チョコミントアイスの色はなぜ緑や水色?理由を調査

チョコミントアイスの色が水色や緑なのはなぜ?理由を調査

青っぽいような緑色や水色に茶色の組み合わせ。

これだけで「チョコミント味だな」って味が認識できるほど、特徴的なチョコミントアイスの色。

スーパーやコンビニに行けばいつでも買えるようになったチョコミントアイスですが、気になるのはチョコミントといえばの色の組み合わせ。

特徴的な色はどうやって作られているのか気になりますよね。

そこで今回は、チョコミントアイスの色がなぜ緑や水色なのか、色の理由について調べました!

スポンサーリンク

チョコミントアイスの色はなぜ緑や水色?

チョコミントアイスの色

チョコミントアイスといえば緑色や水色といったはっきりした色ですが、調べるとこれには2つ理由があることが分かりました。

  • ミントの清涼感や爽やかさを出すため
  • パッと見てチョコミント味と認識できるようにするため

理由を詳しく見ていきましょう!

理由①ミントの清涼感や爽やかさを出すため

今では市民権を得ているチョコミントアイスですが、そもそもの誕生はサーティワンアイスクリームです。

サーティワンアイスクリームの会社『バスキン・ロビンス』では創業当時の1948年からアイスのメニューにチョコミントを加えていました。

その際に「ミントの清涼感・爽やかさ」を出すためにイメージしたのが緑色や水色。

暑い時期はお客さんが清涼感を求めてアイスクリームを買いに来ることを狙って、味だけでなく見た目にも涼しい緑色や水色が選ばれたというわけです。

日本人からすると、緑色はともかく水色といった青系の色は『食欲を減退させる色』として、食べ物に使うのはタブー視されてきていました。

しかし、欧米の人たちによると青系の色は小さいころから食べなれている色で、違和感はないんだとか。

創業当時からメニューにチョコミントを加えたのもそういった色に対する意識の違いからだと思われます。

理由②パッと見て「チョコミント味」と認識できるようにするため

緑や水色に茶色の組み合わせは、ぱっと見ただけでチョコミント味と認識できますよね。

例えば、『セブンティーンアイス』を販売しているグリコによると、セブンティーンアイスの自販機ではチョコミントアイスの色味を実際のものより強めにはっきりと出しているんだそう。

これは、遠目から見た時でもチョコミントアイスがあることを認識してもらうためです。

他の食べ物にはないインパクトのある色味は、『映え』としてSNSでも人気があります。

「チョコミント味といえばこの色!」という緑色や水色はものを売る上で非常に重要な役割を果たしているということが分かります。

スポンサーリンク

チョコミントアイスの色はどうやってつけてる?

チョコミントアイス

ミントの葉を見れば分かると思いますが、本来のミントの葉は深い緑色。

そしてミント味に使われるミントエキスにいたっては透明なんです。

では、どうやってあの特徴的なチョコミントアイスの色をつけているかというと、食用色素を使っているのがほとんどです。

チョコミントアイスの種類によって使う色素は変わりますが、『セブンティーンアイス』のチョコミントはスピルリナ色素の青色・紅花黄色素の黄色の2つの色素を混ぜて色をつけているそう。

スピルリナ色素に使われているスピルリナは藻類の一種で、天然の青色色素。

紅花黄色素も、植物のベニバナからとれる色素で、どちらも食用として使われているものです。

ただ単に青色の色素だけでなく、黄色を合わせることできれいな水色を出している工夫をしているんですね。

最近では色素を使わない、自然なミントの色を出したチョコミントアイスも発売されています。

アイスだけでなく、チョコレートや他のお菓子でも徐々に『色素を使わない自然なチョコミント色』というのが広まっているのですが、チョコミントはあの緑色や水色があってこそ!という意見も根強く残っています。

緑色や水色じゃないとチョコミントアイスを食べたという気にならないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

チョコミントアイスの色の理由まとめ

  • チョコミントアイスの色が緑色や水色なのは、清涼感を出すためとパッと見たときにチョコミント味とすぐに認識できるようにするため
  • ミント味の色素は透明なため、チョコミントアイスの色は色素でつけている
  • 最近では色素を使わない、自然なミントの色を出したチョコミント味のアイスやお菓子も発売されている

チョコミントアイスの特徴的な色は、清涼感や爽やかさを出すために必要な色。

チョコミントアイスを求める人はミントのスーッとした感じを求めているので、味だけでなく見た目からも爽快感を演出しているわけです。

チョコミントアイスの色はものによって様々ですが、それは使われている色素がそれぞれ違うから。

最近では、色素を使わない自然なチョコミントアイスも出ていますが、売り上げではやはり緑色や水色のチョコミントアイスのほうが圧倒的によかったというから、おもしろいですよね^^

関連記事:チョコミントアイスが売ってない?販売場所や買いやすい時期を調査

テキストのコピーはできません。