本を捨てるタイミングはいつ?捨てる本の基準と選び方も

本を捨てるタイミングと選ぶ基準

スポンサーリンク

私は本が好きでよく買います^^

全部とっておけたらいいんですが、家にそんな広いスペースもなく…(大きい本棚憧れます)。

なので、お気に入りの本だけ残してあとは処分するようにしていますが、これがなかなか難しくて。

本を捨てるタイミングもどれを捨てたらいいのかも迷います。

他の人はいったいどうやって本を整理しているのか気になりますよね。

そこで今回は、本を捨てるタイミングはいつなのか、本を捨てる基準についてまとめました。

スポンサーリンク

本を捨てるタイミングっていつ?

本を捨てるタイミング

買った本を全部とっておけたらいいけど、週刊漫画なんて毎週買ってたらすぐに増えていきますよね。

いつかは捨てないといけない本、いつ捨てるべきなのでしょうか?

何かきっかけがないと捨てられない人のために、本を捨てるタイミングを紹介します。

引っ越しのとき

引っ越しで新居に移るとき、せっかくの新しい家だからこの機会に持ち物を整理しようと思う人は多いはず。

私も学生のころは実家で漫画を大量に集めていましたが、1人暮らしが決まったとき新居に持っていったのはほんの数冊。

本当に大事にしたい漫画だけでした。

新しい生活が始まるから、心機一転したかった気持ちもあるんですよね。

あと、大量の本を荷造りしてまた荷ほどきしてって言うのが面倒に感じて^^;

なかなか本を捨てられないという人も、引っ越しは一番本を捨てやすいタイミングだと思います。

本をしまうスペースがなくなったとき

買った本を全部とっておけたらいいですが、なかなか難しいもの。

本をしまうスペースがなくなったときに本を捨てるという人も多いです。

本棚のスペースには限りがあるので、そこに収まる分だけにしていたら必然的にお気に入りの本だけが並ぶようになっていきます。

お気に入りの本だけが並んだ本棚は見てて気持ちがいいですよ^^

興味を失ったとき

好きなアイドルが載ってる雑誌、ついつい集めちゃうんですよね。

どれだけ小さなページでも少しでも情報を逃したくなくて。

ずっと好きでいるうちはいいですが、いつかは興味が薄れるときがくるかもしれません。

アイドルだけじゃなく漫画やアニメ、趣味など、自分の『推し』じゃなくなったのなら集めた本を捨てるいいタイミングではないでしょうか?

「興味はなくなったとはいえ、元ファンだったから捨てにくい…」という場合は、他のファンの人に譲ってあげると喜ばれますし自分も罪悪感なく推しを卒業できますよ◎

連載が終了したとき

毎週続きが気になっていた連載もの。

続きを追うために買っていた漫画も、連載が終了したら一気に捨てるという人は多いです。

本当に気に入った漫画なら単行本を買えばいいんです。

週刊漫画を置いておくより省スペースになります。

本がボロボロに劣化したとき

本は紙でできているので時間の経過とともに劣化してしまいます。

大事にとっておけているならいいですが、日に焼けてしまってたり破れてたりする本は捨てることも考えましょう。

というのも、古い本はシバンムシという小さな虫の好物。

家に虫が発生してしまう原因になるんです。

あまりにボロボロになってしまった本は捨てて新しいのを買い直すことをおすすめします。

関連記事:シバンムシはどこから入ってくる?発生源になりやすいものに注意!

本を捨てる基準と選び方

本を捨てるタイミング

本を捨てるタイミングは分かったけど、その中でもどうやって捨てる本と残す本と分けたらいいのか迷うこともあるでしょう。

そんなときは、自分の中で本を捨てる基準を決めてしまいましょう。

  • 破れや汚れで読めない本
  • 興味を失ったジャンルの本
  • 勉強し終わった教科書や参考書
  • 発行されてから1年たった雑誌

本を捨てる基準:破れや汚れで読めない本

ページが破れてたり、シミやインクで汚れてしまっている本は捨ててもいいでしょう。

そもそも読めないと本の意味がないですし、汚い本は読もうという気になりませんよね^^;

本を捨てる基準:興味を失ったジャンルの本

上記でもお話ししましたが、興味を失ったジャンルの本は見返すことはありません。

そのジャンルの本を捨てても、好きだった気持ちや思い出は心の中に残っているはず!

次の興味のためにも本棚にスペースを開けておきましょう。

本を捨てる基準:勉強し終わった教科書や参考書

「いつか役に立つかも」と勉強し終わった教科書や参考書は捨てても大丈夫です。

たいてい教科書を見返すときは来ませんし、参考書や問題集は毎年新しくなります。

必要になったときに最新のものを買ったほうがよっぽど勉強になります。

本を捨てる基準:発行されてから1年たった雑誌

そのときの流行をチェックできる雑誌も、発行されてから1年がたったものは古く感じてしまいます。

常に新しい情報をチェックしているのであれば、昔の雑誌は捨てるようにしましょう。

お気に入りのページなどは切り抜きしてファイリングしておくとかさばらずに思い出を残せます^^

スポンサーリンク

本を捨てるならお金に変えるのもあり

本

本をそのまま捨てるのもいいですが、ブックオフなどにいらない本を持ち込めばお金に変えることができます。

「この本売れるのかな」というような本でも、探している人はいるかもしれませんよ!

中にはお金にならない本もあるかもしれませんが、そのまま処分してもらえば自分で捨てる手間もかかりません。




ブックオフに持っていくのが面倒という人には、スマホアプリのPolletがおすすめです。

『Pollet』はスマホだけで本の売買が成立するサービス。

本だけじゃなく家の中のいらないモノをまとめて送るだけでポイントに変えることができるんです。

アプリダウンロードから、箱代や送料も全部無料◎

本の処分からポイントに変える作業まで全て自宅で完結するので、忙しい人にもぴったりですね^^

Pollet-買取アプリ・フリマ/オークションより楽な断捨離
Pollet-買取アプリ・フリマ/オークションより楽な断捨離
開発元:Pollet株式会社
無料
posted withアプリーチ

本を捨てるタイミングはいつ?まとめ

本を捨てるタイミングや、捨てる本の基準についてまとめました。

放っておいたらどんどん増えていく本。

引っ越しなど新生活が始まるのであれば、本を捨てるいいタイミングです。

どの本を捨てたらいいか迷ったときは捨てる基準を参考にしてみてくださいね。

関連記事:見られたくない本の捨て方は?恥ずかしくない処分方法を紹介

テキストのコピーはできません。