冷凍みかんの作り方!皮なしと皮あり別に紹介

冷凍ミカンの作り方!皮あり皮なしで紹介

冷凍みかんを作るとき、皮なしと皮ありどっちが良いのかな?

みかんをそのまま食べるのに飽きたり、常温での日持ちが気になったりしたときにおすすめな冷凍みかん。

みかんは冷凍することで甘みが増しておいしいスイーツになりますし、常温のみかんよりも日持ちしていいことばかり♪

ですが、冷凍みかんを作るときに悩むのが「皮はどうしたら良いのか」ですよね。

皮ありと皮なしでは、作り方や味に大きな違いはあるのでしょうか?

そこで今回は

  • 冷凍みかんを皮なしで作るときの方法とコツ
  • 冷凍みかんを皮ありで作るときの方法とコツ
  • 冷凍みかんの皮なしと皮ありでの味の違い

この3つのことについてまとめました!

スポンサーリンク

冷凍みかんを皮なしで作るときの方法とコツ

冷凍ミカン

冷凍みかんは、皮なしで作ると冷凍庫から取り出してすぐに食べられるのでとてもお手軽ですよね^^

冷凍みかんを皮なしで作るときの手順はコチラ!

  1. まずは丁寧にみかんの皮を剥く
  2. 皮を剥いたら丸ごとラップに包む
  3. ②を金属製のトレイに乗せて冷凍する
  4. 凍ったらジップロックなどの保存袋に入れて冷凍保存する

難しいこともなく、とても簡単ですね♪

皮なしの冷凍みかんは、デザートやスイーツ作りで使うときはそのまま1房ずつ分けるだけなのでとても便利です。

冷凍みかんを皮なしで作るときのコツ

冷凍する際は1房ずつ分けるのでなく「丸ごと」冷凍するのがコツです。

1つ丸ごと冷凍した方が、乾燥しにくくみかんのおいしさをそのまま冷凍できます。

また、ラップで包むときはみかんにフィットするように包むのがポイント。

ラップのはじをねじるように包めば、余計な空気が入り込みませんよ^^

薄皮についてる白い筋はどうする?

みかんの薄皮についている白い筋は、取り除かずにそのまま冷凍してOKです◎

白い筋は普通にみかんを食べると口に残る繊維っぽさがありますが、冷凍するとあまり気にならなくなりますよ。

白い筋にはポリフェノールの1種であるビタミンPや食物繊維の1種であるペクチンが豊富に含まれています。

免疫アップや整腸作用があって健康に良いので、白い筋もそのまま食べちゃいましょう^^

スポンサーリンク

冷凍みかんを皮ありで作るときの方法とコツ

冷凍ミカン

冷凍みかんは皮ありで作ることで、みかんそのままのおいしさをより感じることができます。

冷凍みかんを皮ありで作るときの手順はコチラ!

  1. まずはみかんを洗い、キッチンペーパーでキレイに拭く
  2. みかんを金属製のトレイに乗せて冷凍する
  3. 凍ったらみかんを取り出し、水にくぐらせる
  4. もう一度冷凍庫に入れて凍らせる
  5. 凍ったらジップロックなどの保存袋に入れて冷凍保存する

皮を剥く手間も特別な道具もいらず、簡単に作れるのが嬉しいですね♪

冷凍みかんを皮ありで作るときのコツ

冷凍みかんを皮ありで作るときのコツは、1回冷凍させたら水にくぐらせて再冷凍することです。

水にくぐらせて2回凍らせることで、皮の表面に薄い氷の膜が作られ、みかんが乾燥しにくくなります。

このひと手間をかけることで、冷凍してもジューシーでおいしい冷凍みかんを楽しめますよ^^

皮を剥くときは半解凍状態にする

冷凍みかんの皮ありを作ったはいいけど、凍った状態のみかんの皮は固くて剥きにくいですよね。

無理に剥こうとすると、皮がボロボロになったり指先が痛くなったりして困ってしまいます^^;

冷凍みかんの皮は、常温に30~40分ほど置いて半解凍状態にしてから剥くのがおすすめです。

すぐに冷凍みかんを食べたいときは、水やぬるま湯に少しつけてから剥いてもOK!

水やぬるま湯につける時間が長時間でなければ、中身は凍ったままなので冷凍みかんをおいしく食べられます。

スポンサーリンク

冷凍みかんの皮なしと皮ありでの味の違いを調査

はてな

冷凍みかんの皮なしと皮あり、味に違いがあるのか気になりますよね!

調査した結果、次のような違いがありました。

  • 皮ありの方がジューシーさがある
  • 皮なしはシャリシャリとしてアッサリしている

皮つきの方が、みかんのみずみずしさを保っていられるようですね^^

冷凍のしかたもありますが、皮が実を包むラップのような役割をしているのでおいしさをよりキープできるのでしょう。

皮なしはアッサリしたシャーベットのようなおいしさや食感があるので、お好みで食べ分けたいですね♪

また、皮なしは冷凍庫から出してすぐに使えるので、スイーツにトッピングしたりアレンジレシピに利用したりできますよ。

スポンサーリンク

冷凍みかんの作り方!皮なしと皮ありでは食感が違うまとめ

  • 冷凍みかんを皮なしで作るときは、1房ずつ分けずに1つ丸ごと冷凍する
  • ラップはねじるように包むのがポイント
  • 白い筋は冷凍したら気になりにくくなるし、栄養満点なのでそのままにする
  • 冷凍みかんを皮ありで作るときは、1回凍ったら水にくぐらせて再冷凍する
  • 皮ありの冷凍みかんは半解凍状態にしてから皮を剥く
  • 冷凍みかんの皮ありはジューシーさがあり、皮なしはシャリシャリとした食感でアッサリとした味わいになる

冷凍みかんは、皮なしでも皮ありでも作り方がとても簡単!

味や食感のお好みで、どう冷凍するか作り分けるのがおすすめ。

作り方のコツを押さえておけば、誰でもおいしい冷凍みかんを作れますね^^

関連記事:

テキストのコピーはできません。