ホールケーキの冷蔵庫での保存方法は?箱なしや入らないときの対処法も!

ホールケーキ冷蔵庫の保存方法!箱無しや入らないときの対処法も

大きなサイズのホールケーキってそれだけでテンションが上がります。

誕生日やクリスマスなどのイベントなど、特別なときに食べることが多いからか、非日常感がでますよね♪

そんなホールケーキ、ワクワクして買ってきて「さあ冷蔵庫に入れよう!」となったとき、気づくんです。

「あれ、これ入らないかも…」と。

思ったよりホールケーキが大きくて冷蔵庫に入るスペースがなかったこと、私以外にも経験してる人はたくさんいるはず…!

ホールケーキが冷蔵庫に入らないときはどうしたらいいのでしょうか?

そもそも、ホールケーキの冷蔵庫での正しい保存方法ってどうしたらいいか気になりますよね。

そこで今回は、

  • ホールケーキを冷蔵庫で保存する方法
  • ホールケーキの箱がない時の冷蔵庫での保存方法
  • ホールケーキが冷蔵庫に入らないときの保存の対処法

3つについてまとめました。

スポンサーリンク

ホールケーキを冷蔵庫で保存する方法

ホールケーキ

ホールケーキは冷蔵保存が基本です。

生クリームやフルーツを使ったケーキは温度変化に弱いもの。

特に、生クリームは気温が高いところに置いておくとドロドロに溶けてしまいます。

せっかくのデコレーションが台無しになるのはもったいないですよね><

なので、基本的に買ってきたらすぐに冷蔵庫に入れるようにしましょう。

手作りの場合も同じで、デコレーションが済んだものは食べるまで冷蔵庫の中で保存します。

ホールケーキを冷蔵庫で保存するとき、多くの人は箱のまま入れると思いますが、これはNG!

箱は紙でできていますが、紙は水分を吸う性質があります。

ホールケーキを紙箱に入れたままにすると、生クリームやスポンジの水分を吸収して乾燥させてしまうんです。

紙箱はホールケーキを乾燥から守ってくれてると思っていましたが、実は反対だったんですね。

さらに、紙はニオイを吸いやすいので、ホールケーキに冷蔵庫の中の他の食べ物のニオイをつけることも。

せっかくの生クリームやフルーツやスポンジの甘い香りがなくなってしまうのは嫌ですね^^;

なので、ホールケーキをおいしいまま保存しておくなら、箱から出して冷蔵庫に入れるのが鉄則です◎

スポンサーリンク

ホールケーキの箱がない時の冷蔵庫での保存方法

ホールケーキ

とはいえ、箱なしでどうやってホールケーキを冷蔵庫に入れたらいいのか分かりませんよね。

そのままだとそれこそ乾燥するし、ホールケーキのデコレーションが冷蔵庫内で他のものにつくことだって避けたいもの。


そんなときは、ラップやボウルなど、家にあるものを使ってホールケーキを守りましょう!

  • ボウルを使う方法
  • 竹串とラップを使う方法

ボウルを使う方法

まず、ホールケーキを大きなお皿に乗せます。

お店で買ってきたホールケーキで下に台座があるものはそのままでも大丈夫です。

そこに、大きめのボウルを上からかぶせるだけ。

ボウルがなければ、ざるをかぶせて上からラップで覆う方法もあります。

ホールケーキにあたらないような大きなボウルやざるが必要ですが、すっぽりかぶせるだけなので楽に乾燥やニオイからホールケーキを守ることができますよ。

爪楊枝とラップを使う方法

我が家にはホールケーキを覆えるような大きいサイズのボウルはないので、ホールケーキはいつも上からラップをかぶせるだけ。

手軽な方法ではありますが、どうしてもホールケーキの側面にラップがあたってデコレーションが崩れちゃってたんですね。

仕方ないことではありますが、やっぱりせっかくのホールケーキは、きれいなまま保存しておきたい。

そんなとき、いい方法を発見しました!

それがこの爪楊枝とラップを使う方法です。

Cpicon 箱が無くても大丈夫!ケーキの保存方法☆ by さなっち♪



側面に刺した爪楊枝がラップの支えになるので、デコレーションが崩れることもありません

爪楊枝を刺した後は多少残りますが、デコレーションがきれいなままなことを考えると許容範囲ではないでしょうか。

箱に入れて保存するよりおいしさをキープできるので、これからはこの保存方法が定番になりそうです^^

スポンサーリンク

ホールケーキが冷蔵庫に入らないときの保存の対処法

ホールケーキが冷蔵庫に入らない

ホールケーキに使われている材料はどれも傷みやすいものばかり。

冷蔵庫で保存が基本ですが、どうしても冷蔵庫の中にスペースがなくてホールケーキが入らないときってありますよね。

ホールケーキの種類によっては、すぐに冷蔵庫に入れなくても平気なものもあります。

例えばシフォンケーキ・ベイクドチーズケーキ・ガトーショコラといった、オーブンでしっかり焼き上げる『焼き菓子』に分類されるケーキです。

生クリームやフルーツを使っていないことが条件にはなりますが、涼しい季節なら半日程度は冷蔵庫に入れなくても大丈夫。

その間に冷蔵庫内にスペースを作っておいて、空いたら冷蔵庫に入れるようにするといいですね。


ただし、気温や湿度が高い季節はいくら焼き菓子に分類されるケーキでも常温保存だと傷んでしまいます。

そもそも、生クリームのホールケーキだとどの季節でも常温で置いておくのは危険。

そんなときは、クーラーボックスを使いましょう。

ホールケーキは『箱から出して保存する方法』で紹介した方法で、ボウルなりラップなりかぶせます。

それをクーラーボックスに入れるだけ。

一緒に保冷剤や氷を入れておくと温度が上がりにくくなるので必ず入れてください。

丸一日このまま保存するのは厳しいですが、3~4時間程度なら問題ありません。

要冷蔵のケーキは『10℃以下で保存』できてたら大丈夫ですからね。

私の実家は雪国で、冬は暖房が入っていない部屋は外と同じような室温でした。

それぐらい部屋の中が冷えていたら、常温で置いておいても大丈夫!

住んでいる場所によって環境は変わるので、「明らかに外と同じくらい寒い」なら部屋に置いておくのもありです。

食べる前にはニオイを確認して、傷んでないかのチェックを忘れずに!

スポンサーリンク

ホールケーキの冷蔵庫での保存方法まとめ

  • ホールケーキを冷蔵庫で保存するときは、ニオイ移りや乾燥を防ぐために箱から出して冷蔵庫に入れる
  • ボウルや爪楊枝とラップを使えば、箱がなくてもホールケーキをきれいに保存しておける
  • ホールケーキが冷蔵庫に入らない場合は、クーラーボックスに保冷剤と一緒に入れる

ホールケーキを冷蔵庫に入れるときは箱から出すのが新常識◎

箱に入れたままのほうが乾燥しやすくニオイもつきやすいのはびっくりですよね。

爪楊枝を使った保存方法は目から鱗!

ホールケーキを保存するときは試してみてくださいね^^

関連記事:生クリームケーキの賞味期限はどれくらい?日持ちさせる保存方法も紹介!

テキストのコピーはできません。