アスパラベーコン巻きは茹でる茹でない?剥がれない方法も紹介

アスパラベーコンのアスパラは茹でる茹でない?剥がれない作り方も

スポンサーリンク

もう1品のおかずとしてお弁当にも大活躍のアスパラベーコン巻き。

アスパラが苦手な子どもも、ベーコン巻きにすると食べてくれるので私もよく作ります^^

そんなアスパラベーコン巻きですが、アスパラを茹でるか茹でないか作るときに迷いますよね。

「なんとなく茹でたほうがいいのかな?」なんて思いますが、アスパラベーコン巻きは茹でなくても作ることができるんです!

そこで今回は、アスパラベーコン巻きは茹でるか茹でないか、アスパラベーコン巻きが剥がれない作り方についてまとめています。

アスパラベーコン巻きのアスパラは茹でる?茹でない?

アスパラベーコンは茹でる?茹でない?

アスパラベーコン巻きを作るときに迷うのが『アスパラは先に茹でておいたほうがいいのかな?』ということ。

結論から申し上げますと、アスパラベーコン巻きを作るときにアスパラは茹でても茹でなくてもどちらでも大丈夫です

手間をかけずに作りたいならアスパラは茹でない

私はアスパラベーコン巻きを作るとき、いつもアスパラは茹でません

別に茹でるのが面倒なのと、とにかく手間をかけずに作りたくて。

ただ、アスパラベーコン巻きは、アスパラをベーコンで巻いている分火が通りにくくなっているんですね。

なので、そのまま焼くだけではアスパラに充分に火が通りません。

アスパラを茹でずにアスパラベーコン巻きを作る場合、

・フライパンでフタをして蒸し焼きにする方法

・電子レンジだけで作る方法

上記2つの方法なら、茹でないでもアスパラにしっかり火が通りますよ!

シャキシャキとしたアスパラの食感を楽しめるのもこちらの作り方!

詳しい作り方は、のちほど『アスパラベーコン巻きのレシピ』で紹介します◎

やわらかい食感が好きならアスパラは茹でる

アスパラベーコンのアスパラをゆでる場面

くたっとしたやわらかいアスパラが好きなら、アスパラを茹でてから作るといいでしょう。

子どもが食べるならやわらかいほうがいいかもしれませんね^^

また、あらかじめアスパラを茹でておけば、フライパンではさっと焼き目をつけるだけで完成します。

このように、アスパラベーコン巻きはアスパラを茹でても茹でなくても作ることができます。

好みの食感で作り方を選んでみてくださいね!

スポンサーリンク

アスパラベーコン巻きが剥がれない作り方

アスパラベーコン巻きはお弁当に前日作り置きOK?注意点とポイントを紹介

アスパラベーコン巻きを作るときのもうひとつの悩みといえば、せっかく巻いたベーコンが剥がれてきてしまうことではないでしょうか?

そこで、定番の爪楊枝を使う方法と、爪楊枝は使わない方法、それぞれでベーコン巻きが剥がれない作り方を紹介します!

アスパラベーコン巻きで爪楊枝を使う方法

アスパラをベーコンで巻いたら爪楊枝でベーコンの巻き終わりを止めると思いますが、ベーコンの巻きが甘いと焼いてる途中でベーコンが剥がれて崩れてきてしまうんですよね。

そんなときにおすすめなのがこの方法!

Cpicon アスパラベーコン*ギュッと巻くコツ!! by ブッコロリ

巻いた後にさらにアスパラを追加で押し込むことで、ベーコンとアスパラの隙間がなくなり崩れにくくなります。

結果ベーコンも剥がれにくくなるので、「途中でアスパラベーコン巻きがバラバラに崩れてしまう…」という人はぜひ試してみてください^^

アスパラベーコン巻きで爪楊枝を使わない方法

爪楊枝を使わなくてもベーコンを剥がれにくくすることはできます◎

方法は2つ。

  • 巻き終わりを下にして焼く方法
  • あらかじめベーコンに薄力粉をふっておく方法

一番手軽なのが、ベーコンの巻き終わりを下にして焼く方法です。

ベーコンに含まれるたんぱく質は、熱を加えると変性を起こして固まります(熱変性といいます)。

巻き終わりを下にして、常にベーコン同士がくっついた状態で火を入れることで、しっかりくっついて剥がれにくくなるというわけです。

コツは、くっつくまでアスパラベーコン巻きを触らずにじっと待つこと。


また、ベーコンにあらかじめ薄力粉をふっておくのも剥がれにくくするために有効な方法です。

薄力粉は薄くふりかけるだけでOK。

ベーコンやアスパラから出る水分で自然に薄力粉が溶けて、ノリ代わりとなってベーコンをくっつけてくれますよ^^

スポンサーリンク

アスパラベーコン巻きのレシピ

事前にアスパラを茹でるレシピ・アスパラを茹でないレシピ・電子レンジで作るお手軽レシピの3つを紹介します。

アスパラを茹でるレシピ

Cpicon お弁当に☆アスパラベーコン巻き by ゆうゆう0221

ニンニク醤油のガツンとした味つけで、いつもよりご飯が進みそうです^^

アスパラを茹でないレシピ

Cpicon アスパラベーコン巻き*シンプルおいしい♡ by りぃ♬*

フライパンで蒸し焼きにするので下茹ではいりません。

焦げ目をつけたあとは弱火でじっくりと火を通すのがポイントです。

電子レンジで作るレシピ

私がいつも作る作り方です^^

材料(アスパラベーコン巻きミニサイズ6個分)
アスパラ:6本
ベーコン:3枚
作り方
①アスパラは長さを3等分、ベーコンは2等分にカットする
②2等分にしたベーコンでアスパラを3本ずつ巻く(同じものを6個作る)
耐熱容器にキッチンペーパーを敷いて、ベーコンの巻き終わりを下にしてアスパラベーコン巻きを並べる
④ラップをふんわりかけて、電子レンジ600Wで3分ほど加熱する

火を使わずにできるので、忙しいときのもう一品に役立ちます。

ただ、焼き色はつかないので焦げ目がほしいときはさっとフライパンで焼いてください。

スポンサーリンク

まとめ:アスパラベーコン巻きのアスパラは茹でても茹でなくてもOK

アスパラベーコン巻きのアスパラは、茹でなくてもフライパンで蒸し焼きにしたり電子レンジで作れば問題ありません。

シャキシャキとしたアスパラの食感を楽しめますが、やわらかいアスパラが好きな人は茹でてから作っても◎

好みで作り方を変えてみてくださいね!

関連記事:アスパラベーコン巻きはお弁当に前日作り置きOK?注意点とポイント

テキストのコピーはできません。