妊娠中の着圧ソックスのサイズの選び方は?ポイントは足首!

妊娠中の着圧ソックスの選び方は?ポイントは足首!

妊娠中に着圧ソックスを履きたい、でもサイズの選び方が難しい…。

着圧ソックスは試着できないことが多いので、サイズ選びも難しいですよね><

そこで、今回は妊娠中の着圧ソックスのサイズの選び方について、抑えておきたいポイントをまとめました!

着圧ソックスのサイズで悩んだら、足首のサイズを確認するのがカギになります

妊娠中に履く着圧ソックスのサイズ選びで悩んでいる方の参考になったら嬉しいです^^

妊娠中の着圧ソックスのサイズの選び方

ポイント

妊娠中の着圧ソックスのサイズの選び方のポイントは3つ。

  • 妊婦用を選ぶ
  • 自分の足回りのサイズを確認する
  • 用途ごとに購入する

ひとつずつ見ていきましょう。

1:妊娠中のために作られた着圧ソックスを選ぶ

妊娠中に履く着圧ソックスは、できれば妊婦さんのために設計されたものを選ぶと安心。

妊娠による体の変化で起きる足のトラブルにを考えた作りになっているからです。

一般的な着圧ソックスでは締め付ける力が強すぎることもあり、逆にトラブルの原因になってしまうことも。

自分で妊婦にちょうどよい締め付け力を知るのは難しいですよね。

専門的に妊娠中の体を考えて作られている商品を選ぶことで、商品が選択がしやすくなります◎

2:自分の足周りのサイズを確認する

足回りのサイズを測っておく

着圧ソックスは購入前に試着することができないことがほとんど。

できるだけ失敗しないためには「自分の足回りのサイズを確認しておく」ことも大切です。

大体体の大きさからサイズを決めてしまうと思いますが、妊娠中の体の変化は自分ではわからないものです。(私は知らぬ間に体や足回りが大きくなってました^^;)

測る箇所

  • 太もも
  • ふくらはぎ
  • 足首
  • 股下の長さ

自分の足のサイズ感を測ったら、着圧ソックスのサイズ表を確認して該当するサイズを選んでみましょう。

サイズによっては「Mにも当てはまるけどLにも当てはまる…」なんてこともあるかもしれません。

そういう時は足首のサイズを優先させると失敗しにくいです。

足首のサイズが、着圧ソックスの足首のサイズの中央値(真ん中の値)に近いサイズを選ぶことがポイントになってきます。


例えば自分の足首のサイズが20cmだった場合。

サイズ足首ふくらはぎ長さ
S~M18cm~22cm29cm~35cm37cm
M~L20cm~24cm32cm~38cm38cm

↑このサイズの着圧ソックスだったら「S~M」を選ぶと失敗しにくいということです。

足首のサイズがどっちの中央値にも近い場合は、ふくらはぎや太もものサイズも合わせて総合的に判断してみましょう。

3:用途ごとに購入する

妊娠中の着圧ソックスを使う場面は

  • 昼間
  • 寝てる時

など、さまざまですよね。

昼には昼に適した圧力、寝てるときには寝てるときに適した圧力があるため、1つの着圧ソックスで1日中対応するのは難しいです。

昼には昼の着圧ソックス、寝てるときには寝てる時用の着圧ソックスを使い分けするのがいいですね。


関連記事⇒妊娠している人は着圧レギンスを履けるの?

スポンサーリンク

妊娠中の着圧ソックスのサイズの選び方まとめ

妊娠中に履く着圧ソックスのサイズの選び方をご紹介しました。

  • 自分の足回りのサイズを測る
  • サイズ表で迷ったら足首のサイズを優先する(中央値に近いサイズにする)

特にサイズ表を確認することはとっても大切!

少し面倒かもしれませんが、サイズ選びを間違えてしまうとせっかく買った着圧ソックスが無駄になってしまいます。

しっかりサイズを確認してから購入するようにしたいですね^^


産後に履く着圧ソックスはキュッとする力が強いものを選ぶ方が多いです◎

テキストのコピーはできません。