スタバでのミルクティーの頼み方は?ロイヤルミルクティーを注文する方法も

スタバでミルクティの頼み方!ロイヤルミルクティの注文方法も

スポンサーリンク

キャラメルマキアートやフラペチーノなど、コーヒーチェーンのスタバ。

でも実はスタバでミルクティーが注文できるのを知っていますか?

ただ、メニューを見てみるとミルクティーの文字はなし。

スタバでのミルクティーの頼み方はどうしたらいいのか気になりますよね。


そこで今回は、スタバでのミルクティーの頼み方についてやロイヤルミルクティーにカスタマイズする方法をまとめました。

スポンサーリンク

スタバでのミルクティーの頼み方

スタバでのミルクティーの頼み方は簡単!

スタバにはミルクティーという名前のメニューはありませんが、一般的にミルクティーとされるドリンクがあるんです。

それは【ティーラテ】

ミルクティーが飲みたい気分のときは、カウンターに行って【ティーラテ】を注文すればOKです^^

種類豊富なスタバのミルクティー【ティーラテ】

スタバのティーラテは全部で8種類と種類豊富。

イングリッシュブレックファストティーラテホットのみ455円~
チャイティーラテホット・アイス455円~
ほうじ茶ティーラテホットのみ455円~
抹茶ティーラテホットのみ455円~
ダブル抹茶ティーラテアイスのみ480円~
カモミールティーラテホットのみ455円~
アールグレイティーラテホットのみ455円~
ゼンクラウドウーロンティーラテホットのみ455円~

※価格は全て店内飲食の場合で税込です

いろいろ種類があって「どれを選んだらいいか迷う…」というときは、【イングリッシュブレックファストティーラテ】を選ぶのがおすすめ。

イングリッシュブレックファーストティーとは、複数の茶葉をブレンドした紅茶のこと。

ミルクと合わせたときにコクが出るようにブレンドされているので、ミルクティーにはおすすめの茶葉なんです。



スタバのティーラテは、どれも上にフォームミルクが乗っているのが特徴。

よりミルクのコクと濃厚さを味わうことができますよ^^

上記8種類は季節を問わず通年販売しているので、外出中にミルクティーが飲みたくなったときはスタバに行けばOKですね♪




また、販売店舗限定のティーラテも

和三盆抹茶ティーラテホット・アイス650円
和三盆ほうじ茶ティーラテホット・アイス595円
クラシックティーラテホット・アイス540円
ジャパニーズチャイティーラテホット・アイス650円

上記4つのメニューはスタバのティーブランドである『TEAVANA(ティバーナ)』で飲むことができます。

こだわりの茶葉で作ったティーラテはぜひとも一度飲んでみたいですよね!

ほうじ茶をベースに、ゆず果皮や生姜をブレンドしたジャパニーズチャイティーラテが気になります…!

販売店舗はこちらから検索することができます◎

カスタマイズして自分だけのティーラテを楽しむことも

スタバのティーラテは自由にカスタマイズして自分好みのミルクティーに仕上げることができます!

これは大手チェーン店であるスタバならではのサービスですよね♪

商品によってカスタマイズできる項目が変わりますが、ティーラテでできるカスタマイズをまとめました。

ミルクの変更・低脂肪乳に変更
・無脂肪乳に変更
・豆乳に変更+55円
・アーモンドミルクに変更+55円
・オーツミルクに変更+55円

・ブレべミルクに変更+55円
ホイップクリームの追加・通常量追加+55円
・多めに追加+55円
・少なめに追加+55円
フォームミルクの調整・多め
・少なめ
温度調整(ホットのみ)・熱くする
・ぬるくする
氷の調整(アイスのみ)・氷少なめ
・氷なし
・氷少なめ&ミルク多め
・氷なし&ミルク多め
ソースの追加・はちみつ
・キャラメルソース
・チョコレートソース
シロップの追加・バニラフレーバーシロップ+55円
・キャラメルフレーバーシロップ+55円
・チョコレートシロップ+55円
・ホワイトモカシロップ+55円
・タゾチャイシロップ+55円
ティーバッグの増量
・カモミールティーラテ
・イングリッシュブレックファストティーラテ
・アールグレイティーラテ
・ゼンクラウドウーロンティーラテのみ

・+110円

※価格は全て店内飲食の場合で税込です。

追加料金がかかるカスタマイズもありますが、ソースの追加やフォームミルクを増やすのは無料◎

疲れて一息つきたいときは、フォームミルクを増やしてはちみつをトッピングした甘いミルクティーがおすすめです^^

スタバでロイヤルミルクティーが飲みたいときの注文方法

濃厚なロイヤルミルクティーが飲みたいときだってスタバにおまかせ!

ティーラテを注文する際に、『オールミルクでお願いします』と伝えるだけ。

オールミルクとは、本来お湯:ミルク=1:1で作るティーラテをお湯は少量のみでミルクを増やして作るというカスタマイズ。

通常のティーラテより約2倍の量ミルクが増えるので、まるで濃厚なロイヤルミルクティーのような味わいに変化するんです。


ホット対応のティーラテにのみ可能なカスタマイズですが、無料なのでぜひ試してみてください!


また、さらにカスタマイズしてミルクの種類を【ブレべミルク】に変更するのもおすすめです。

生クリームとミルクを混ぜたブレべミルクで作ったティーラテはとっても濃厚。

本来ロイヤルミルクティーで生クリームを使うことはあまりありませんが、こんな風にいろいろ試せるのは楽しいですね^^

スポンサーリンク

スタバで注文できるアイスティーとホットティーの種類

コーヒーチェーンであるスタバですが、意外にも紅茶の種類も豊富なんです。

最後に、スタバで注文できるアイスティーとホットティーを紹介します。

アイスティー一覧

アイスティー(ブラック)390円~
アイスティー(パッション)390円~
アイスティー(シトラスラベンダーセージ)※TEAVANA限定490円
ストロベリー&パッションティー※TEAVANA限定595円
ピーチ&マジェスティックチャイティー※TEAVANA限定650円

※価格は全て店内飲食の場合の価格で税込です。

販売店舗限定商品をのぞくと、スタバのアイスティーは2種類のみ。

シンプルなストレートのアイスティーと、ハイビスカス・オレンジピール・シナモン・リコリスなどをブレンドしたハーブティーです。


アイスティー(ブラック)は、コンディメントバーに置いてあるミルクを入れてミルクティーにすることも可能です◎

ホットティー一覧

イングリッシュブレックファスト430円~
アールグレイ430円~
カモミール430円~
ユースベリー430円~
ほうじ茶430円~
ゼンクラウドウーロン430円~
ストロベリー&パッションティー※TEAVANA限定595円
ピーチ&マジェスティックチャイティー※TEAVANA限定650円

※価格は全て店内飲食の場合の価格で税込です。

ホットティーはアイスティーよりは作るのに手間がかからないので、スタバではホットティーの方が種類が多いのかもしれませんね。

スタバでのミルクティーの頼み方まとめ

  • スタバではミルクティーという商品はないが、【ティーラテ】を注文することでミルクティーと同じ味が楽しめる
  • ティーラテを注文するとき『オールミルクに変更で』と伝えると、ロイヤルミルクティーに近い味わいになる

スタバでのミルクティーの頼み方は、ティーラテを注文するだけ。

一番ベーシックなのはイングリッシュブレックファストティーラテで、スタバならではのフォームミルクがのったデザート感の強いミルクティーが楽しめます。

ティーラテにはさまざまな種類があるので、ぜひ飲み比べてお気に入りを見つけてください^^

関連記事:スタバのフラペチーノはお持ち帰りでタンブラーや水筒に入れてもらえる?注意点も紹介

テキストのコピーはできません。