コーヒー牛乳は何歳から飲んで良い?子供に飲ませるときの注意点

コーヒー牛乳は何歳から飲める?

私はコーヒーが好きで毎日欠かさず飲んでいます。

ブラックで飲むこともありますが、よく飲むのは牛乳を入れたカフェオレ。

コーヒー牛乳というとなんだか馴染みがありますよね。

毎日飲むので子供も何を飲んでるか分かってくるのですが、最近「飲みたい」と言うように。

疑問に思ったのが「コーヒーって子供は飲まないほうがいいんだろうけど、コーヒー牛乳は飲んでいいのかな?」ということ。

気になったのでしっかり調べました◎

そこで、今回は

  • コーヒー牛乳は何歳から飲める?
  • コーヒー牛乳を子供に飲ませるときの注意点
  • 子供でも飲みやすいコーヒー牛乳は?

3つについてまとめました。

コーヒー牛乳は何歳から飲める?

コーヒー牛乳は何歳から飲める?

結論から申し上げますと、コーヒー牛乳は4歳頃から飲むことができます。

コーヒー牛乳はその名の通りコーヒーに牛乳を加えたものですが、飲ませてもいいか迷う理由はコーヒーのカフェインではないでしょうか。

大人でもカフェインの過剰摂取は控えたほうがいいと言われてますから、子供にあたえていいものか迷うのは当たり前ですよね。

年齢別に「1日でこの量までなら摂っても大丈夫」というカフェインの摂取量を調べてみました。

  • 4~6歳⇒45㎎
  • 7~9歳⇒62.5㎎
  • 10~12歳⇒85㎎

カフェインの過剰摂取について:農林水産省 (maff.go.jp)

カフェインの摂取について日本では明確な基準がありません。

ただカナダ保健省がまとめた報告には4歳からの摂取量が記載されていることから、コーヒー牛乳を与えるのは4歳頃からがいいでしょう。

スポンサーリンク

コーヒー牛乳を子供に飲ませるときの注意点

コーヒー牛乳を子供が飲む時の注意点

4歳から飲めるコーヒー牛乳ですが、与え方にはいくつか注意するポイントがあります。

  • 飲む頻度や量を調整する
  • 与える時間に気を付ける
  • コーヒー牛乳を飲ませるときは与えるおやつに気を付ける

それぞれ詳しく見ていきましょう。

飲む頻度や量を調整する

カフェインの1日の摂取量を超えないように気を付けるのはもちろんですが、摂取量の中なら好きなだけ与えてもいいということはありません。

のどが渇いたときにお茶や水代わりに与えるのはやめましょう。

また子供が好んで飲むようなコーヒー牛乳には砂糖もたくさん含まれています。

甘くておいしいコーヒー牛乳は子供も大好きですから、何度も飲ませてクセになってしまうと他の飲み物を飲まなくなる可能性も。

大人が飲む量をきちんと制御してあげることが大事です。

与える時間に気を付ける

時計

カフェイン摂取による影響は個人差が大きいです。

飲んでから30分~2時間後に効果が表れたあと、さらに2~4時間その効果は続くと言われています。

「寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなるよ」という話はよく聞きますが、カフェインの影響によるものなんですね。

子供は大人よりカフェインの影響を受けやすく、8時間効果が続くと言われることも。

夜眠れなくなってしまうこともあるので、最低でも寝る5時間前にはコーヒー牛乳を与えるのはやめておきましょう。

コーヒー牛乳を飲ませるときは与えるおやつに気を付ける

チョコレートがし

コーヒー牛乳を飲ませるとき、飲ませたあとは与えるおやつにも気を付けましょう。

コーヒーだけでなく、チョコレートやココアにもカフェインは含まれます。

カカオ豆由来のチョコレートは、少量のカフェインが含まれています。

チョコレートのカフェイン含有量は、コーヒーお茶に比べると多くはありません。

ミルクチョコレート25gに含まれるカフェイン量はレギュラーコーヒー1杯に含まれるカフェイン量に比較すると約1/10です。(日本チョコレート・ココア協会より)

チョコレートに含まれるカフェインの量 | 明治 | Q&A

カフェインの量は少量ですが、コーヒー牛乳を飲んでチョコレートも食べてとなると1日のカフェイン摂取量を超える恐れは充分にあります。

ちなみにカカオマスを使用しないホワイトチョコレートにはカフェインはほとんど含まれません。

スポンサーリンク

子供でも飲みやすいコーヒー牛乳は?

さいごに、子供でも飲みやすく、カフェインが少ないコーヒー牛乳をまとめてみました◎

牛乳屋さんのカフェインレス珈琲 8本入り箱

ボスカフェベース カフェインレス

ブレンディティック カフェインレス

どれもカフェインレスでカフェインの量はごくわずかですが、大量に与えるのはやめておきましょう。

スポンサーリンク

コーヒー牛乳は何歳から?子供に飲ませるときの注意点まとめ

コーヒー牛乳は何歳から飲めるか?飲ませるときの注意点についてまとめました。

  • コーヒー牛乳を飲んでも良いとされるのは4歳ごろから。
  • 飲ませるときは量と頻度を調整してあげて、飲ませる時間にも気を付ける。
  • コーヒー牛乳とカフェインの含まれるチョコレートなどを一緒に与えないようにする。
  • 子供にはカフェインレスのコーヒーでコーヒー牛乳を作ってあげるのもおすすめ。

コーヒー牛乳はおいしいので、カフェインに気を付けながら家族みんなで楽しめるといいですよね。

コーヒー牛乳の与え方に迷っている方にとって参考になると嬉しいです^^

テキストのコピーはできません。