バタークリームはマーガリンで代用できる?バタークリームもどきを使うときの注意点も

バタークリームをマーガリンで代用できる?作るときの注意点も

濃厚な味わいが他にはないバタークリーム。

最近ではバタークリームのおいしさが見直されてきており、バタークリームを使ったお菓子のレシピもたくさん公開されています。

自分でもバタークリームを作ってみたいなと思うのですが、ネックなのがバターの値段。

バタークリームというくらいなのでバターを使うのが当然なのですが、バターは値段が高いため少し戸惑いますよね^^;

お菓子やパン作りでバターの代わりにマーガリンを使うことはよくあります。

なので、バタークリームもマーガリンで代用することは可能です。

正確にはバタークリームもどきですが、マーガリンでできると値段もお手頃なので嬉しいですよね。

でも、バタークリームもどきは使うときにいくつか注意点もあります。

そこで今回は、

  • バタークリームはマーガリンで代用できるの?
  • バタークリームとマーガリンで作ったバタークリームもどきの違い
  • バタークリームもどきをお菓子作りに使うときの注意点

3つについてまとめました。

バタークリームはマーガリンで代用できるの?

マーガリン

バタークリームはマーガリンでも代用できます。

お菓子やパン作りでもマーガリンを代用する場合ってありますよね。

私も自宅でお菓子やパンを約ときは、ほとんどマーガリンを使っています(家族以外食べないのでマーガリンでもいいかなと^^;)。

バターとマーガリンは原材料が全く違います。

牛乳が原材料のバターには、クリーミーな香りやバター特有の風味がありますが、バターは植物油脂でできているため風味はありません。

そのため、バタークリームをマーガリンで代用するとバタークリームの醍醐味であるバターの風味は出ません。

誰かにプレゼントする場合などは、きちんとバターを使ってバタークリームを作ることをおすすめしますが、自宅で自分で食べる分にはマーガリンで代用するのもありだと思います^^

ただ、マーガリンで代用したバタークリームもどきを作って食べる前に、一度バターで作ったバタークリームを食べてほしいなと個人的に思います。

バターのみで作ったバタークリームの味を知っていると、マーガリンで代用したときにその違いに気づけると思うので…。

バタークリームが流行っていた時代にも、マーガリンで代用することはよくあったそうです。

そのときの味わいをバタークリームだと思ったままならもったいないと思いますし、これまでバタークリームを食べたことがないから、なおさら本物のバタークリームを味わってほしいなと思います。

最近では町のケーキ屋さんでもバタークリームを扱う店が増えてきたように思いますので、良かったら一度食べてみてください^^

スポンサーリンク

バタークリームとマーガリンで作ったバタークリームもどきの違い

はてな

マーガリンで代用したバタークリームもどきは、バタークリームとどんな違いがあるのでしょうか。

バタークリームとバタークリームもどきを比較してみました。

バタークリーム
バタークリームもどき
  • バターの風味がする
  • コクがある濃厚な味わい
  • バターの風味はしない
  • あっさりとした軽い味わい

バターの原材料は牛乳であるのに対して、マーガリンは主に植物油脂でできています。

マーガリンはバターに比べてあっさりとしているので、バターで作るバタークリームより軽く味わうことができます。

でも、バターで作ったバタークリームはもちろんバターの風味がありますが、バタークリームもどきはバターの風味はしません。

バタークリームはバターの香り豊かな風味がポイントになりますので、風味のないバタークリームもどきはそのままでは物足りないと感じることも。

バターの風味とは異なりますが、バタークリームもどきを作るときにバニラエッセンスなど香料を加えると、物足りなさを軽減できますよ。

スポンサーリンク

バタークリームもどきをお菓子作りに使うときの注意点

チェック

バタークリームもどきをお菓子作りに使うときの注意点は2つ。

  • 柔らかいのでデコレーションには向いていないこと
  • バタークリームに比べて日持ちはしないこと

それぞれ詳しく見ていきましょう。

柔らかいのでデコレーションには向いていない

バタークリームはその固さを活かして、ホールケーキやカップケーキの上にデコレーションをすることも。

お花の形やきれいな絞りはとても可愛くて人気があります。

しかし、もともとがやわらかいマーガリンで作ったバタークリームもどきは、形をキープできるほどの固さがないので、デコレーションに使用することは難しいでしょう。

バタークリームもどきは、バターサンドなど、間にクリームをはさむお菓子に使うのがおすすめです◎

日持ちはしないので注意

バタークリームは常温保存も可能で日持ちもするものですが、バタークリームの日持ちはバターがあってこそ。

乳脂肪分が80%以上で水分量がほとんどないバターで作るから、バタークリームは日持ちするのです。

マーガリンは水分量が多いため日持ちはしません。

さらに、マーガリンは時間がたつと水分と油が分離してしまい、表面に水分が出てきてしまいます。

マーガリンで作ったバタークリームもどきは、作ったらなるべく早く、その日のうちには食べきるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ:バタークリームはマーガリンでも代用はできるが注意が必要

バタークリームはマーガリンでも代用できるかどうか、注意点についてまとめました。

  • バタークリームはマーガリンでも代用できる
  • マーガリンで代用したバタークリームもどきは、バターの風味はなく、あっさりとした味わい
  • バタークリームもどきは、やわらかいのでデコレーションには向いていない
  • バタークリームもどきは、日持ちはしないので作ったその日に食べきるようにする

バタークリームはマーガリンでも代用できますが、バタークリームでポイントとなるバターの風味はしないので、バタークリームとは別物と考えたほうがいいかもしれません。

マーガリンで代用する場合は、「コンパウンドタイプ」のマーガリンを使うのがおすすめ。

バターが入っているマーガリンなので、値段はお手頃なのにバターの風味も楽しむことができます。

ぜひ試してみてくださいね^^

関連記事:バタークリームが日持ちするのはなぜ?保存方法も紹介!

テキストのコピーはできません。