年末ジャンボ宝くじは売り切れする?2021年はいつまで買えるか調査

年末ジャンボは売り切れになる?

普段宝くじを買わないって人でも、年末ジャンボ宝くじを買う人は多いのではないでしょうか。

私も、「今年こそ当たる気がする…!」と買っています(未だ夢を見続けてますが)。

年末ジャンボ宝くじの発売日には、宝くじ売り場に行列ができてるのをテレビで見たりして。

「早くしないと年末ジャンボ宝くじが売り切れちゃうんじゃ?」と焦りますよね。

でも大丈夫!

年末ジャンボ宝くじは、基本的に売り切れることはありません。

ただ、宝くじ売り場によっては希望の買い方ができなくなる可能性もあります。

そこで今回は、

  • 年末ジャンボ宝くじは売り切れする?
  • 年末ジャンボ宝くじ2021年はいつまで買える?
  • 年末ジャンボ宝くじはネットでも販売してる

3つについてまとめました。

スポンサーリンク

年末ジャンボ宝くじは売り切れする?

宝くじ

年末ジャンボ宝くじは基本的には売り切れることはありません。

宝くじの公式サイトを見てみると、年末ジャンボ宝くじの発売予定額が『1,320億円(22ユニット)』と記載があります。

「1,320億円分宝くじが売れたら終わりなんじゃないの?」と思うかもしれませんが、売れ行きが良ければ追加で販売するんです。

発売予定額はあくまで目安。

年末ジャンボ宝くじは売れ行きによって販売数を変えるので、売り切れになることはないということです。



ただ、宝くじを買うことができる店舗によっては希望の買い方ができなくなる可能性もあります。

「よく当たる!」と人気の宝くじ売り場には多くの人が宝くじを買いに来ます。

すると、一時的にでも宝くじの枚数は少なくなるので、『自分の思い通りの買い方をしたくても宝くじの枚数が足りない』なんてことに。

宝くじで高額当選を狙いやすいとされる買い方で『3連バラ」というものがあります。

これは、宝くじをバラで10枚×3セット買うのですが、1等と1等前後賞が連番で買うより当たりやすくなるとされるんです。

1等の当選金が高額になる年末ジャンボ宝くじでは、特にこの『3連バラ』の買い方をする人が増えるんだとか。

普通に買うより当たりやすくなるなら、3連バラで買う人は多くなります。

ただし、3連バラで買える枚数にも限りがありますよね。

年末ジャンボ宝くじは売り切れることはないですが、「3連バラで買いたい!」など希望の買い方があるなら、早めに買いに行った方がいいでしょう◎

スポンサーリンク

年末ジャンボ宝くじ2021年はいつまで買える?

宝くじ

「年末ジャンボ宝くじは年末ってついてるから、大みそかまで買えるんじゃないの?」なんて私も思ってました。

でも、違うんです!

年末ジャンボ宝くじの2021年の販売期間は下記の通り。

2021年11月24日(水)~2021年12月24日(金)まで

今年はクリスマス前に販売を終了してしまうので、注意してくださいね。

2021年12月24日までは、各宝くじ売り場に行けば年末ジャンボ宝くじを買うことができます。

宝くじ売り場によって営業時間は違います。

年末ジャンボ宝くじ発売最終日には、営業時間を延長する店舗もあるそう!



各宝くじ売り場の営業時間については、こちらで確認してください^^

宝くじ売り場検索

スポンサーリンク

年末ジャンボ宝くじはネットでも販売してる

忙しくてなかなか宝くじを買いに行けない人におすすめなのが、宝くじのネット購入です。

年末ジャンボ宝くじも、宝くじ公式サイトのオンラインショップで購入することができますよ!

ネットでの年末ジャンボ宝くじの販売期間は、2021年12月24日23:50まで。

決済から購入まで、自宅にいながら全て済むのは便利ですよね^^

ただ、年末ジャンボ宝くじの販売終了間近になると、公式サイトにアクセスが集中して繋がりにくくなってしまいます。

年末ジャンボ宝くじは余裕をもって、早めに買うようにしましょう!

スポンサーリンク

まとめ:年末ジャンボ宝くじは売り切れしない

  • 年末ジャンボ宝くじの販売期間は、2021年12月24日(金)まで
  • 年末ジャンボ宝くじは売り切れることはないが、希望の買い方がある場合は早めに買いに行く方がいい
  • 年末ジャンボ宝くじは、2021年12月24日(金)23:50まで、宝くじ公式サイトからネットで購入することもできる

年末の風物詩ともいえる、年末ジャンボ宝くじ。

売り切れることはありませんが、2021年の販売は年末ではなく12月24日までです。

慌てないで済むように早めに買うようにしましょう!

私も、今年は初めてネットから買ってみようかなと思います^^

テキストのコピーはできません。