生クリームが固まらないときはどうする?対処法と原因を紹介

生クリームが固まらない時の対処法と上手に泡立てるコツ

生クリームといえばお菓子作りに欠かせないもの。

ふんわりと泡立てた生クリームたっぷりのケーキはみんな大好きですよね。

でも、いつまでたっても生クリームが固まらない…なんてことも><

そこで今回は

  • 生クリームが固まらない原因
  • 生クリームが固まらなかった時の対処法
  • 生クリームを上手に泡立てるコツ

3つのことについて順番にご紹介します

生クリームが固まらないときの対処法

生クリームが固まらないときの対処法

いつまでたっても生クリームが固まらないときにできる対処法を3つご紹介していきます!

  • かき混ぜる方向を変えてみる
  • 生クリームの入ったボウルを氷水で冷やす
  • レモン汁やジャムを加える

それぞれくわしく見ていきましょう。

かき混ぜる方向を変えてみる

いろいろな方向からかき混ぜることで生クリームが空気を抱きやすく、結果固まってくることがあります。

同じ方向からかき混ぜていて固まらない場合は、ボウルの向きを変えてながら泡立てしてみると固まっていくことがありますよ!

生クリームの入ったボウルを氷水で冷やす

かき混ぜているうちに生クリームの温度が上がっていませんか?

生クリームは冷えていないと固まりにくいものです。

氷水の入った一回り大きいボウルの中で、生クリームの入ったボウルをかき混ぜるようにします。

こうすると冷やしながら混ぜることができるので、生クリームも固まりやすくなります。

レモン汁やジャムを加える

生クリームが固まらないときの対処法

上記2つを試しても生クリームが固まらない…といったときは、レモン汁を加えてみましょう。

分量は生クリーム200㏄に対して小さじ1杯ほどでOK!

レモン汁に含まれる酸と、生クリームに含まれるたんぱく質がくっついて固まりやすくなるという仕組みです。

酸がポイントなので

  • レモン汁
  • 柑橘類の果汁
  • お酢
  • ジャム

などでも大丈夫です^^

ジャムはペクチンというゲル化剤が含まれているものを選んでくださいね◎

こちらも、生クリーム200㏄に対して大さじ1杯ほど入れて様子を見てください。

選ぶジャムにもよりますが、ジャムの風味や色が生クリームにつくのでそれが嫌だな~という方はやめておいたほうがいいかも…。

ちなみに、私は生クリームが固まらないときに苺ジャムを入れたことがあります!

ほんのりピンク色がついた生クリームはかわいいと子供に評判でした♪

スポンサーリンク

生クリームが固まらない!他の使い道は?

生クリームが固まらないときは料理に使う

結局固まらなかった固まらない生クリーム、捨てるのはもったいないですよね…。

そんなときは料理に使うのがおすすめです!

例えばグラタンやシチューを作るときに、牛乳に混ぜて使うとクリーミーなコクが出ておいしくなりますし、クリームパスタも生クリームがあれば簡単にできます。

プリンやチーズケーキなどのお菓子にも生クリームは大活躍です。

万が一の場合は、料理や生クリームをそのまま使う方法で活用してきましょう!

スポンサーリンク

生クリームが固まらない原因

生クリームが固まらないときは料理に使う

そもそも生クリームが固まらないのはなぜでしょうか?

考えられる理由はいくつかありますので、一緒に確認していきましょう!

生クリームの温度は大丈夫ですか?

生クリームは温度の影響を受けやすいものです。

使う前に生クリームは冷蔵庫でしっかりと冷やし、またあまりにも暑すぎる部屋では作業しないようにしましょう。

暖房が効きすぎている部屋などでも生クリームが固まりにくいことがありますよ。

手早く混ぜていますか?

生クリームを混ぜるスピードが遅いと、いつまでたっても固まりません。

手早くスピーディーに混ぜることが大事ですが、なかなか体力がいるもの。

電動の泡だて器があると格段に早いスピードで混ぜることができるのでおすすめです。

器具に汚れや水分はついていませんか?

生クリームは油分や水分にも弱いデリケートな食品です。

使うボウルや泡だて器が汚れていないか水分で濡れていないか、使う前にチェックしましょう。


どれもちょっとしたことではありますが、意外と確認が抜けていることもある項目。

しっかりチェックして生クリームの泡立てを成功させたいですね^^

スポンサーリンク

生クリームを上手に泡立てるコツ

生クリームを上手に泡立てるコツ

最後に、上手に生クリームを泡立てるコツを紹介します!

ポイントは2つです。

  • 使うものは良く冷やしておき、きれいな器具を使う
  • 動物性のクリームで、乳脂肪分35%以上のものを使う


生クリームは暑さに弱いのでしっかり冷やしておくことが大事。

生クリームだけでなくボウルや泡だて器なども冷やしておくと上手に泡立てられます◎

そして、さらに大切なのが「生クリームの乳脂肪分」

スーパーで売られている生クリームは種類も値段もさまざまですよね。

つい値段の安いほうを選びがちですが、その生クリームは動物性でしょうか?

そもそも生クリームには植物性と動物性があって、値段も動物性のほうが高いです。

基本、値段が高いものは乳脂肪分の入っている割合も高くなります。

乳脂肪分が高い(多い)ものは泡だちやすいんです


お菓子作り初心者さんほど、値段も乳脂肪分も高い動物性の生クリームを使ったほうがお菓子作りが成功しやすくなりますよ◎

選ぶ生クリームによって泡立てやすさが変わるとはびっくりですよね!

以上の2つのコツを意識すれば、上手に生クリームを泡立てることができるはずです♪

スポンサーリンク

生クリームが固まらないときの対処法まとめ

生クリームが固まらない原因やその対処法、うまく泡立てるコツなどを紹介しました!

自分で泡立てた出来立ての生クリームのおいしさは格別です^^

普段のお菓子作りに役立ててもらえると嬉しいです♪

生クリームの冷凍は液体そのままで大丈夫?保存期間や小分け方法も紹介!

テキストのコピーはできません。