ですが、このひと手間で梨の水分をキープしたまま約10日間保存できます。

買ってきたその日のうちに食べない梨は最初に全てキッチンペーパーとラップで包んでしまいましょう。


しばらく経つとキッチンペーパーが湿ってくることがあります。

湿ったまま放置すると梨が傷んでしまうこともあるので、冷蔵庫に入れてから5日間ほど経ったら一度キッチンペーパーの様子を確認してくださいね。

梨のヘタを下にして冷蔵庫に入れる

ポリ袋に入れた梨を冷蔵庫に入れるとき、もう1つコツがあります。

それは梨のヘタを下にして冷蔵庫に置くということ。


梨は追熟しない果物ですが、収穫後も呼吸はずっと続いているそう。

しかし呼吸をするたびに梨の糖分や水分は消費されてしまうんですね。


そこで呼吸をしているヘタの部分を下にすることで、意図的に呼吸しづらい環境を作り出し、甘さやみずみずしさを少しでも残すというわけです。

梨にとっては過酷な環境ですが、甘やかさないほうがおいしくなるというのは野菜や果物にとっては必然なのでしょうか…。


ちょっとかわいそうな気もしますが、ヘタを下にするだけで甘くてみずみずしい梨が食べられるのであればやらない手はありませんね。

スポンサーリンク

梨が傷んだり腐ったときの見分けかた

梨

水分が多い梨は傷みやすい果物です。

梨が傷んだり腐ったときどうなるか、見分け方を紹介します。

  • 梨から汁が出る
  • 梨が変色する
  • 酸っぱい臭いがする
  • 食べるとピリッとした刺激を感じる

梨が傷んでくるとまず果肉がやわらかくなってきます。

梨の中には果肉がやわらかめのものもありますが、そうでなく一部分だけ指で押せるようにやわらかくなっていたらそれは傷んでいる証拠。


さらに傷みが進むと梨の果肉はドロドロに溶けてくるので、汁が出てくるようになります。


また、外側は変化がなくても梨を切ったときに傷んでいる変化がわかることも。

軸の部分が黒ずんでいたり、果肉が茶色く変色しているものは腐っています。


果肉の変色が一部分だけであれば変色部分を切り取って食べることも可能です。

もったいないと感じるので私は変色ぐらいでは梨を処分したりしないのですが、その他に傷んでいる箇所があればその梨は食べないほうがいいでしょう。


例えば、酸っぱいような臭いを感じたり、食べたときにピリッとした刺激を感じた場合は危険です。

そこまで変色していなくても明らかに梨からはしないような臭いや味がした場合は、もったいないですが梨を処分してくださいね。

まとめ:梨の冷蔵庫での日持ちは約10日

  • 梨の冷蔵庫での日持ちは約10日間
  • 梨はキッチンペーパーとラップで包み、ポリ袋に入れて、ヘタを下にして冷蔵庫で保存する
  • 梨は常温だとすぐに傷むので必ず冷蔵庫で保存する

梨はそのままだと傷みやすい果物ですが、乾燥から守って冷蔵庫に入れれば甘さとみずみずしさをキープしたまま約10日間保存できます。

この方法なら大量に梨をもらったときでも安心ですね^^

とはいえ梨の一番おいしい時期は収穫してからなのは変わりないので、梨はできるだけまとめ買いせず食べる分だけを都度買う方が良さそうです◎

関連記事:梨のコンポートの日持ちはどのくらい?長持ちさせる保存のコツも

テキストのコピーはできません。