ブルーベリーのレシピはジャム以外になにがある?大量消費レシピも紹介

ブルーベリージャム以外のレシピは?大量消費する方法

スポンサーリンク

大量にブルーベリーが手に入ったら何を作りますか?

多くの人はまずブルーベリージャムを作るかと思います。

手作りのブルーベリージャムは、甘さも果肉の食感も自分好みに調整できておいしいですが、毎回ブルーベリージャムを作るのもちょっと飽きる…。

そんなとき知りたいのは、ブルーベリーのレシピでジャム以外のもの。

ブルーベリーの新しい使い道を開拓できたら嬉しいですよね^^


そこで今回は、ブルーベリーのレシピでジャム以外のものを6つまとめました。

フレッシュなブルーベリー・冷凍ブルーベリー、それぞれに合ったレシピを紹介します◎

スポンサーリンク

ブルーベリーのレシピはジャム以外になにがある?

ブルーベリー

ブルーベリーのレシピはジャム以外にもたくさんあります!

フレッシュ・冷凍問わず、ブルーベリーで作るジャムは失敗しにくいため、「ブルーベリーがあったらジャムに加工しよう」なんて人が多いと思います。

ただ、皮をむかずに使えて、甘みが強いブルーベリーは実は何にでもアレンジしやすい食材。

ブルーベリージャムだけに使うのはもったいないかもしれません。


ブルーベリーのレシピでジャム以外におすすめなものはこちら↓

  • (そのまま)ケーキのトッピングやサンドイッチの具材に使う
  • (加工)マフィンやパウンドケーキなど焼き菓子に使う
  • (加工)料理のソースとして使う

ブルーベリーの見た目を生かすなら、そのまま使うのが一番です。

デコレーションケーキのトッピングやサンドイッチの具材に使えば、ブルーベリーの紫色が映えて見た目が華やかになります。


また、マフィンやパウンドケーキといった焼き菓子に使うのもおすすめ。

ジャムに加工しなくても、生地にそのまま入れ込むだけで完成するので、他のフルーツに比べて使いやすいですよね。


ブルーベリーは料理にも活躍します。

肉料理のソースにブルーベリーを使えば、ブルーベリーの自然な甘さとほのかな酸味がアクセントになって、料理がワンランクアップ。

おもてなし料理にぴったりです◎


上記はほんの一例。

次の項目では、実際の使用例としてブルーベリーを使ったレシピを紹介していきます!

ブルーベリーの大量消費レシピ

ブルーベリー

ここから紹介するのは、ブルーベリーを大量消費できる6つのレシピ。

簡単に作れる、ブルーベリーならではのレシピを集めました。

  • ブルーベリージャム
  • ブルーベリージャムでスペアリブ煮込み
  • ブルーベリースムージー
  • ブルーベリーパンケーキ
  • ブルーベリームース
  • ブルーベリーの焼きタルト

ブルーベリージャム

フレッシュ・冷凍どちらも◎

ブルーベリー量:フレッシュ100g・冷凍150g

フレッシュなブルーベリー使用レシピ

Cpicon 簡単♥♡生ブルーベリージャム by 梅ミッキー

定番のブルーベリージャムののレシピも改めて紹介。

フレッシュなブルーベリーを使えば、ブルーベリーの果肉の食感も楽しめます^^

フレッシュなブルーベリーが手に入らないなら冷凍ブルーベリーでも十分おいしく作れますよ◎

ブルーベリージャムでスペアリブ煮込み

ブルーベリージャムが余っているならぜひ試してほしいレシピがこちら。

ブルーベリージャムが煮込み料理に照りやコクを出してくれますよ!

ブルーベリースムージー

冷凍おすすめ◎

ブルーベリー量:1杯30g

材料を全てミキサーに入れるだけで完成のお手軽レシピです。

思い立ったらすぐに作れるので、朝食にすればブルーベリーもあっという間に消費できますよ!

冷たい方がおいしいので冷凍ブルーベリーを使うのをおすすめします。

ブルーベリーパンケーキ

フレッシュおすすめ◎

ブルーベリー量:1枚10~20g

ブルーベリーの甘みとほどよい酸味がアクセントになったパンケーキのレシピです。

生地にそのまま入れて焼くので、水分が出にくいフレッシュなブルーベリーを使うのがおすすめ。

ブルーベリームース

フレッシュ・冷凍どちらも◎

ブルーベリー量:5カップ分200g

薄紫色の色味がきれいなブルーベリームース。

レシピでは冷凍ブルーベリーを使用していますが、フレッシュなものでもおいしく作れます。

ブルーベリームースが甘さ控えめなので、反対にヨーグルトムースにしっかり甘さを効かせるとバランスがよくなりますよ。

ブルーベリーの焼きタルト

フレッシュおすすめ◎

ブルーベリー量:60g

一見手間のかかりそうなタルトですが、土台もダマンド生地も一度に焼き込むので思ったより簡単に作れます^^

冷凍ブルーベリーでも作れますが、果肉の食感が残ったフレッシュブルーベリーを使ったほうが、ブルーベリーの存在感が増すのでおすすめ。

スポンサーリンク

まとめ:ブルーベリーのレシピはジャム以外にもたくさんある

ブルーベリーのジャム以外のレシピをまとめました。

皮をむかずにそのまま使えるブルーベリーは、さまざまなお菓子や料理にアレンジしやすいフルーツです。

今回紹介したレシピはどれも簡単に作れるものばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね^^

関連記事:バナナが黒くならない保存方法は?冷蔵庫に入れても黒くさせない!

テキストのコピーはできません。