バナナが黒くならない保存方法は?冷蔵庫に入れても黒くさせない!

バナナ黒くしない保存方法を紹介

おいしくて栄養価も高くて、おまけに値段もお手頃なバナナ。

我が家も常に買い置きしてあります。

でも、バナナってすぐに色が黒くなってしまうんですよね^^;

黒くなったバナナのほうが甘みが強いのは分かっているんですけど、見た目があんまりよくなくて。

お菓子作りに使うなら黒くても問題ありませんが、そのまま食べるときや飾りに使うときは気になります…。

バナナが黒くならない保存方法として、私は冷蔵庫でバナナを保存しています!

「冷蔵庫で保存するとすぐに黒くなって良くないんじゃないの?」と思いますよね。

でも、少しポイントを押さえるだけで冷蔵庫で保存してもバナナを黒くさせないで済むんです^^

今回は、バナナが黒くならない保存方法や冷蔵庫でバナナを保存する際のポイントなどをまとめました!

バナナが黒くならない保存方法

バナナを黒くさせない

バナナが黒くなるのは完熟している証拠ではあるのですが、完熟するということはそれだけ日持ちがしなくなっているということ。

もともと日持ちしない果物ではありますが、バナナが黒くならないように保存すれば日持ちさせることができます。

  • バナナをつるす
  • バナナの房の部分をラップで包む

それぞれ詳しく見ていきましょう!

バナナをつるす

バナナをつるす

バナナの果肉はとても柔らかく、少しぶつかったりするだけでぶつかった部分からすぐに黒くなってしまいます。

スーパーでバナナを買ってきて、袋に入れて持ち帰ってくるだけでもう傷んでた…なんてくらい衝撃に弱いですよね^^;

買ってきたバナナも、テーブルなどに置いておくだけで接触面から傷んで黒くなっていってしまいます。

そのまま置いておくだけでもどんどん傷んで黒くなってしまうバナナは、つるすことでテーブルなどに接触するのを防ぎましょう。

専用のバナナスタンドもいいですが、バナナスタンドの置き場がない・わざわざ買うのはちょっと…という人はS字フックを使うのがおすすめ!

家に余ってるS字フックにバナナをひっかけてつるすだけでOKです!

できるだけ風通しのいい涼しい場所につるしておくと、より黒くならずに日持ちするようになりますよ^^

バナナの房の部分をラップで包む

バナナが木と接触していた部分=房の部分をラップで包むことで、バナナに酸素が多く入ってくる部分にフタをします。

酸素が入ってくるのを防ぐことで、バナナが酸化して黒くなるのを抑えるというわけなんですね。

バナナが多く連なったまま丸ごとラップで包むだけでも効果はありますが、房からばらして1本ずつラップで包むとより日持ちします。

スポンサーリンク

バナナを冷蔵庫に入れても黒くさせない方法

バナナ

「バナナは南国生まれの果物なので、低温の場所に弱い」なんて話は有名です。

バナナを冷蔵庫に入れると低温障害を起こして真っ黒になってしまうから入れてはいけない、というのは知っていましたが、私は常温のバナナが苦手で^^;

「冷えたバナナが食べたい」の一心でバナナを冷蔵庫で保存してましたが、やっぱりそのまま入れるだけじゃすぐに黒くなってしまうんですね。

じゃあどうしたらいいかというと、方法は簡単◎

「バナナを房から外して、ビニール袋に入れて冷蔵庫に入れる」だけです。

バナナが黒くなる原因の1つに、バナナから放出されるエチレンガスがあります。

房のままだとお互いのエチレンガスの影響を受けてしまい、早く黒くなってしまいます><

なので、房から外し1本1本バナナを独立させることで、エチレンガスの影響を受けにくくするというわけです◎

ビニール袋に入れることで、冷蔵庫の冷気からバナナを守り、適度な湿度を保ちバナナが乾燥するのを防ぐ効果も。

1本ずつラップやビニール袋に包む方が断然持ちはよくなりますが、私は房から外したバナナをまとめてビニール袋に入れています。

他のバナナのエチレンガスの影響を受けないためにも1本ずつビニール袋に入れるほうがいいのは分かるんですが、ちょっと面倒だなと思って^^;

それでも、房のまま冷蔵庫に入れたバナナ・常温で置いておくバナナと比べると明らかに日持ちしますよ!

バナナの色も1週間たっても黒くなることはほとんどありません。

より長持ちさせたいなら1本ずつラップで包んだり袋に入れるのがいいですが、1週間~10日ほどでバナナを食べきるというなら、まとめて袋にいれちゃって大丈夫です^^

スポンサーリンク

バナナが黒くなっても食べられる?見分け方

バナナが黒い

バナナが黒いのは完熟した証拠でもあり、甘みが増しておいしい状態◎

皮が真っ黒でも、中身が黒くなってなければもちろん食べることができます。

中身が黒くても食べられますが、気を付けてほしいのは

  • 中身が黒く、ドロドロと溶けている
  • 酸っぱいニオイがする
  • バナナの皮にカビが生えている

上記のような状態のバナナ。

上記はバナナが腐っている状態ですので、食べるとお腹を壊す恐れもあり注意が必要です。

特に腐ったバナナは明らかに酸っぱい嫌なニオイがするので、少しでも変だなと感じたバナナは食べないようにしましょう!

スポンサーリンク

バナナが黒くならない保存方法まとめ

  • バナナが黒くならない保存方法は、バナナをつるす・バナナの房の部分にラップをする
  • バナナは房から外してビニール袋にいれておけば、冷蔵庫に入れても黒くならない
  • バナナの中身が溶ける・酸っぱいニオイがする・皮にカビが生えるような状態はバナナが腐っているので注意

バナナは栄養補給にもおやつにもできる便利な食べ物。

上手に保存して、いつでもおいしいバナナが食べられるようにしておくといいですね^^


切ったバナナが黒くならない保存方法はこちらでまとめています◎

テキストのコピーはできません。