ワタナベマホトの本名や漢字は?名前の由来も調査

ワタナベマホトの本名や漢字は?名前の由来も

ワタナベマホトさんはYouTuberとして活動されていますが「ワタナベマホト」って本名なのでしょうか?

また、本名だった場合どんな漢字を書くのか、更に名前の由来がとても気になります!

今回はワタナベマホトさんの本名や名前の漢字、由来についてまとめています。

ワタナベマホトの本名や漢字は?

ワタナベマホトさんは本名で活動していることがわかっています!

漢字で書くと本名は「渡邉摩萌峡」

「わたなべ」という漢字にはたくさんの種類がありますが、ワタナベマホトさんは動画の中で「自分の名字の漢字は渡邉」であることを話していました。

全国の「ワタナベ」にマジで怒ってます


下の名前に関しても、ファンの方に漢字を聞かれて「摩萌峡」と答えていました。

このことから、ワタナベマホトさんの本名は「渡邉摩萌峡」であることがわかりますね!


友達の結婚式ではカードの名前を間違えられてしまったというエピソードも披露しています。

名字と名前で一文字ずつ違っているのがわかります^^;

ただ、結婚式の前は招待状が送られてきたりするので…その時点で名前に間違いがあれば修正してもらうことも出来たのかなと。

印刷ミスか、もしくはお友達が純粋にマホトさんの名前を間違えていたか、マホトさんが招待状の名前を確認していなかったのか…><

名字は漢字の組み合わせがたくさんある「ワタナベ」

下の名前も珍しい名前なので、これまでの人生でも名前を間違えられることはたくさんあったかもしれませんね><


ちなみに「マホト」の名前のアクセントは

マホト●  じゃなくてマホト ● のようですね。
スポンサーリンク

ワタナベマホトの名前の由来は?

摩萌峡というお名前は珍しいですが、名前の由来がとっても気になりますよね。

マホトさんのお名前はお父さんがつけたそう。

お父さんが小さい頃にマホトさんのおじいちゃんに連れて行ってもらった場所に思い入れがあって、その土地の名前から取られているとのこと。

摩萌峡の「摩」は多摩の「摩」なんですって。

マホトさんのお父さんが奥多摩に行ったときの景色が、とても綺麗で萌えていて…というのが本当の名前の由来のようです。

当て字のようだけど意味が込められている名前だと動画の中で話していました^^

マホトさんは自分の名前をとっても気に入っているようで「せっかく親が付けてくれた名前だから」と過去の動画でも話していました。

マホトに舞妓インタビューを急に仕掛けたらどうなる?!
スポンサーリンク

ワタナベマホトの本名や漢字は?名前の由来もまとめ

ワタナベマホトさんの本名は「渡邉摩萌峡」さん。

名前はお父さんがつけてくれたそうで、由来はお父さんが奥多摩に行ったときに見たきれいな風景から来ているようでした。

ワタナベマホトさん本人もとても気に入っている名前のようでした^^

テキストのコピーはできません。