土鍋で調理してはいけないものは?鍋以外の料理レシピも紹介

土鍋で調理してはいけないものは?注意点を紹介

土鍋はご飯を炊いてもおいしくなるし、寒い時期は鍋を囲んだりと大活躍。

1つあれば便利な調理器具ですが、万能ではありません。

土鍋には調理してはいけないものがあって、場合によっては土鍋が割れてしまうことも…!

土鍋を使って危険な目にあうのは避けたいですよね><

そこで今回は、

  • 土鍋で調理してはいけないものは?
  • 土鍋でできる鍋以外の料理レシピ3選

2つについてまとめました。

土鍋で調理してはいけないものは?

土鍋

土鍋で調理していけないものは2種類あります。

  • 炒め物
  • 揚げ物

土鍋でご飯を炊くのも一般的になってきて、昔に比べていろいろな種類の土鍋が販売されるようになりました。

取り扱いが簡単なセラミック素材の土鍋もその1つで、セラミックの土鍋は炒め物をすることもできます。

しかし、基本的に土鍋で炒め物・揚げ物の調理はできません。

セラミックなど特別な素材でできている土鍋は別ですが、だいたいの土鍋は粘土でできています。

粘土は急激な温度変化に弱いもの。

空焚きをしてしまうと土鍋の中の温度が一気に変化してしまい、ひび割れることがあります。

炒め物や揚げ物は、鍋の中が高温になりやすく、一時的に『空焚き』に近い状態になってしまうんです。

また、炒め物や揚げ物をするときは油を使いますよね。

土鍋に直接油を入れると、粘土が油を吸ってしまい土鍋の表面にまで油が染み出してくることもあります。

そうなると、土鍋は油を表面に塗ったのと同じ状態。

ガスコンロにかけて火が引火してしまったら、土鍋ごと燃えてしまう可能性も…!



以上のことから、土鍋では炒め物・揚げ物の調理はしてはいけません。

まずは、自分の持っている土鍋の素材が何なのか確認することが大事です。

粘土ではなくセラミック素材の土鍋なら炒め物も大丈夫◎

ですが、大量の油を使うとやはり染み出して引火するのが怖いので、揚げ物はしないようにしましょう!

スポンサーリンク

土鍋でできる鍋以外の料理レシピ3選

土鍋

土鍋で炒め物・揚げ物はできません。

しかし、土鍋の保温性の高さやゆっくり熱が入る特性は、食材の甘みを引き出すことができます。

土鍋の特性を生かした料理レシピを紹介します^^

土鍋ご飯

定番ですが、土鍋でご飯を炊くとふっくらモチモチ、お米の甘さも際立って本当においしいです。

一見難しそうな土鍋でご飯を炊く方法ですが、コツを押さえれば簡単^^

土鍋でご飯を炊く方法については、こちらの記事を参考にいてくださいね♪

土鍋で白ご飯を炊くのに慣れたら、炊き込みご飯もおすすめ!

おかわり必須♡家族が喜ぶ『アスパラベーコンごはん』
アスパラとベーコンを使ったご飯のレシピです。 アスパラを一緒に炊き込むタイプのレシピもありますが 炒めて最後に混ぜることで色がきれいに仕上がります。 アスパラベーコンの王道コンビは、家族に喜ばれること間違いなしですよ♪
);

アスパラとベーコンの定番の組み合わせも、炊き込みご飯にすると新しいですよね。

仕上げのバターと黒コショウがいいアクセントになっています^^

蒸し料理

土鍋はゆっくり熱が入るので、食材の甘みや旨味を引き出してくれます。

余計な水分が入らない蒸し料理は、土鍋で作るとさらにおいしく仕上がりますよ!

*鶏肉とキャベツの無水蒸し鍋*
キャベツ1玉!! 無水調理で仕上げるので旨味が凝縮!! 癖になるお鍋です^ ^ 薬膳効果 ☆鶏肉…食欲不振、虚弱体質に、疲れやすい人に、美肌に   ☆キャベツ…食欲増進、胃もたれに、胸のつかえに、胃痛に、虚弱体質に、疲れやすい人に、消化器系の潰瘍予防に

キャベツ1玉?とびっくりするかもしれませんが、蒸すことでカサが減り、意外にも食べられちゃいます♪

煮込み料理

長時間煮込む料理だって土鍋は得意です!

保温性が高いので冷めにくいのも嬉しいポイント◎

子供から大人まで大満足♡楽しい具材満載の選べる楽しいおでん♡
子供も大人も楽しくなるようなおでんの具が満載なおでん♡ いつもと少し違う具材で、お鍋に伸ばす手がいつもより楽しい♡ ボリュームたっぷりなおでんは具を探す楽しみもあっておすすめです。

ベーコンや焼売を使ったおでんは、いつものおでんと違って新鮮。

どれを食べるか迷いそうです^^

スポンサーリンク

土鍋で調理できないものと鍋以外の料理レシピまとめ

  • 土鍋で調理できないものは、炒め物や揚げ物など油を使う料理
  • 炒め物や揚げ物は、土鍋が空焚きに近い状態になってしまうために危険
  • 土鍋は保温性が高くゆっくり熱が入るので、蒸し料理や煮込み料理などおいしく仕上がる

土鍋によっては『炒め物OK』のものもありますが、全ての土鍋が大丈夫なわけではありません。

事前に取扱説明書などで自分の土鍋の素材を確認するようにしましょう。

土鍋が得意なのは、蒸し料理や煮込み料理です。

鍋以外にも土鍋を活用してみてくださいね♪

関連記事:土鍋の焦げの落とし方は?普段のお手入れ方法や外側が焦げる原因も調査

テキストのコピーはできません。