コンビニの千切りキャベツは体に悪い?栄養や上手な利用方法を調査

コンビニの千切りキャベツは体に悪い?栄養や活用方法を調査

スポンサーリンク

コンビニに置いてある千切りキャベツ。

1人暮らしのころはよくお世話になっていました^^

野菜不足が気になるけど、自炊する時間もないし1人だから野菜を買っても余らせちゃうし。

そんなときに、あらかじめカット済みで食べきれる量がいつでも買えるというのは本当にありがたかったです◎

当時から少し気になっていたのは、『コンビニの千切りキャベツは体に悪い』という噂。

体のために食べている千切りキャベツが実は体に悪いなんて、本当ならショックですよね。

いろいろな意見がありますが、コンビニの千切りキャベツを食べることで、体に悪い影響が出ることはないと考えられます。

なのに、なぜ『コンビニの千切りキャベツが体に悪い』なんて言われるようになったのでしょうか?

そこで今回は、

  • コンビニの千切りキャベツは体に悪い?
  • コンビニの千切りキャベツが体に悪いと言われる理由
  • コンビニの千切りキャベツの活用方法

3つについてまとめました。

スポンサーリンク

コンビニの千切りキャベツは体に悪い?

千切りキャベツ

コンビニに売られている千切りキャベツ。

体に悪いなんて言われていますが、そんなことはありません。

実際に、1人暮らしのときはずいぶんお世話になりました…!

仕事が遅く終わってスーパーが閉まっててもコンビニは開いてるから、いつでも買える千切りキャベツって本当にありがたい存在だったんです。

「野菜食べたいな~」ってときも、千切りキャベツとミニトマトでサラダを作ったりして(包丁を使わなくていいから楽)。

今こそ、昔ほどコンビニの千切りキャベツを書うことは減りましたが、「極限まで疲れて何もしたくない、でも野菜はちょっとは食べないと…」ってときに買うことがあります。

コンビニで売っている千切りキャベツに限らず、カット野菜は製造過程で薬品を使っています。

薬品と聞くと体に悪いものなんてイメージがつくのも仕方のないことかも…。

でも、使われている薬品はきちんと国が認めた食品添加物。

千切りキャベツを食べたからといって、体に良くない影響が出るなんてことはありません。


むしろ、野菜不足なのに「体に悪いから」といって野菜を食べないほうが良くないんじゃないかなと思います。

八百屋などでキャベツを買ってきて自分で千切りをするのが一番なのは確か。

分かってるけど、どうしてもそれが難しい時ってありますよね^^;

千切りの作業も結構時間がかかって大変だし…。

そんなときはコンビニの千切りキャベツにお世話になっていいんじゃないでしょうか◎

コンビニの千切りキャベツは毎日食べても大丈夫ではありますが、気になるんだったら休みの日など余裕のあるときはスーパーで野菜を買って調理するのもいいですね^^

コンビニの千切りキャベツは、誰でも簡単に野菜を摂取できるようになっているお助けアイテム。

体に悪いなんてことはないので、安心して使ってくださいね。

コンビニの千切りキャベツが体に悪いと言われる理由

はてな

そもそも、なぜコンビニの千切りキャベツが体に悪いと言われているのでしょうか。

考えられる理由は2つ。

  • 製造過程で薬品を使っているから
  • 栄養がないから

実はこの2つの理由、どちらも間違った噂なんです。

詳しく見ていきましょう◎

製造過程で薬品を使っていて危険だから⇒使用している薬品は安全なものでしっかりと洗浄されている

千切りキャベツは、製造過程で薬品を使って殺菌されています。

これは、千切りキャベツが加工されてから人の口に入るまで時間があるので、その間菌が繁殖しないようにと考えられてのこと。

殺菌するのもきちんと理由があるからなんですね。

殺菌には「次亜塩素酸ナトリウム」という薬品が使われています。

「食べ物に薬品を使うなんて…」とぱっと見じゃ不安になるかもしれませんが、次亜塩素酸ナトリウムは国が認めた食品添加物のひとつ。

もちろん「食べても体に害はない」と安全性は確認されているので、口にしても大丈夫なんです◎


しかも、次亜塩素酸ナトリウムは殺菌したあとに野菜を洗浄することで流されています。

次亜塩素酸ナトリウムは食品添加物でありながら、パッケージには記載がないことが多いです。

なぜなら、次亜塩素酸ナトリウムは加工助剤のひとつだから。

食品加工の際には使用しているが完成する前に除去されるもの

食品に影響を与える程度の量ではないもの

上記のような意味を持つ加工助剤は、表示義務がありません。

それだけ、体には影響がないという事でもありますね。

なので安心して食べて大丈夫です^^

栄養がないから⇒生の野菜と比べて栄養素は違いがない

「コンビニの千切りキャベツは栄養がないから食べても意味がない」なんて話、よく聞きますよね。

でも、これも実は間違っているんです。

コンビニの千切りキャベツも自分で切った千切りキャベツも、栄養素に違いがありません。

なのに、なぜ「栄養がない」なんて言われているのか。

それはコンビニの千切りキャベツは製造過程で入念に洗浄されているからだと思われます。


確かに、コンビニの千切りキャベツはしっかりと洗浄・殺菌されて、その過程で水溶性のビタミンが水に流れ出してしまっています。

でも、家庭で千切りキャベツを作るときにも水でしっかり洗ったり、保存のために水に浸けておいたりしませんか?

水で洗うことで水溶性ビタミンが流れ出ているのは、コンビニの千切りキャベツも自分で切った千切りキャベツも同じ。

栄養素について違いはほとんどないんです。


しかも、水に流れ出るのは数ある栄養素の中でも水溶性ビタミンだけで、水溶性ビタミンも全てが失われるわけではありません。

自分で切った千切りキャベツのほうが味や食感はいいですが、栄養素の面だけでいえばどっちを食べても同じということなんですね。


「栄養面はどっちも変わらない」なんて聞くと、だいぶ気持ちが楽になりませんか?

「コンビニの千切りキャベツでもいいんだ」と思えば、食事作りのハードルもぐっと下がりますよね^^

スポンサーリンク

コンビニの千切りキャベツの活用方法

千切りキャベツ

コンビニの千切りキャベツは洗わずにそのまま使えるのも魅力。

袋から出してドレッシングをかけるだけで、サラダになります。

サラダ以外にも、コンビニの千切りキャベツはいろんな料理に使えます。

活用レシピを紹介します!

とん平焼き

Cpicon キャベツの千切り大量消費☆とん平焼き by まぁやん☆もりもり5

たっぷりの千切りキャベツが、しっかり味のご飯のおかずになります!

豚肉がなければ、ハムやベーコンでもおいしくできますよ^^

ポトフ

Cpicon 千切りキャベツのスープ野菜 by 味の素KKコンソメ

野菜不足が気になるときにおすすめ◎

野菜は好みのものを入れて下さい!

個人的に大根や株を入れて作るのが好きです^^

コンビニの千切りキャベツは体に悪い?まとめ

コンビニの千切りキャベツが体に悪いと言われる理由についてまとめました。

「薬を使っている」「栄養がない」なんて言われることもあるコンビニの千切りキャベツですが、実際にはそんなことはありません。

自分でキャベツを千切りするのが一番ではありますが、忙しいときは無理しないで、コンビニの千切りキャベツに頼ってもいいんじゃないでしょうか^^

関連記事:市販の千切りキャベツは冷凍保存できる?使い方やレシピも







テキストのコピーはできません。