子どもとお風呂がラクになる【ベビタブ】>>


朝ドラ【エール】窪田正孝がフラッシュモブでダンス?1話ネタバレ感想!

朝ドラエール1話感想

2020年3月30日から始まった朝ドラ【エール】

初回の始まり方がとっても斬新ということで話題に!

窪田正孝さんがフラッシュモブでダンスを披露していました^^

 

今回はあさドラ【エール】の斬新な始まり方に対する世間の声と1話感想をまとめました!

朝ドラ【エール】始まり方が斬新!窪田正孝さんがフラッシュモブでダンス!

どんな始まり方なのか楽しみに見ていたんですが、なんと紀元前からスタートしました!

 

エールは作曲家の人生を描いた物語ということで、音楽はずっと昔から人類とともにあるということを表現した始まり方でした。

 

窪田正孝さんがフラッシュモブでダンスをするシーンも^^

 

ダンスシーンはこちら

 

音楽とともにフラッシュモブを始めた男性(窪田正孝さん)が女性(二階堂ふみ)さんにプロポーズするのですが・・・

振られてしまいます。

 

こんな風に、どんなときにも生きていると音楽がともにあるよね!ということを説明するための演出が1話の冒頭では描かれていました。
(ストーリーとは直接関係ない)

 

NHKの朝ドラっぽくない初回に、ネットもザワザワ!

 

 

 

 

 

あさドラ【エール】1話の感想!

裕一の音楽がオリンピックの開会式に使用されるまでの道のりが、これから描かれていくということがわかる1話でした。

ストーリーとしては2話から見ても全然間に合う感じです^^

 

でも、それよりもなによりも、「音楽は人類とともにある」「音楽は素晴らしい」ことを表現する方法がとても斬新で、今までの朝ドラとはちょっと違う印象!

最初の4分半くらいが本編とは直接関係ないシーンでした!

 

紀元前の人も、テニス選手も、現代の若者も、全部窪田正孝さんと二階堂ふみさんが演じているのもネットがざわついた理由でしょうね^^

るーの
窪田正孝さんが朝からダンスを披露していて、そちらにもビックリ(笑)

 

ちょっとフラッシュモブのシーンは「モテキ」を思い出しました♪

 

1話の印象は「斬新」「フラッシュモブ」という感じ(笑)

音楽の素晴らしさをこれから描いていくよ!というのを印象づけるための1話だったのかな。

 

主題歌のGReeeeN「星影のエール」も聞いていてワクワクしました^^

 

まだ、始まったばかりなので、まだまだどんな風になっていくのかわかりませんが

ここからどんなストーリーが展開されていくのが楽しみですね^^

 

2話からは、いつもどおり主人公の子供時代が描かれるようで安心しました!

朝ドラ【エール】斬新な始まり方が話題!まとめ

紀元前からスタートした【エール】

斬新な始まり方でしたが、明日から通常の朝ドラモードになっていくんでしょうね^^

まだスカーレットから頭の切り替えが上手くできていませんが、2話以降も楽しみです♪

 

NHKプラスの料金は無料?使ってみた感想も NHKプラスの料金は無料?登録は住所と名前でスマホで見逃し配信も見れる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。