ディズニーのポップコーンはいつから何歳で食べられる?食べさせる時の注意点

ディズニーのポップコーンは何歳から食べられる?

ディズニーに行ったらなぜか買っちゃうポップコーン。

キャラメルポップコーンはディズニーランドで初めて食べて感動したのを覚えています♪

ポップコーンバケットもかわいいのがいっぱいあって、子供に「欲しい!」とせがまれる人も多いのではないでしょうか?

でも、いったいディズニーのポップコーンっていつから食べられるものか気になりますよね。

ポップコーン自体は2歳ごろから食べられます。

しかし、ディズニーで売ってるポップコーンは味が濃いものが多いので、味を選ぶときには注意が必要です。

そこで今回は

  • ディズニーのポップコーンはいつから何歳で食べられる?
  • ディズニーのポップコーンを子供に食べさせる時の注意点

2つについてまとめました。

ディズニーのポップコーンはいつから何歳で食べられる?

ポップコーン

ポップコーンが食べられるかどうかの判断は2つあります。

・離乳食が終わっていてアレルギーがあるかどうか判断できる

・自分で噛んで食べることができる

上記の条件をクリアしているかどうかが判断で、だいたい2歳ごろになれば食べることができると思います。

条件に付いて詳しく見ていきましょう!

アレルギーがあるかどうか

ポップコーンはとうもろこしが原料なので、とうもろこしアレルギーのある子供はもちろん食べられません。

それに加えて、ディズニーには様々なフレーバーのポップコーンが販売されていますが、フレーバーごとに含まれるアレルギーも変わってくるんです。

ディズニーで販売されているポップコーンのトウモロコシ以外のアレルギーはこちら↓

ポップコーン ソルト(塩)なし
ポップコーン キャラメル大豆
ポップコーン しょうゆバター小麦・乳・大豆
ポップコーン ミルクチョコレート小麦・乳・大豆
ポップコーン カレー小麦・牛肉・ごま・大豆
ポップコーン ブラックペッパーなし
ポップコーン オレンジチョコレート大豆

参考:ディズニーリゾートアレルゲン情報

※ポップコーンの原材料は不定期に変更になることもあります。それに伴ってアレルギーの情報も随時変わっていきます。最新情報に関しては、実際に注文時にスタッフの人に確認するようにしましょう!

思ったよりいろんなアレルギーが含まれていてびっくりです!

ディズニーのポップコーンを初めて子供に食べさせる場合は、アレルギーを持っているかどうか判断できることは必須条件になります。

自分で噛んで食べることができるかどうか

ポップコーンはふわふわでやわらかいものですが、口の中で自然に溶けるようなものでなく、自分で噛む必要があります。

キャラメルがコーティングされているものは外側がカリっとしていることも。

ポップコーンを食べられるかどうかは、自分でしっかり噛んで飲み込むことができるかどうかも大事!

1歳半ごろで歯は生えそろいますが、まだ噛む力に不安が残ります。

2歳ごろになれば奥歯で噛む力もあるので、ディズニーのポップコーンも食べて大丈夫ではないかと思います。

スポンサーリンク

ディズニーのポップコーンを子供に食べさせる時の注意点

ディズニーのポップコーンを子供に食べさせるときの注意点は2つ。

  • 味の濃いフレーバーは避けて量を調整すること
  • 喉に詰まらせないように少しずつ与えて、飲み込むまで目を離さないこと

味の濃いフレーバーは避けて、与える量は少しだけ

ディズニーに行くと、映画館や市販では見ないような珍しい味のポップコーンがあります。

「どれにしよう!」と思わず目移りしてしまいますが、子供に食べさせる時はできるだけ味の濃いフレーバーは避けてください。


キャラメルは大人が食べても結構甘さが強いですし、カレーやブラックペッパーは子供には辛くて刺激が強いですよね。

子供の小さい体に味の濃いものは負担になることもあるんです。

できるだけシンプルな味付けのソルトがいいかもしれません。

さらに、ポップコーンは結構お腹にたまります。

食べすぎはご飯が入らなくなってしまうし、シンプルなソルトフレーバーでも塩分の摂りすぎが気になります。

ポップコーンバケットごと与えるのはやめて、少しの量だけ食べさせるようにしましょう^^

喉に詰まらせないように、目を離さない

子供って口の中にまだ入ってるのに、どんどん口の中に詰め込みますよね。

我が家の上の子供は小学生ですが未だに口に詰め込んで食べます…^^;

小さい子供はなおさら、分からずにどんどん口の中に入れちゃいます。

ポップコーンは口の中の水分が持ってかれて、飲み込むのがつらくなることも。

子供に食べさせる時は、一気に口の中に入れないように伝えて、飲み込むまで目を離さないようにしてください。


また、気を付けなきゃいけないのは、たまにポップコーンの中に混じってるはじけなかったとうもろこし。

とても固い不発コーンは、噛むと歯が欠けることもあるし、飲み込むと危険です。

あらかじめ、不発コーンは取り除いておくと安心ですね◎

スポンサーリンク

ディズニーのポップコーンはいつから何歳で食べられる?まとめ

  • ディズニーのポップコーンが食べられるのは2歳ごろから
  • アレルギーがあるかどうか・自分でしっかり噛むことができるかどうかが、食べても大丈夫と判断できる条件
  • ディズニーのポップコーンはフレーバーごとにアレルギーが違うので注意
  • 子供にディズニーのポップコーンを食べさせる時は、できるだけ味の濃いフレーバーを避けて選ぶ・子供がのどに詰まらないように目を離さない

ディスニーでポップコーンを買うと、「ディズニーに来た!」とテンションが上がりますよね♪

家族みんなで食べられたらいいですが、小さい子供に食べさせる時は喉に詰まらせないように気を付けてください。

アレルギーの心配がある人は、買う前にスタッフに確認するのを忘れずに!

関連記事:ディズニーランドは何歳から有料?年齢確認方法についても

スポンサーリンク


テキストのコピーはできません。