やっぱりステーキといきなりステーキはどっちが先?違いはなに?

やっぱりステーキといきなりステーキはどっちが先?

ステーキ店といえば「いきなりステーキ」のイメージがある方も多いかもしれませんが、2020年に東京に進出した「やっぱりステーキ」がおいしくて安いと話題になっています。

名前が似ている2つのお店ですが、先に出店したのは「いきなりステーキ」。

立ち食いスタイルでがっつりとお肉を提供するのがいきなりステーキ。

セットのご飯やサラダ・スープが食べ放題でコスパがいいのがやっぱりステーキ。

今回はやっぱりステーキといきなりステーキの違いについてまとめています。

やっぱりステーキといきなりステーキはどっちが先

やっぱりステーキ
いきなりステーキ
  • 2015年2月に1号店がオープン(那覇)
  • 2013年12月に1号店がオープン(銀座)

いきなりステーキの方が1号店をオープンさせている時期が早いことがわかりました。

名前がなんとなく似ているためやっぱりステーキがパクリなのでは?なんて言われていたこともあるようです。

でも、お店のコンセプトや提供しているサービスが異なっているので違いを知ると「全然似てない」と感じます。

スポンサーリンク

やっぱりステーキといきなりステーキの違いは?

名前の印象が似ているやっぱりステーキといきなりステーキですが、コンセプトやサービス内容、提供メニューの注文方法や価格帯についても違いがあります。

コンセプトの違い

やっぱりステーキ
いきなりステーキ
  • お一人様・女性・学生・サラリーマンだれでも気軽に入れるお店を目指している
  • ビジネス街での立ち食い立ち飲みでステーキとワインを楽しめることがコンセプトでスタートした
  • ※現在は椅子がある店舗もある

やっぱりステーキの『やっぱり』には

  • やっぱりおいしい
  • やっぱりたべたい

そんな風に思ってもらえるお店にしたいという思いが込められているんですって(^^)


やっぱりステーキは若い人でも気軽にステーキを食べてほしいというコンセプト。

いきなりステーキはビジネス街で立ち食い立ち飲みスタイルで安くおいしいお肉を提供するスタイル。

ターゲットとしている層が違うことがわかります。

※いきなりステーキでは2020年2月から一部店舗でお子様ステーキの販売をしているそうです。

提供しているサービスの違い

やっぱりステーキ
いきなりステーキ
  • セットのご飯とスープ、サラダが食べ放題
  • 替え肉(お肉のおかわり)システム
  • 食券で注文
  • グラムで量り売りスタイル
  • 基本的に立ち食い(※椅子がある店舗もある)

いきなりステーキはお肉をグラムで量り売りスタイルで提供しています。

やっぱりステーキは注文できるグラム数が決まった状態でセットになっています。

お肉がおかわりできる替え肉システムって面白いですね(^^)

追加でお肉を食べたいときは別の種類に変えることもOKです!


立ち食いと座って食べるスタイル、注文方法、あとはセットのご飯やサラダなどが食べ放題になっている点も違います。


やっぱりステーキはゆったり座ってステーキを楽しみたい方に向いているように思います。

※分厚いステーキを提供するお店ということで、ファミリー向けではないように感じます。

出店場所の違い

やっぱりステーキ
いきなりステーキ
  • 沖縄を中心に全国展開中
  • 東京を中心に全国展開中

いきなりステーキは東京を中心にビジネス街に出店していることが多いですが、やっぱりステーキは沖縄を中心に全国に店舗数を拡大中です。


沖縄から上陸したステーキ店ということで、最近ではステーキ好きさんの間でも知られるステーキチェーン店になってきているんですって(^^)

どんどん店舗が増えているので、身近な場所で見かけるステーキ店になる日も近いかもしれません!

スポンサーリンク

やっぱりステーキといきなりステーキはどっちが先?違いはなに?まとめ

やっぱりステーキといきなりステーキは、いきなりステーキのほうが先に出店していました。

似ていると言っても名前が4文字で「◯◯◯り」の部分だけですよね(笑)

いきなりステーキにインスパイアされて名付けたのかもしれませんが、お肉の注文システムや価格帯、サービス内容は異なっています。

それぞれ良いところがあるので、両方食べ比べてみるのも楽しいかもしれませんね♪


テキストのコピーはできません。