食洗機用洗剤を間違えて買っても普通に使える?消費する方法も紹介

食器用洗剤を間違えて買った

スポンサーリンク

毎日の食器洗いに欠かせない洗剤。

お店に行くといろいろな種類の食器用洗剤が並んでいるから、よく確認しないと食洗機用洗剤を間違えて買ったなんてことが起きてしまいます。

そんなとき、気になるのは食洗機用洗剤は普通に使えるの?ということ。

「手洗いで使うか食洗機で使うかの違いだけでしょ?」と思うかもしれませんが、食洗機用洗剤を普通に使おうと思うと少し注意が必要なんです。



今回は、食洗機用洗剤を間違えて買った場合の対処法について、食洗機用洗剤を消費する方法についてまとめました。

食洗機用洗剤を間違えて買っても普通に使える?

食洗機用洗剤と普通の洗剤

食洗機用洗剤を間違えて買った場合、返品もできないとなると捨てるのももったいないですよね。

食洗機用洗剤は普通の食器洗いに使うことはできるけど、使う際には注意が必要です。

食洗機用洗剤は泡立たない

普通の食器用洗剤って、スポンジに少しつけてクシュっとするだけで泡立ちますよね。

しかし、食洗機用洗剤はあえて泡立ちにくく作られています。

その理由は、モコモコと泡立ってしまうと食洗機の洗浄ノズルが回転不良を起こしたり不具合が起きてしまうため。


ですので、普通の食器用洗剤の泡立ちの良さを求めて食器用洗剤を使うと「あれ?」と感じることでしょう。

食洗機用洗剤は素手で使うと手荒れしやすい

食洗機用洗剤は、高温のお湯と強い水流で洗うことを前提に作られています。

素手だとピンポイントで汚れを狙えますが、食洗機ではそうもいきません。

ですので大事なのは洗浄力。

食洗機で使った時に汚れ落ちがいいことを優先して作られているため、洗浄力が高くなっています。

そのため、普通の食器用洗剤のように素手で使うと手荒れしやすいんです。

食洗機用洗剤を普通の洗剤として使うならつけおきがおすすめ

食洗機用洗剤は機械である食洗機で使うのを前提に作られているので、泡立ちが悪く洗浄力も強いです。

普通の洗剤として使うと使い勝手があまりよくないので、おすすめはつけおき洗いに使うこと!

洗い桶や鍋の中にぬるま湯と少量の食洗機用洗剤を入れて、こびりついた汚れのある食器をつけておきましょう。

可能であれば高温のお湯を使うとより汚れが落ちやすくなります。


ただし、つけおき時間は1時間以内にしてください。

長時間のつけおきは食器にダメージをあたえるほか、細菌の繫殖を促してしまいます。

食洗機用洗剤は洗浄力が強く1時間もかけなくても汚れが落ちやすくなっているはず。

初めて食洗機用洗剤でつけおきする場合は、まず短い時間から試してみてくださいね。

スポンサーリンク

食洗機用洗剤を消費する方法

食洗機用洗剤は掃除にも使えます!

つけおき洗いに使用するよりも一気に消費できるので、使い道に困った食洗機用洗剤があれば掃除に使って家中ピカピカにしちゃいましょう^^


食洗機用洗剤には中性と弱アルカリ性の2種類ありますが、液性の種類によって得意な汚れが変わります。

持っている食洗機用洗剤が中性なのか弱アルカリ性なのか、パッケージをよく確認しましょう。

中性の食洗機用洗剤・頑固でない軽い汚れに効果的
・壁紙や無塗装の家具には使えない
弱アルカリ性の食洗機用洗剤・油汚れ、皮脂汚れ、手垢に効果的
・アルミ素材、木製品、水洗いできない箇所には使えない

弱アルカリ性の食洗機用洗剤は洗浄力が高いのが特徴。

特に油汚れや皮脂汚れに強く、キッチン周りのベタベタとした油汚れをなんとかしたい!というときにおすすめ。

忠征の食洗機用洗剤は手肌に優しい分頑固な汚れを落とすのは大変ですが、軽い汚れには効果的。

日々の拭き掃除にぴったりです。


掃除に使う時はあらかじめスプレーにしておくと使い勝手がよくおすすめです。

  1. スプレーボトルに200mlの水と食洗機用洗剤を1滴または小さじ1/2入れてよく振る
  2. 気になる汚れにスプレーして拭く
  3. 仕上げに水拭きする

作ったスプレーは1ヶ月を目安に使い切ってくださいね。


食洗機用洗剤を掃除に使った場合水拭き必須ですが、お風呂場やトイレなど水で流せる場所であれば水拭きはいりません。

弱アルカリ性の食洗機用洗剤を使う場合、肌の弱い人は念のために手袋等で肌をガードしておくと安心です^^

スポンサーリンク

まとめ:食洗機用洗剤を間違えて買った場合普通に使うには注意が必要

  • 食洗機用洗剤は泡立ちが悪く洗浄力も強いので、普通の食器洗いに使用すると使いにくく手荒れしやすい
  • 食洗機用洗剤を普通の食器洗いに使う場合はつけおき洗いがおすすめ

食洗機用洗剤を間違えて買った場合、捨てるのももったいないですよね。

ただ、食洗機で使うことを前提に作られている食洗機用洗剤は洗浄力が強く、そのまま使うと手荒れを起こしてしまいます。

食洗機用洗剤を使うときは手袋をして手肌をガードしましょう。

食器洗いに使うのもいいですが、掃除用洗剤として使うと一気に消費できます。

わざわざ掃除用洗剤を用意しなくてもいいので、余ってしまった食洗機用洗剤がある人もぜひ試してみてください!

関連記事:食洗器用洗剤と普通の洗剤の違いは?なくなったときの代用品も調査

テキストのコピーはできません。