手持ち花火をやっていい場所はどこ?自宅の駐車場でもアウト?

手持ち花火をやっていい場所は?自宅の駐車場もアウト?

夏の風物詩の花火。

お祭りの打ち上げ花火まではいかなくても、自分たちで手持ち花火をするだけでも思い出になりますよね^^

ただ、いざ手持ち花火をしようと思ったときに気になるのは手持ち花火はどこでできるのか?ということ。

手持ち花火をやっていい場所というのは自治体によって違うと思うのですが、どこで調べることができるのでしょうか?

そこで今回は、手持ち花火をやっていい場所はどこか、手持ち花火がどこでできるのか調べてまとめました。

スポンサーリンク

手持ち花火をやっていい場所はどこ?どこでできるか調査

手持ち花火

手持ち花火を買ってきたけど、マンションだからできる場所がない…。

いざ手持ち花火をやろうと思っても、「花火禁止」の看板があったり、いったいどこでできるのか分からない…。

そんな人のために手持ち花火をやっていい場所を調べました!

公園

手持ち花火をやっていい場所としてまず思い浮かぶのは、公園ではないでしょうか?

公園は昼間や土日こそ人がたくさん集まりますが、花火をするような夜になるとめっきり人出もなくなりますよね。

花火を楽しむにはぴったりの場所ですが、花火をしていいかどうかは公園のある自治体によって変わります。

私の住んでる自治体では、『午後10時までなら手持ち花火に限り公園でやってもいい』とのこと。

打ち上げ花火や爆竹など、大きな音のでるものは終日禁止となっていました。

また、公園によっては手持ち花火含む一切の火気厳禁のところも。



公園で手持ち花火をやっていいかは自治体の条例によって変わります。

「住んでいる地域 公園 花火」で検索すると、手持ち花火をしていいか分かると思うので、一度確認してみてください。

キャンプ場・バーベキュー場

自分たちで火を起こしたり調理ができるキャンプ場やバーベキュー場。

火気を使っているわけですから、公園より花火をしやすそうですが実際はどうなのでしょうか?



調べてみると、多くのキャンプ場やバーベキュー場では手持ちに花火に限り許可しているところが多かったです。

しかし、キャンプ場やバーベキュー場で手持ち花火をするにはいくつかルールがあります。

  • キャンプ場なら消灯時間までに手持ち花火をやるのを終わらせること
  • 後片付けをきちんと行うこと
  • 周りの人に配慮すること

などといったもの。

正確なルールはキャンプ場やバーベキュー場によって違いますが、公園と同じように花火ができる時間が限られているようでした。

大自然の中で手持ち花火なんて思い出に残りそうですが、ルールを守って楽しみたいですね^^

事前にキャンプ場やバーベキュー場のHPをチェックしておくのを忘れずに!

海岸・河川敷

海岸や河川敷など、「水のすぐそばなら火事も起きにくいから手持ち花火もいいでしょ?」と思うかもしれません。

調べてみると、多くの海岸や河川敷では『手持ち花火ならやってもいい』というところが多かったです。

ただ、中には手持ち花火をする人のマナーの悪さのため、全面的に禁止している場所もありました…。

海岸では「海水浴の時期は17時まで花火禁止」といったルールがあるところも。

基本的に、手持ち花火であっても他の人の迷惑にならないようにすることが大前提です。

大抵海岸や河川敷には禁止事項や注意事項が記載された看板が立っているはずなので、看板をよく確認してマナーを守って花火を楽しみましょう!

スポンサーリンク

手持ち花火は自宅の駐車場でもアウト?

自宅の駐車場

自宅の駐車場なら自分の家の敷地内ですし、手持ち花火をしても問題はないと思うかもしれません。

しかし、「自宅の駐車場で手持ち花火をしていたらご近所さんから苦情があった」なんて話は、実は珍しくないんです。

手持ち花火をする時間は夜なので、その時間に騒いでいたらもちろんご近所迷惑となり苦情がくるのも仕方ないですよね。

騒音以上に迷惑がられるのが手持ち花火の煙や匂い

花火をやる夏場は窓を網戸にしている家も多く、そうすると花火の煙や匂いが家にまで入ってくる…。

花火の煙や匂いを不快に思う人もいるということは覚えておいたほうがいいでしょう。

自宅の駐車場で手持ち花火をやっていいかは地域性も大きいかと思います。

昔からご近所さんが顔なじみで子どももたくさんいる、そんな地域だったらご近所さんを誘ってみんなで手持ち花火もできそうですが、普段からあまりご近所付き合いがない場合だと、自宅の駐車場であっても手持ち花火をするのは止めておいたほうがいいかもしれません。

自宅の駐車場や敷地内で手持ち花火をするのであれば、最近では煙が少ない・匂いが出ない手持ち花火も販売されているのでそういった機能性のある花火を選ぶようにしましょう。

そして、可能であれば手持ち花火をする旨を事前に伝えられたら、トラブルも起きにくいのではないでしょうか?

私の実家はとっても田舎で周りに家が全くなかったので、子どものころは夜になると庭で手持ち花火をやっていました。

そんな風に手持ち花火ができたらいいですが、残念ですが今は難しいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

手持ち花火をやっていい場所まとめ

「花火は公園ではできない」と思っていましたが、手持ち花火なら時間を決めて許可している公園が意外に多かったです。

自宅の駐車場で手持ち花火をやると思わぬご近所トラブルに発展することもあるので、手持ち花火ができる公園を探して楽しむのがおすすめです。

水を用意する・ゴミは持ち帰る・大声で騒がないといった基本的なマナーを守って、手持ち花火を楽しんでくださいね^^

テキストのコピーはできません。