チャイはスパイスなしで作れる?簡単にパウダーを使う作り方も

チャイはスパイス無しで作れる?簡単にパウダーで作る方法も

スポンサーリンク

スタバやタリーズなど、大手コーヒーチェーンのメニューにもあるチャイ。

スパイスが効いていて普通のミルクティーとはまた違った味わいです^^

そんなチャイをもっと手軽に自宅で楽しめたらいいですが、スパイスとか揃えるのが大変そう…なんてイメージがありますよね。

でも、実はチャイはスパイスなしで作れるんです!

ちょっと意外じゃないですか?


今回は、チャイはスパイスなしで作れることについて、かんたんに作る方法などをまとめました。

スポンサーリンク

チャイはスパイスなしで作れる?

チャイ

チャイはスパイスなしで作れます!

【チャイ=スパイスが入っているミルクティー】と思っている人は多いですが、これは間違い。

そもそも、チャイとはインドでお茶を差す言葉で、日本のロイヤルミルクティーと同じもの。

スパイスが入っていようとなかろうとインドで飲まれているミルクティーはチャイになるんです。



ただ、日本ではロイヤルミルクティーとの差別化をはかるために、スパイスの入ったロイヤルミルクティーのことをチャイと呼ぶことが多いです。

そのため【チャイ=スパイスが入ったミルクティー】だと思っている人が多いのでしょう。

チャイの特徴

インド式のロイヤルミルクティーであるチャイはスパイスなしでも作ることができます。

日本のロイヤルミルクティーとの違いは、しっかりした甘さをつけること。


チャイもロイヤルミルクティーも、茶葉をしっかりと煮出してミルクと一緒に煮込みます。

茶葉のエキスをしっかり出しているので、紅茶に後からミルクを注ぐミルクティーと違い、燻製のような独特の風味や味わいがあります。

以前インドカフェで本場のチャイを飲んだことがありますが、これまで飲んできたミルクティーとは全く別の味わいで「これはスパイスが入っているからこんな味なんだな」なんて思ったほどです。


実際にはスパイスは入っていなかったのですが、そう思ってしまうほど濃厚な味わいに驚いたのを今でも覚えています。


また、チャイはしっかりした甘さをつけて飲むのも特徴。

砂糖を入れないで飲むよりもチャイは甘くして飲む方がおすすめです!

スパイスの入ったチャイもある

チャイ

実際にスパイスの入ったチャイもあり、インドでは【マサラチャイ】として親しまれています。

マサラチャイにはシナモン・クローブ・カルダモンなど複数の香辛料をブレンドしたものが入っており、茶葉とともにしっかり煮出すのが特徴。

飲んだ時にしっかりとスパイスの香りを感じることができます◎


マサラチャイに入っているスパイスのブレンドや配合はお店やレシピによってさまざま。

いろいろなお店のマサラチャイを飲み比べてみるのも楽しいですよ♪

チャイの作り方!パウダーで簡単に作る方法

チャイ

インド式の甘いロイヤルミルクティーがチャイ。

スパイスが入っていなくても作れますが、「スパイスが入ってこそチャイ!」という人もいるでしょう。

そこで、パウダースパイスを使って手軽にマサラチャイを楽しむ方法を紹介します!

  1. マグカップ8分目の水とパウダースパイスを鍋に入れて火にかける
  2. 沸騰したら茶葉を入れて1分30秒ほど煮込む
  3. カップ5分目の牛乳を入れる
  4. 沸騰直前になったら火を止めて、茶こしを使ってカップに注ぐ

参考:ロンドンティールーム

マサラチャイの場合は茶葉を入れる前に先にスパイスだけを煮出しておきましょう。


チャイはしっかりと茶葉を煮出して作る&ミルクをたっぷり入れて作るので、紅茶の種類によってはえぐみが出たり、ミルクの風味に負けて紅茶の味がしない…なんてこともあります。

チャイにおすすめの茶葉はアッサム。

ぴったりの茶葉を選ぶことがおいしいチャイを作るために大事なポイントです。


茶葉の選び方はロイヤルミルクティーを作るときと同じ。

茶葉の選び方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

チャイに入れるスパイスの種類

スパイス

チャイに入れるスパイスには特に決まりはありません。

数種類のスパイスをブレンドしてもいいし、お気に入りのスパイスを1種類だけ使うのも良し。

ここからはチャイに入れるスパイスでおすすめのものを3つ紹介します!

  • マサラ
  • カルダモン
  • アニス

マサラ

スパイスカフェ ヒトツブ
¥1,021 (2022/11/22 02:14時点 | Amazon調べ)

マサラとは複数のスパイスがブレンドされたもののこと。

あらかじめバランスよくスパイスが配合されているので、「スパイスの入ったチャイが飲みたい」と思ったらまずマサラを買うといいでしょう。


基本的なスパイスは、シナモン・クローブ・カルダモン・ジンジャーなど。

商品によって配合されているスパイスの種類や量が違うので、一口にマサラといっても同じ味わいのものはないかもしれません。


ちなみに、【ガラムマサラ】に名前が変わると一転辛み成分が配合されたスパイスミックスとなります。

チャイ作りには不向きなので、間違って買わないよう注意してください。

カルダモン

【スパイスの女王】とも呼ばれるカルダモンは、スーッとした甘い香りを持ちます。

チャイに使うと甘い香りが漂い、一息つくのにぴったりな特別感あるチャイに。

マサラにも入っていることが多いですが、単体で使うとより芳醇な香りを楽しめますよ◎

砂糖とも相性がいいので、カルダモンを使ったチャイは甘めにして飲むのがおすすめです^^

アニス

アニスは独特の甘い香りを持つスパイス。

中国料理では【八角】という名前でよく使われています。

香りが強いので、初めてチャイに使う場合は少量から試してください

アニスは体を温めるとも言われているので、ホットでチャイを作るときに使うのにぴったりです◎

まとめ:チャイはスパイスなしで作れる

チャイとはお茶の総称で、インドでは濃く煮出したロイヤルミルクティーにたっぷり砂糖を入れた飲み物のことを指します。

スパイスの入ったチャイは主に【マサラチャイ】と呼ばれています。

チャイはスパイスなしでも作れるのですが、日本のロイヤルミルクティーとは違った味を試したいのであればスパイスを混ぜて作ってみるといいでしょう。

スパイスの配合によってチャイの味は変化します。

いろいろなスパイスでチャイを楽しんでくださいね^^

関連記事:スタバでのミルクティーの頼み方は?ロイヤルミルクティーを注文する方法も

テキストのコピーはできません。