クッションファンデにパウダーファンデの重ね塗りはよれる?正しい塗り方を紹介!

クッションファンデはパウダーファンデの重ね塗りNG?よれない塗り方を紹介

クッションファンデは含まれている成分のほとんどが美容成分で、お肌もケアできる多機能ファンデとして人気♪

下地不要でカバー力もあるクッションファンデ。

忙しい朝のメイクの時短にもなるとっても便利なアイテムです◎

使ってみたら確かに簡単に塗れるけど、よれてしまった…という経験をした方もいると思います。

クッションファンデはパウダーファンデと塗り方が少し違うので、クッションファンデの正しい塗り方を覚えれば、よれるのを防止でき、簡単に美肌に仕上げることができますよ♪

今回は、クッションファンデをよれにくくする正しい塗り方を紹介します!

クッションファンデにはパウダーファンデが必要?

クッションファンデにパウダーファンデの重ね塗りはよれる?

クッションファンデを使ってみたらよれてしまった…という経験をした方は意外とたくさんいらっしゃいます。

しかし、よれた時の対策として上からパウダーファンデを塗ってしまった方も。

そうするととさらによれやすくなる原因になり、厚塗り感が出てしまうことも…。

時短や肌ケアのためにクッションファンデを使ったのに、上からパウダーファンデを使ってしまうと、クッションファンデのメリットが台無しです。

クッションファンデを正しく塗ればよれにくく、綺麗に仕上げることができるので、パウダーファンデは必要ありません!

スポンサーリンク

クッションファンデがよれるのを防止する塗り方

クッションファンデがよれるのを防止する対策

クッションファンデはスポンジでできたクッションに、液体のファンデーションを染み込ませたコンパクトタイプのファンデーション。

付属のパフを使って肌にポンポンと馴染ませるだけで、手を汚さずにベースメイクを済ませることができます。

クッションファンデは正しく塗れば、よれにくくすることができます。

また、短時間でムラのない綺麗な肌を作ることができるので、ぜひ参考にしてみてください♪

  1. パフに少量つける
  2. 叩き込むように広げる

1:パフに少量のファンデをつける

パフにファンデをつけすぎると、ムラの原因になってしまいます。

目安はパフの3分の1程度。

クッションファンデは非常に伸びがよく、カバー力も高いので、少量でもしっかりと塗ることができます。

足りなかったらファンデを少しずつ足して塗りましょう。

2:肌にポンポンと優しく、しっかりと叩き込む

クッションファンデは顔の広い面から塗り、崩れが出やすい小鼻や目の周りなどは最後にします。

まずは頬→おでこ→あごと塗ります。

クッションファンデは必ず肌を叩くように、ポンポンと優しく塗りましょう。

撫でるようにつけるとムラの原因になるので、スタンプのように肌に垂直に叩き込んでください。

しっかりと叩き込むことで密着度が増し、よれにくくすることができます。

全体的にファンデが塗れたら、小鼻や目の周りなど、細かい部分を塗っていきます。

小鼻や目の周りなどは特に崩れやすいため、パフを2つに折って、丁寧に塗りましょう。



以上でベースメイクが完成です!

ポイント

クッションファンデをよれにくくするポイントは

  • ファンデは少量ずつ塗ること
  • 優しくしっかりと叩き込むこと

以上の2点です。

クッションファンデがよれやすいと感じる方のほとんどは、ファンデを多くつけているのが原因かもしれません。

こんなに少なくていいの?と思うかもしれませんが、カバー力が高いので少量でしっかりとカバーし、ナチュラルな仕上がりになりますよ♪

クッションファンデだけでは赤みなどが気になる場合は、上からコンシーラーを馴染ませてみてください。

ネットやお店で話題のクッションファンデ

スポンサーリンク

クッションファンデにはパウダーファンデが必要?まとめ

クッションファンデを正しく使えば、パウダーファンデは必要なし^^

クッションファンデの上にパウダーファンデを塗ると、さらによれやすくなる原因になり厚塗り感も出てしまいます。

今回紹介したクッションファンデの塗り方を参考に、クッションファンデで簡単に綺麗な肌を目指してみてください♪

テキストのコピーはできません。