泡ハンドソープと液体ソープの違いは?どういう人におすすめかやデメリットも

泡ハンドソープと液体ハンドソープの違いは?

スポンサーリンク

帰宅後、料理の前、食事の前など1日に何度も行う手洗い。

そんな手洗いに欠かせないのがハンドソープです。

小さい子どもでも使いやすいから我が家ではずっと泡ハンドソープを使っているのですが、昔って泡ハンドソープがなくて液体石鹸だけだったような気がします。

便利な泡ハンドソープですが昔からある液体ソープとの違いは何なのでしょうか?

お店に行けば液体ソープのほうが値段が安かったりして、効果に差があるのかどうか気になりますよね。


そこで今回は、泡ハンドソープと液体ソープの違いやそれぞれのメリット・デメリットについてまとめました。

スポンサーリンク

泡ハンドソープと液体ソープの違い

液体ハンドソープ
泡ハンドソープ泡状で出てくる・濃度が低い・洗浄力が弱め
液体ソープ液状で出てくる・濃度が高い・洗浄力が高め

泡ハンドソープは泡で出てくる分濃度が低い

泡ハンドソープはあらかじめ泡で出てくるので泡立てる手間がないのが一番の特徴です。

液体が泡で出てくるのは、泡ボトルのポンプの中でハンドソープ液と空気を混ぜて、細かい網目を通して押し出すことで泡を作っているため。

液の濃度が濃いと細かい網目を通らずに泡になって出てきません。

そのため、泡ハンドソープは液体ソープに比べて液の濃度が低くサラッとしています。

洗浄力もマイルドなものが多いですね。

液体ソープは濃度も洗浄力も高め

泡ハンドソープに比べてドロッとしている液体ソープ。

手のひらに出したあとに水で泡立てる必要があるために、液体濃度が高くなっています。

液体の濃度が高いとそれだけ洗浄成分を多く配合できるので、一般的に液体ソープのほうが洗浄力が高めです。

「泡ハンドソープだと汚れが落ちないの?」なんて不安になるかもしれませんが、大丈夫!

泡ハンドソープは洗浄力が弱めではありますが、家庭で使うくらいであれば十分の洗浄力なので安心してください。

反対に、液体ソープの洗浄力が高いといっても、正しく手洗いができていなければ意味がありません。

泡ハンドソープと液体ソープはどういう人におすすめか

液体ハンドソープ
泡ハンドソープ手間なく手を洗いたい人・まだうまく手が洗えない子ども
液体ソープしっかりと汚れや臭いを落としたい人

泡ハンドソープは利便性を追求したい人におすすめ

泡ハンドソープは泡で出てくるのでいちいち泡立てる必要がありません。

泡は爪の間や手のひらのシワといった細かい場所にも入りこむので、上手に手が洗えない子どもには泡ハンドソープのほうが使いやすいでしょう。

さっとすすげて時間もかからないので、1日に何度も手を洗う人で利便性を追求したい人には泡ハンドソープはぴったりです。

洗浄力がマイルドで保湿に特化したものも多いので、手肌が弱い・肌荒れしやすいという人にもおすすめ。

液体ソープはしっかりと汚れや臭いを落としたい人におすすめ

液体ソープはしっかりと汚れや臭いを落としたい人におすすめ。

自分で泡立てる手間はかかりますが、液体ソープならではの洗浄力の高さで気になる汚れをきれいにできます。


また、液体ソープは泡ハンドソープより値段が手ごろ。

大勢の人が手洗いで石鹸を必要とする場所には、値段が安く少量でも泡立つコストパフォーマンスのいい液体ソープがいいでしょう。

スポンサーリンク

泡ハンドソープと液体ソープのデメリット

泡ハンドソープ洗い残しが多い・液体石鹼よりも早くなくなる
液体ソープ手洗いに時間がかかる・泡立てないと刺激が強い

泡ハンドソープは洗い残しに注意

泡ハンドソープは「洗った気になる」ことが多く、洗い残しに注意が必要です。

たっぷりの泡で手を包むとなんだか汚れが落ちている気がしますが、泡をのせただけでは汚れは落ちません。

我が家の子どもも、よく見ていないと泡をのせてさっと全体をなでるだけで手洗いが終了していることが多くゾッとしました^^;

すばやく洗える便利な泡ハンドソープですが、汚れを落とすことを意識して手洗いすることが大事ですね。


また、ボトルの中で泡を作る分液体石鹼に比べて1回の使用量が多くなります。

コストパフォーマンスは液体せっけんに比べて低いと言えるでしょう。

液体ソープは泡立てから洗い流しまで時間がかかる

液体ソープは泡立てるのに時間がかかります。

かといって泡立てないと使うと、洗浄力の強い液体ソープなので刺激が強く手肌が荒れてしまうことも。

石鹸成分はなかなか流れて行かないので、しっかりと洗い流すのにも時間がかかってしまいます。

泡ハンドソープに比べるとどうしても手間だと感じる人もいるでしょう。

まとめ:泡ハンドソープと液体ソープは濃度が違う

  • 泡ハンドソープと液体ソープの違いは液の濃度と洗浄力
  • 泡ハンドソープは誰でも簡単にさっと手を洗うことができる
  • 液体ソープはコストパフォーマンスが高くしっかりと汚れや臭いを落とせる

泡ハンドソープと液体ソープの違いは液の濃度と濃度に伴う洗浄力です。

どちらもメリット・デメリットがあるので、場所によって使い分けるといいでしょう。

何度も手洗いをする洗面所には泡ハンドソープ、しっかり菌を落としたいキッチンでは殺菌効果のある液体ソープを使うのがおすすめです。

関連記事:泡ハンドソープの詰替は他社のものを使ってもいい?注意点も紹介

テキストのコピーはできません。