子どもとお風呂がラクになる【ベビタブ】>>


大西議員が読んでた小説の内容やタイトルは?ネットの声まとめ

大西議員が5月13日の衆院内閣委員会の審議中に小説を読んでいたのでは?とニュースになっています。

読んでいたのは「皇国の守護者1 反逆の戦場」だとみられています。

 

この記事では大西議員が読んでいた小説「皇国の守護者1 反逆の戦場」の内容やネットの声をまとめています。

大西議員が読んでいた小説のタイトルは「皇国の守護者1反逆の戦場」

報道によると、大西議員が読んでいたと見られている本は「皇国の守護者1 反逆の戦場」という小説。

 

氷雪舞う皇国北端に帝国軍怒濤の侵攻が。潰走する皇国軍の殿軍を担う兵站将校・新城中尉の戦いは!? 真の「救国の英雄」の意義を問う大河戦記、堂々開幕!

引用:中央公論新社

 

架空の世界で繰り広げられる戦いを描いた作品で、漫画化もされています。

小説は9巻まで出版されていますが、作者である佐藤大輔さんが2017年に亡くなっているため未完の状態となりました。

漫画に関しては絶版となっています。

 

読んだ人の口コミをみてみると、評価の高い作品であることがわかります。

皇国の守護者に対してネットの声

大西議員が審議中に小説を読んでいたかもしれないということに関しては厳しい声も多くありましたが

皇国の守護者はとてもおもしろい!という声もたくさん上がっていました。

 

出版社の中央公論新社の公式Twitterアカウントでも、皇国の守護者についてツイートされていました!

皇国の守護者がとてもおもしろい作品であることは間違いありません。

大西議員が読んでいた小説のタイトルは?まとめ

  • 大西議員が読んでいたと思われる小説は「皇国の守護者」
  • 作者は佐藤大輔さんで2017年に亡くなってしまったため未完となっている
  • 架空の世界が舞台となっている戦記小説

 

関連記事

【小池都知事】布マスクの生地や通販は?手作りマスクの型紙も紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。