アップルパイの日持ちはどのくらい?手作りと市販の保存方法を調査

アップルパイの日持ちはどのくらい?市販と手作りの保存方法のコツも

アップルパイフィリングと冷凍パイシートがあれば簡単に作ることのできるアップルパイ。

好きなだけアップルパイフィリングを詰めたら、思ったよりボリュームたっぷりのアップルパイができて食べきれないこともあります。

そんなときに気になるのはアップルパイの日持ち。

せっかく手作りしたアップルパイだから、おいしいうちに食べ切りたいですよね。


そこで今回は、アップルパイの日持ちについて、手作りと市販品と比べてまとめました。

スポンサーリンク

アップルパイの日持ちはどのくらい?

アップルパイ

手作りのアップルパイと市販のアップルパイは日持ちが変わります。

手作りのアップルパイ

手作りのアップルパイの日持ちは1~2日ほど。

アップルパイはオーブンで焼き上げる焼き菓子に分類されます。

しかし、中のアップルパイフィリングが水分量が多いため、同じ焼き菓子に分類されるガトーショコラに比べるとあまり日持ちはしないんですね。

特に中にカスタードクリームが入ったアップルパイは、カスタードクリームの分だけ傷みやすくなっています。

その日のうちに食べきるのがいいでしょう。

市販のアップルパイ

市販のアップルパイの日持ちは商品にもよりますが、賞味期限が2~4日間というものが多かったです。

各ブランドのアップルパイの賞味期限はこちら↓

ヤツドキ:製造日の翌日まで

RINGO:購入日の翌日まで

らぽっぽ:製造日から3日間

グラニースミス:製造日から4日間

パッケージに記載の賞味期限を確認してくださいね。

わりと日持ちのするお菓子ではありますが、パイのサクサクの食感を味わうためにはできるだけ早めに食べきるのをおすすめします!

スポンサーリンク

アップルパイの保存方法

アップルパイ

アップルパイは冷蔵庫で保存するのが基本です。

上記でもお話ししましたが、アップルパイは中のフィリングに水分が多いために傷みやすいお菓子です。

アップルパイを常温で置いておけるのは、アップルパイを焼き上げてから冷めるまで。

市販のアップルパイも、次の日に持ち越す場合は必ず冷蔵庫に入れましょう。

アップルパイの冷蔵庫での保存方法

  1. アップルパイが紙箱に入っている場合は紙箱から出す
  2. お皿に移してしっかりとラップをする

冷蔵庫の中は乾燥しやすいので、できれば切り分けないでホールのままアップルパイを保存するのがおすすめです。

小分けにした場合は1つずつラップで包むことで乾燥を防ぐことができますよ。

アップルパイの冷凍庫での保存方法

アップルパイは冷凍することもできます!

アップルパイを冷凍すると2週間ほど日持ちさせることができます。

食べきれないアップルパイは傷んでしまう前に冷凍しちゃいましょう。

  1. 小分けにカットしたアップルパイをラップでぴっちりと包む
  2. ジッパー付きの袋に入れて冷凍庫で保存する

アップルパイは切り分けずにホールのままでの冷凍できますが、あらかじめカットしておくと好きな時に好きな分だけ食べやすくなります◎

冷凍したアップルパイは、電子レンジ600Wで1~2分ほど加熱すれば解凍できます。

「冷凍庫にアップルパイがある」「温めればいつでも食べられる」というのは、甘いもの好きにはたまらない状況。

アップルパイの中身のフィリングだけ冷凍する方法についてはこちらの記事で紹介しています!

スポンサーリンク

アップルパイを翌日もサクサクにするためのコツ

アップルパイを翌日もサクサクにするコツ

翌日に持ち越してしなっとしたアップルパイもそれはそれでおいしいもの^^

ですが、「やっぱりサクサクのパイ生地を食べたい!」という場合に、アップルパイをサクサクにするためのコツを紹介します。

  1. アップルパイは電子レンジ600Wで1分ほど加熱する
  2. あらかじめ温めておいたオーブントースターで3分ほど加熱する

アップルパイは電子レンジで温めるだけだとべちゃっとなってしまう。

オーブントースターだけだと、表面はサクサクになっても中が冷たい…。

そこで、電子レンジとオーブントースターをダブルで使うことで、中は熱々外はサクサクのアップルパイに仕上げることができるというわけです。


アップルパイの大きさによってはサクサクになる前に焦げてしまうこともあるので、焦げそうになったらアップルパイの上にアルミホイルをかぶせてくださいね。

スポンサーリンク

アップルパイを保存する時の注意点

アップルパイを保存する時の注意点

市販のアップルパイはお持ち帰りのときに箱に入れて持って買ってくることが多いと思います。

冷蔵庫でアップルパイを保存するときは、必ず紙箱から出してください。

箱の素材である紙は水分を吸う性質があります。

アップルパイを紙箱に入れたままにすると、中の水分を吸収して逆に乾燥させてしまうんです。

紙箱はアップルパイを乾燥から守ってくれてると思っていましたが、実は反対だったんですね。

さらに、紙はニオイを吸いやすいのでアップルパイに冷蔵庫の中の他の食べ物のニオイをつけることも。


アップルパイをおいしく保存しておくためにも、紙箱に入れたまま冷蔵庫に入れないようにしましょう。

スポンサーリンク

アップルパイの日持ちと保存方法まとめ

  • 手作りのアップルパイの日持ちは、1~2日ほど。中にカスタードクリームが入ったもののほうが日持ちは短い
  • 市販のアップルパイの日持ちは2~4日ほど。パッケージに記載の賞味期限をしっかり確認する
  • アップルパイは水分量が多く傷みやすいので、冷蔵庫で保存するのが基本
  • アップルパイは電子レンジで温めたあとにオーブントースターに入れれば、中は熱々で外はサクサクのアップルパイに仕上げることができる

オーブンで焼きこんでいるからアップルパイは日持ちしそうですが、中のフィリングにりんごの水分が多く含まれているために傷みやすくなっています。

作った・買ってきた当日にアップルパイを食べるのが一番ですが、食べきれない場合は冷蔵庫または冷凍庫に入れて保存しましょう。

関連記事:ホールケーキの冷蔵庫での保存方法は?箱なしや入らないときの対処法も!

テキストのコピーはできません。