人参は冷凍だとまずい?おいしく冷凍解凍するコツと調理のポイントを紹介

人参は冷凍するとまずい?

人参はカレーやスープ、スイーツなど幅広く活躍する野菜。

どんな料理でも使えるので、つい買いすぎてしまうこともありますよね。

でも冷凍すると人参はまずくなるというウワサも…

そこで今回は

  • 人参は冷凍するとまずくなる?理由は?
  • おいしく冷凍する方法
  • 冷凍した人参を解凍する方法

の3点を解説していきます!

人参は冷凍だとまずい?理由は食感が変わるから?

人参の冷凍はまずい!


人参を冷凍するとまずいと言われている理由として

  1. 歯応えが悪くなる
  2. 水っぽくなる
  3. 中身がスカスカになる
  4. 色が変色する

という声をよく聞きます。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。

歯応えが悪くなる

人参はシャキシャキしている野菜ですよね。

しかし冷凍することによって水気を含み、徐々に柔らかくなってしまうのです。

人参を冷凍保存できる期間は約1ヶ月と言われています。

結構もちますよね!

ただ冷凍している時間が長ければ長いほど、人参の中に水分は蓄積されていきます。

日が経つにつれて、シャキシャキ感が損なわれてぶよぶよになってしまうのです。

味が薄くて水っぽくなる

これは歯応えが悪くなるところともつながっています。

解凍することによって水が増え、人参本来の甘みを消してしまいます。

水の割合が増えるからですね。

そのため水っぽくなってしまい、まずいと感じるのでしょう。

中身がスカスカになる

人参を解凍すると、中がスカスカになっていた…。

実はこの原因も解凍する時に出た水分によるものです。

人参に水分は大敵なのがわかりますね…

水分が膨張して人参の細胞を破壊し、もともと細胞があった場所が空洞になります。

そのため栄養素も全くないスカスカの人参ができてしまうのです。

色が変色してしまう

冷凍した人参の一部が黒くなっていて腐らせてしまったかも…

安心してください、人参に異常はなく腐ってもいません!

これは人参に含まれているポリフェノール、酵素が原因です。

ポリフェノールと酵素は、空気に触れるとメラニンという黒っぽいものができてしまいます。

りんごやバナナも同じ原理で黒くなったりします。

といっても、人参の味に変化はなく栄養素がなくなっている心配もしなくて大丈夫です。

見た目が気になるなら、黒い部分だけカットしてしまいましょう!

スポンサーリンク

人参をおいしく冷凍する方法

人参

人参をおいしいまま、長く保存できるように冷凍保存の仕方を3点紹介していきます。

ポイントを押さえていても人参が劣化してしまう可能性があるので、冷凍庫に入れたら出し入れは最小限に!

水気をしっかり拭き取る

ペーパータオル

そのまますぐに冷凍してしまうと、解凍した時に水気が出てしまいます。

特に濡れていなくても、冷凍保存する前に軽く人参の水分を拭き取りましょう。

水分は人参の品質を落とす最大の要素です。

栄養素もその水と一緒に人参から抜け出てしまうので、特に気をつけましょうね。

茹でずにそのまま冷凍する

茹でてしまうと人参に水気が増え、劣化の原因になるのでなるべく控えましょう。

もし茹でるのであれば、水分がない状態にしてから冷凍庫に入れてくださいね。

加熱するのはOKです!

一度火を通しておくと、次人参を使う時に時間短縮になるので効率的に料理ができます。

スライスしてから冷凍する

人参

加熱しないでそのまま冷凍保存する場合は、できるだけ人参を切ってからにしましょう。

まるまる一本を生で冷凍保存すると、水分が人参の中に集まって氷になり、解凍した時にスカスカになってしまいます。

細かく切っておくと水分も分散されるため、おいしさを保つことができますよ!

スポンサーリンク

冷凍した人参を解凍する方法

人参

冷凍する方法にコツがあるように、解凍にも気をつけるべきポイントがありますよ!

実は人参は解凍せずにそのまま使うのが一番なんです^^

そのまま料理に入れて使いましょう。

私も炒めものやきんぴらなどには冷凍した人参をそのまま使っています^^

細ぎりやみじん切りにして冷凍しておくと、調理のときに時短になりますよ◎


解凍はしないで、そのまま使う!

これがポイントです^^

スポンサーリンク

人参は冷凍だとまずい?おいしく冷凍解凍するコツと調理のポイントまとめ

  • 人参は冷凍方法によってはまずくなる
  • 千切りや薄切りなどにして冷凍すると使いやすい
  • 解凍せずにそのまま使うのがおすすめ

しっかり人参の水気を取り、ある程度細かく切って冷凍すればいつでもおいしく食べられます◎

テキストのコピーはできません。