吉野家のタレの秘密は社員も知らない?原材料や再現レシピも!

吉野家のタレの秘密!原材料や再現レシピも

吉野家の牛丼はいつ食べてもおいしいですよね!

牛丼のおいしさのカギとなっているのが吉野家オリジナルの「タレ」


吉野家の中でもごく僅かな人しか作り方を知らない企業秘密のレシピで作られているんです!


今回は吉野家のタレの秘密や原材料、人気の吉野家の牛丼再現レシピについてまとめています。

吉野家のタレの秘密:レシピは厳重管理

吉野家のタレは門外不出のレシピで、作り方を知っているのは吉野家の中でもごくごく限られた一部の人だけなんですって(゚д゚)


埼玉県加須市にある吉野家の工場にはタレを作る極秘ルームがあって、中に入れるのは選ばれた社員数名だけ。


テレビ番組でタレ工場の内部に潜入レポートしていたときには、現場に行っていた芸能人の方がテレビで放送されたこと以外は口外しないと「誓約書」を書いている様子が映されていました。


それくらい厳重に管理されていて企業秘密の特別なタレであることがわかります。

タレの中に入っている特別な調味料は別の会社に発注。

社内でも、その調味料のレシピを知っている人は2人しか居ないそう(゚Д゚)

まさに秘伝と言われる秘密のレシピで作られてるんですね!

100年以上研究されて続けているタレは工場で作られたあと、各店舗でお肉と玉ねぎと煮ることで最大限のおいしさを発揮。

タレだけ食べてもあの吉野家の味はしないんですって(゚д゚)


牛丼として食べることを考え尽くされて開発されているんですね。


ちなみに、お店でタレとお肉と玉ねぎを調理して(煮込んで)作っているので、丁寧に味の調整をおこなうものの、お店ごとに多少味が違うそうです(゚д゚)


同じタレを使って調理しマニュアルもあるけれど、お店の回転率や仕込みのタイミングで味の濃さが多少変わることもあるとのこと。


それでも、いつ行ってもおいしいと牛丼が食べられるのは相当な研究を重ねているからなんでしょうね^^

吉野家のタレの秘密:原材料は?

吉野家のタレのレシピは門外不出なので全く同じ味にすることは難しいですが、原材料がわかれば近いものが作れるかも・・!

ということで、タレに使われている原材料を調べてみました。

吉野家は冷凍の牛丼の具を通販などで販売しているのですが、そこに原材料が記載されていました!

吉野家 冷凍牛丼の具のタレの原材料

  • 砂糖
  • 醤油
  • 粉末醤油
  • ワイン
  • 食塩
  • 醤油加工品
  • 生姜
  • オニオンエキス
  • にんにく
  • ホワイトペッパー


吉野家の牛丼のタレは白ワインをベースにした発酵調味料が使われていて、そこにしょうがや秘密の調味料を加えることで奥深い味を作り出しているとのことです。

※2020年10月4日放送の「坂上指原のつぶれない店」の中で

吉野家のタレに入っている秘密の調味料の中には「りんご」が使われていることがわかりました!

吉野家の牛丼のタレ再現レシピ

吉野家の牛丼は再現レシピもたくさんレシピサイトに投稿されています!

テレビでも紹介されることがありますよね^^

吉野家と全く同じレシピではないけれど、限りなく吉野家に近いということでテレビで紹介されるたびに話題になっています。

クックパッドで「つくれぽ(つくったレポート)」が多い再現レシピ↓

Cpicon 吉野家の牛丼を完全舌コピー by 順のダンナ
Cpicon 簡単時短15分☆絶品吉野家牛丼&牛皿再現 by あやまんくっきんぐ



料理家の稲垣飛鳥さんの吉野家風牛丼レシピ↓

テレビで大絶賛!「吉野家の牛丼」激似系レシピ「材料2つ」で簡単再現!



ダシに「ダシダ」を使ったり、昆布だしを使ったり、めんつゆを使ったり

それぞれ材料に少しずつ違いがあるのですが、どれも吉野家の牛丼に近い味ということで人気のレシピになっています。


とはいえ、再現レシピで作るのも面倒!

家で簡単に吉野家を食べたい!

そんなときにはやっぱり冷凍の具ですね♪

吉野家の牛丼は災害時にも食べられる!?

災害時でもいつもと同じ吉野家の味が食べられる、吉野家の牛丼の缶詰も発売されています。


まさか牛丼が缶詰になるなんて(゚д゚)

缶詰の材料は吉野家の店舗と同じものが使われています。

お米は「金のいぶき」を使用。

栄養価が高くおいしい非常食として注目されています!


豚生姜焼丼や焼き塩サバ丼なども缶詰になっています↓

吉野家のタレの秘密まとめ

  • 吉野家の牛丼のタレは企業秘密でごく僅かな社員しか作り方を知らない
  • タレだけで食べても牛丼の味にはならない
  • 各店舗で煮付けているため、タイミングなどで微妙に味が違う

吉野家の牛丼はとても身近な食べ物ですが、おいしさの決め手は秘伝のタレ!

企業秘密で守られてきたレシピが吉野家の人気を支えていました^^

テキストのコピーはできません。