ステンレスタンブラーを使うメリットは?選び方とおすすめの商品も紹介

ステンレスタンブラーを使うメリット!選び方についても

スタバやタリーズなどコーヒーショップに行くと、ステンレスタンブラーが販売されています。

季節限定のデザインなどかわいくて惹かれますが「頻繁にコーヒーを飲む人じゃないと持つ意味がないんじゃないの?」と思うかもしれません。

しかし、ステンレスタンブラーは外で使うだけでなく自宅で飲み物を飲むときにも便利なアイテム。

ステンレスタンブラーを使うメリットは思った以上にあるんです。

一度使いだすと、ステンレスタンブラーのない生活は考えられなくなるかも。


そこで今回は、ステンレスタンブラーを使うメリットやおすすめのステンレスタンブラーについてまとめました。

スポンサーリンク

ステンレスタンブラーを使うメリット

タンブラー

ステンレスタンブラーを使うメリットは全部で3つ。

  • 保温・保冷効果があること
  • 結露しないこと
  • コーヒーショップで割り引きしてもらえること

それぞれ詳しく見ていきましょう。

保温・保冷効果がある

ステンレスタンブラーの一番のメリットは、保温・保冷効果があることではないでしょうか?

ステンレスタンブラーは2重構造になっており、間にある真空の空間が断熱の役割を果たしています。

中に入れた飲み物が外気影響を受けにくいため、いつまでも飲み物の温度を保つことができるんです。


温かい飲み物はいつまでも温かいまま・冷たい飲み物はいつまでも冷たいまま。

冷たい飲み物は、より冷たくするために氷を入れることもあったかと思いますが、氷を入れなくてもずっと冷たさをキープできるのは嬉しい!

氷が入るとどうしても飲み物が薄まってしまいますからね。


保温効果ももちろんですが、保冷効果を期待して買う人が多いようです。

ステンレスタンブラーのことを『持ち運べる冷蔵庫』と呼ぶ人がいましたが、なるほどな~と感心してしまいました。

結露しない

夏はグラスにたっぷり氷を入れてアイスカフェオレを楽しむのが私の日課^^

でも、氷を入れれば入れるほどグラスに結露が発生しちゃって、テーブルがビシャビシャに…。

大事な書類や本が濡れることもあって困っていたんですが、氷を入れたら結露は仕方のないことだと思っていました。


でも、ステンレスタンブラーなら結露に困らされてしまうこともないんです。

飲み物の入ったグラスに結露が発生するのは、温度差の影響です。

しかし、ステンレスタンブラーは2重構造になっており、中に入れた飲み物と外気が触れることはなく温度差が発生してしまうことはありません。

ステンレスタンブラーならどんなに氷をたっぷり入れても結露が発生することはないんですね。


コースターを用意する必要もなく、どこでも気軽に冷たい飲み物を飲むことができますよ◎

コーヒーショップで割引してもらえる

ステンレスタンブラーに限ったことではないのですが、スタバやタリーズなど多くのコーヒーショップではマイボトルを持参すると商品代金を割り引きしてもらえます。

各種コーヒーショップでの割り引き額はこちら↓

スターバックス20円引き
タリーズコーヒー30円引き
エクセルシオールカフェ20円引き

コーヒーショップによっては、各種割引やチケットとは併用できないこともあるので、お店で確認するようにしましょう。

『店舗で購入したタンブラーやマグカップでないといけない』という決まりはありません。

自分が普段家で使っているステンレスタンブラーでももちろん大丈夫!


ちなみに、安くておいしいドトールコーヒーでは、マイボトルに飲み物を入れて貰うことはできますが、割り引きはありませんでした。

ただ、割り引きがないとしてもマイボトルを持参することはごみを減らすことにも繋がります。

環境のためにも、ステンレスタンブラーをはじめマイボトルを持ち歩くというのはいいことですよね^^

スポンサーリンク

ステンレスタンブラーの選び方

ステンレスタンブラー

ステンレスタンブラーのメリットを知ると「自分も欲しい!」という気持になりますよね。

とは言っても、ざっと調べるだけでいろんな種類のステンレスタンブラーがあって、いったいどれを買ったらいいのか迷うことも…。

そこで、自分にあったステンレスタンブラーの選び方をまとめました。

大きさは自分の飲む量に合わせて

ステンレスタンブラーはいろいろな大きさがありますが、自分が一度にどのくらいの量を飲むかで大きさを決めましょう。

1日にコーヒーや紅茶などいろんな種類の飲み物を飲むのであれば、その都度中身を入れ替えるので大きさは350mlで十分だと思います。

反対に、コーヒーだけをたっぷり飲むように飲むものが決まっているのであれば、たっぷり大容量サイズの450ml以上を選ぶのがおすすめです。

都度飲み物を用意する手間がかからないので、作業が中断されてしまうこともありません◎


スタバでフラペチーノをステンレスタンブラーに入れてもらいたいのであれば、フラペチーノの量より多い容量のステンレスタンブラーを選ぶようにしましょう。

スタバのフラペチーノをタンブラーに入れてもらう方法については、詳しくはこちらの記事で紹介しています!

外でも使うのであれば密閉できるものを選ぼう

ステンレスタンブラーを外でも使うのであれば、きちんと密閉できるかどうかが大切。

フタ付きのステンレスタンブラーもありますが、いざというときのために倒れても中身がこぼれないようなきっちりと密閉できるものを選ぶと安心です。

取っ手付きは作業の合間でも飲みやすい

無駄な装飾が一切ないシンプルなステンレスタンブラーも素敵ですが、取っ手が付いたステンレスタンブラーもおすすめ。

取っ手があることで片手でも持ちやすく、飲んでいるときも安定します。

手が小さい人は取っ手付きのステンレスタンブラーのほうが安心して飲めますね^^

スポンサーリンク

ステンレスタンブラーのおすすめの商品

ステンレスタンブラーのおすすめの商品をまとめました。

シンプルなものから機能的なものまで、種類はいろいろ。

自分にあったステンレスタンブラーを選ぶときの参考になると嬉しいです^^

自宅で使う人にぴったり:サーモスステンレスタンブラー

保温・保冷効果は抜群で、さすがサーモスといったところ。

6時間たっても氷が溶けないとのことで、ぬるい飲み物が許せないなんて人にもおすすめ。

口が広いので中が洗いやすいのもポイントです。

外でも使う人にぴったり:象印ハンドルタイプタンブラー

しっかり密閉できるフタ&ハンドル付きで、外でタンブラーを使う人におすすめな商品です。

個人的に嬉しいのは、パッキンがないシームレスタイプのフタだということ。

象印ならではの『シームレスせん』はフタとパッキンが一体になっているので、パッキンをなくした・つけ忘れたなんて心配がありません。

パッキンをつけ忘れていつの間にか水筒が漏れていた…なんてことが一度や二度じゃない私にとって、この『シームレスせん』はとっても魅力的です^^

スポンサーリンク

ステンレスタンブラーを使うメリットまとめ

  • ステンレスタンブラーを使うメリットは、保温・保冷効果があること・結露しないこと・コーヒーショップで割引してもらえること
  • ステンレスタンブラーを選ぶときは、自分がどのくらい飲むか・外でも使うのかどうかを考えて選ぶといい

一度使うともう普通のグラスやコップは使えなくなるほど、メリットが魅力的なステンレスタンブラー。

多少値段はするかもしれませんが、自分の好みにあったステンレスタンブラーを選んでくださいね。

毎日の生活がちょっと楽になるかもしれません^^

テキストのコピーはできません。